遊佐で名車・外国車編その2

2017/09/15 Fri


口百恵のヒット曲プレイバックPart2。

momoe2.jpg

このブログ記事も外国車編のPart2になります。

さて、歌詞の内容に真っ赤なポルシェとありますが、

IMG_6850_2.jpg

ポルシェって、赤より白が似合うと思うのです。

IMG_6944_2.jpg

グラマラスなオシリ。安産型ですな〜

IMG_6930_2.jpg

もひとつオイラのこだわりを述べるとすれば、
ポルシェは横から見た姿が一番美しい。

IMG_6927_2.jpg

ポルシェのライバル、フェラーリは
なんといっても鮮やかな赤のイメージ。

IMG_6875_2a.jpg

エンジン(ヘッドカバー)だって真っ赤っ赤。

IMG_6863_2.jpg

あ、でも他の色も良さそう…これなんかいいな〜

IMG_6877_2.jpg

往年の名車フォードGTが、こんな風なカラーリングでした。

IMG_6878_2.jpg

そしてフェラーリの特徴に、ガラス越しにエンジンが
眺められるってのがあります。まるでウインドウショッピング。

IMG_6902_2.jpg

その点、ポルシェは負けます。どう見ても
フェラーリよりエンジンかっこ良くないもの。
まあ、構造上仕方ないんですけどね。(^_^;)

IMG_6854_2.jpg

フェラーリの製造国イタリアには、
もひとつランボルギーニというスーパーカーがあります。

IMG_6941_2.jpg

70年代に巻き起こったスーパーカーブームでも
一番人気だったのがこのカウンタック。まだ口が
よく回らない幼児まで「カウウタッ」とか言ってましたね。

IMG_6942_2a.jpg

歴代のランボルギーニの大半は、
闘牛にまつわる名前がついてます。
ディアブロ、ガヤルド、アヴェンタドール等。

IMG_6943_2.jpg

後ろのフィンだけでも、
軽自動車が買える値段とか言われてました。
今やフェラーリの代名詞であるV型12気筒も、
ランボルギーニの方が採用早いんです。
そもそも創業者のランボルギーニ氏は、フェラーリ車に
不満を持ってて、自分で作ろうとした人ですから。

IMG_6948_2a.jpg

小さなボディだけど、フェラーリやランボルギーニに
負けないくらいヤル気満々なのが、フィアット・アバルト。

IMG_6907_2.jpg

サソリのエンブレムがカッケェェ〜

IMG_6908_2.jpg

IMG_6910_2.jpg

おや?アバルト595のナンバーが595だよ!

IMG_6921_2.jpg

ちっちゃくても大排気量のスーパーカーに
負けない魅力。やっぱイタリア車は面白いね。

おしまい。



太 陽 に 咆 え ろ フ ェ ラ ー リ




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


名画とHAHA

2017/09/12 Tue


田市美術館において開催中の

特別展が面白そうなんで、行ってきました。

IMG_0262q_2.jpg
※画像はクリックで拡大、以下同。

なんと!展示物の写真撮影がOK。(フラッシュ、ストロボはNG)

ネットで拡散もOK。なんとブログネタ向きなことよ♪

目に覚えがある名画が勢揃いの、この展覧会。

IMG_0265q_2.jpg

名画を見逃すまいと、マイマザーも一緒です。

IMG_0261q_2.jpg

ミレーの チョコボ広井 落ち穂拾い。

IMG_0266q_2.jpg

クロード・モネと母。

IMG_0271q_2.jpg

岐阜に、コレにそっくりなモネの池ってのがあるそうです。

IMG_0269q_2.jpg

ルノワールと母。

IMG_0276q_2.jpg

ドガの代表作「エトワール」

IMG_0278q_2.jpg

他の来客と母。みなさん食い入るように見てます。

IMG_0273q_2.jpg

ファン・ゴッホと母。

IMG_0289q_2.jpg

母いわく、眼力が凄かったのこと。

IMG_0284q_2.jpg

なんでこんな名画が東北の片田舎で見れるの?
と、疑問に思った方もおいででしょう。

それもそのはず。

りますた_0001

最新の技術で作られた複製なんです。それも
パリのオルセー美術館から、お墨付きもらった精度の逸品。

筆跡まで忠実に再現されていて、
ルーペで見ても印刷のドットは見えない。

IMG_0268q_2.jpg

えっと、もしかしたらウチの母は
いまだに複製と気づいてないかも…。(^_^;)

IMG_0301q_2.jpg

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

IMG_0296q_2.jpg

顔出し看板があったらハメてみるでしょ、

fc2blog_2017090518101466f.gif

ブッキ〜ちゃんも。



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



遊佐で名車・外国車編その1

2017/09/09 Sat


回の国産車編に続き、今度は外国車の特集です。

yccm-3.png

IMG_6979_2.jpg

いかにもクラシックといった佇まいのオープンカー

IMG_6789_2a.jpg

IMG_6791_2.jpg

昔アメリカに、デューセンバーグという
超高級車がありました。クラーク・ゲーブルや
ゲイリー・クーパー、グレタ・ガルボ、ウィンザー公
等が顧客だったそうです。そんな時代を思い起こします。

IMG_6793_2a.jpg

70年代以降のアメ車は、どれもマッチョなイメージ。

IMG_6802_2.jpg

IMG_6809_2.jpg

IMG_6814_2.jpg

今にもレイザーラモンHGが「セイ、セイ」
言いながら、運転席から降りてきそうです。(^_^;)

IMG_6817_2.jpg

おはようございます、ハマー美枝です。
こんばんは、ハマー村 淳です。
そしてやっぱり、MCハマーだぜい!のHUMMER-H2

IMG_6823_2a.jpg

元が軍用車のハーヴィンで、めっちゃゴッツい車。
牽引してる荷台は軽ナンバーなんだね。

IMG_6824_2a.jpg

ガーターベルトみたいな留め金。

IMG_6827_2.jpg

少年ジャンプに連載された「サーキットの狼」は
日本中にスーパーカーブームを巻き起こしました。
主人公の愛車が、このロータス・ヨーロッパ。

IMG_6829_2.jpg

スーパーカーにしては小排気量の1600ccエンジンを
前後輪の間に積み(ミッドシップ)、車重が610kgと
軽いことから運動性は抜群でした。

IMG_6833_2.jpg

トラックの荷台のような広いエンジンルームに
小さなエンジンがぽつん。スッカスカです。
けっこう変な車なんだよね。

IMG_6831_2.jpg

黒い車体に金のラインはスポンサーのJPS仕様。
これと同じのに乗って会社来たやつがいたなあ。(・・;)

IMG_6832_2.jpg

同じくロータスのエランにエスプリ。

IMG_6843_2.jpg

IMG_6845_2.jpg

MG社のMGBとミジェット。
こうやって見ると、イギリスは
ライトウエイトスポーツカーが多いね。

IMG_6841_2.jpg

IMG_6851_2a.jpg

まだまだあるんで、次回につづきます。

おしまい。



車のロゴ&マスコット当てクイズ


Maserati-logotype-2.jpg


23873295820_181bcd5faf_z.jpg


pdwm.jpg


e768c8b27a9d44f7384d016a00d9ebf2.jpg


fc2blog_20170907140343be8.jpg


citroen-1537046_960_720.jpg


dsc_0008-1024x6832.jpg


peugeot06.jpg


maybach.jpg


64627469.jpg

※答えは最後の続きをクリック。

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



続きを読む

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア