九九七式麺場攻撃機

2017/08/01 Tue


涛の開店ラッシュが続く鶴岡市のラーメン事情。

7月にオープンしたお店へ突撃してまいりました。(`・ω・´)ゞ

その名も荘内麺場九九七

IMG_0063q.jpg

漢数字で「九九七」。

おいらなんかはすぐにこんなの思い浮かべちゃう。

JT76.jpg
jnrsC223dC.jpg

九がひとつ足りませんが、九七式は
真珠湾攻撃にも参加した、中島飛行機(現スバル)が
開発した艦上攻撃機です。

ま、それはさておいて。
店名のネタばらしすると、単に
鶴岡市内の郵便番号〒997から付けたんだって。(^_^;)

IMG_0065q.jpg

御託はこれくらいにして、中に入りましょう。

IMG_0062q.jpg

当分の間は、鶏豚出汁の中華そばと
魚出汁の魚介中華そばのみの提供ですが、
今後はメニューを増やす予定だそうです。

店内を見渡すと、セルフサービスで
綿菓子が作れるようになってました。

IMG_0055q.jpg

今回おいらが頂いたのは、お店イチオシの中華そば。
食する者の期待を高めるような丼面が、ビュリホ〜♪です。

IMG_0056q.jpg

麺は中太のストレート。
スープは 見た目より あっさりマイルド。
後味から化学調味料は感じられません。脂身を
揚げたようなトッピングが香ばしく、アクセントになってます。

IMG_0059q.jpg

いや〜とにかくレベル高いですわ。
開店したばかりなのにオペレーションもばっちり。
満足度が高い優良店なのは確かだと思いました。

次回は魚介中華そば食べよう〜っと。(^^)

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


https://youtu.be/qUwP86HW13E

旧帝国陸軍のMBT(メインバトルタンク)は、

九七式中戦車チハ
たん
だよ〜



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



自作ドリンクで水分補給。

2017/07/29 Sat


も本番、連日の暑さで喉もカラカラになります。

20130816_dassui_1.jpg

汗をかいた分、
水分補給しなきゃならないんだけど、
水だけだと体内のミネラルバランスが崩れちゃう。

実際に水中毒という病名があり、
死に至ることがあるくらいですからね。

3947f18222a0c2c87b27b04bac85a6f1.jpg

おいらが数年前ウィルス性の胃腸炎で、思いっきり
上から下からジャージャー液漏れ状態になった際に、
医者から進められたのがこんなドリンク。

scbmitsuokun1972_4987035040019.jpg

これは、ポカリスエットでお馴染みの
大塚製薬で作られてる経口補水液です。

今でこそ当たり前なポカリスエットなどの
塩分が入ってる飲料水は、ひと昔前の日本では珍しくて、
友達と「変な味」って話してた記憶があります。

そして、ポカリスエットが発売される前に
あったのは米国産のゲータレード。

img_1575806_24641843_0.jpg

スポーツドリンクの先駆けですね。
ポカリなどの国産品が多く出まわるように成った頃、
おいらに「あれがスポーツドリンクだったのか」
と思い当たることがありました。

それはピーナッツブックスという、
スヌーピーでおなじみの漫画の中のお話です。

peanuts-1.jpg

チャーリーブラウン率いる、
リトルリーグ万年最下位のダメ野球チーム。
メンバーのひとり天才未熟児のライナスが、
運動能力向上のため特製ドリンクを考案します。
char_69253.jpg
彼が作り上げたのは電解質溶液なるもの。
しかし、チーム全員が飲み過ぎで腹が
ガボガボになり、またもや試合に負けちゃった...
ってなストーリーだったと記憶しとります。

では、その電解質溶液とは何ぞや?それは…
イオン性物質を水などの極性溶媒に溶解させて
作った、電気伝導性を有する溶液。

Isotonic.jpg

要するに
「水に塩を加えりゃ電気を通しやすくなるでしょ?」
ってことなのです。人体も細胞内の液体が
電解質溶液状態になってる必要があるんですわ。

afd0f0c4a7949d8afe6bb8588bcf46071.jpg

実は、電解質溶液もといスポーツドリンクって、
自宅で簡単に作れるものなんです。薄い塩水に
砂糖とレモン汁を加えるだけで、あ〜ら不思議
スポーツドリンクの完成です。(^^)v

皆さんも こんなレシピを参考に作ってみてはいかが?

・ 水 1リットル
・砂糖 大さじ4
・塩 小さじ半分
・レモン汁 大さじ2 


lemon_01-1.png

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

108ebd04.gif

上手く飲めないにゃ〜〜



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



東大中退 ハーバード大卒

2017/07/26 Wed

2011年2月に上げた記事の【街で見かけた有名人】

kamayatsu.jpg
http://thecrystalskull.blog135.fc2.com

どれも微妙な位置の有名人なのですが、
もうひとり見かけたのを思い出しました。

TKY201307110143.jpg

モーリー・ロバートソン

1981年3月、富山県立高岡高等学校卒業。
同年4月、東京大学理科一類に入学、
日本語で受験した初のアメリカ人東大生となる。
同時にハーバード、マサチューセッツ工科、
スタンフォード、イェール、バークレー、
プリンストンの各大学にも合格。


彼の著書「ハーバードマン/よくひとりぼっちだった」
を読んだことがあるのですが、80年代アメリカ学生の
ライフスタイルとかが垣間見えて、印象深い一冊でした。

41mZscOcRvL._SL500_SX350_BO1,204,203,200_picture_pc_d5ec4e5a09c78d47c64d14488992950c.jpg

学生の間にドラッグが蔓延していて、LSDを染み込ませた紙
には、ドラえもんが印刷されてあったそうです。(^_^;)
日本のポップ・カルチャーが徐々に浸透してきた時代です。

img_harvard2.jpg

その後モーリーは、ラジオDJなど
音楽へ活動の場を求めて行きます。
彼がナビゲーターを務めた
J-Waveの"Across the Biew"は、
おいら毎晩聴いてましたよ。

ある時、渋谷駅前のバス停へ向かってたら、
早足で歩くモーリーとすれ違ったんです。
一瞬だったけど、すぐに彼だとわかりました。
深刻そうな表情だったんで何かあったのかな〜

10372000193.jpg

一時期、低迷してたモーリーですが
ジャーナリストとしての道を歩み始めます。

最近はテレビやラジオで活躍してるようで何よりですわ。

kake.jpg

おしまい。


  ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

fc2blog_20170714081237ea5.gif

    知的な海坊主!?



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


続きを読む

今、このマンガが面白い!

2017/07/23 Sun


ブログでは、これまで

自分が気になる漫画を紹介、論評してきました。

ミーファ(2010/9/10)
※題名をクリックで記事へ、以下同。

テルマエ・ロマエ(2010/9/30)

カレチ(2012/0309)

モテキ(2012/10/02)

ハルロック(2014/09/01)

あらためて見ると、カタカナの題名ばっかし!(*_*)
 
あと、週刊モーニングの掲載漫画が多いのは、
おいらがずっと読み続けてるからですわ。

今回紹介するのもモーニング連載中のこれです。

C4ULzydUcAA4qnD.jpg

バンデット偽伝太平記

ヲイヲイ、またもやカタカナ題名じゃんか。。(^_^;)

は鎌倉時代末期。
幕府に仇なす連中は「悪党」と呼ばれておった。
(現代だと共謀罪適応されそうなのが悪党なんだけど、
 この時代は少し意味が違い、幕府に従わない連中のこと)

そこに目を付け、悪党どもを率いて幕府を倒そうと
したのが、第96代後醍醐天皇なのじゃよ。オホン。

375px-Emperor_Godaigo.jpg

そんな時代に少年「石」は、生まれつい
ての奴隷=下人として辛酸をなめてたんだが、
ある事件を機に自由を得ることになるんじゃ。

バン−9_2

そして謎の男「猿」と出会うことによって、
自分の国を持つという野望を抱くってのが話の始まり。

バン16_2

はてさて、「石」の運命や如何に〜

作者は河部真道。まだ20代半ばの新進作家です。

アクの強い画風は、
ベルセルク+JOJOシリーズ+北斗の拳÷3
=といった印象。

作者がこの3作から影響受けたのは明らかでしょう。

特に主人公の「石」は
ベルセルクの「ガッツ」とダブります。

guts-1.jpg

けっして不死身ではなく、いつもギリギリで戦い、
何度も死にかけて、やっとこさ復活。そういう
"自ら死の危機へ飛び込み生を得る"ってのが共通してます。

石&ガッツ 石&ガッツ_0001
(バンデット)

石&ガッツ_0002 石&ガッツ_0003
(ベルセルク)

この漫画、出てくる人物ことごとく強烈に
キャラ立ってるし、ストーリーはジェット
コースターのごとくノンストップで進みます。

medium-2.gif

歴史物の漫画って理屈っぽくなりがちだけど、
そんなことなくサクサク読めるのがいいね。

gakken.jpg

問題は画風が読者を限定してしまうことだけか。
往年のジャンプみたいな熱量の多さが
受け入れられない人も多いだろうと推測。
(おいらは好きだけどね)

ファンサイト見ると、歴史好きな人が中心に
徐々に盛り上がりつつあるみたい。

劇中の登場人物が発する、
足利貞氏「…という発想そのものが軟弱!」
sadauji.jpg
楠木正成「ひりついていたいんだよ!」
C9SvcD4V0AAdlnf.jpg
…ってなセリフがサイト内で盛んに流用されてんだな。(笑)

こういう決め台詞(キメゼリフ)って、将来人気が
出る漫画のバロメーターになると思うんだよね。

2016010611052870d.jpg

20160216203243.jpgb0075548_12342055.jpg

今後が楽しみな漫画であります。

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

fc2blog_2017071115275999b.gif

ひりつきたい正成さんは

YMOでドラム叩いてた!?


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


続きを読む

魚拓☆発祥の地

2017/07/20 Thu



日は 海の日

2013_uminohi_main.jpg

え、3日前に終わっただろって?
いや〜本来は7月20日が海の日なんですよ。
ハッピーマンデーとやらで7月の第3月曜日に
なっちまいましたが。

さて、海の日に因んだ話をしたいと思います。

魚拓というものは皆さんご存知でしょう。
釣り上げた魚の形を墨や絵の具で
紙や布などに転写する技法ですね。

46b48238-s.jpg

その魚拓の発祥地は、我が日本国。
海外版のWikipediaにもそう記載されてます。
そして日本語版では、こう記されてます。

魚拓は庄内藩が発祥とされ、日本で現存
最古のものは天保10年(1839年)2月に
現在の東京都墨田区錦糸町付近で釣られた
鮒の魚拓「錦糸堀の鮒」とされている。
9代藩主酒井忠発が釣り上げた鮒であるとされ、
現在は鶴岡市郷土資料館に所蔵されている。

なんと!tsuridou-3.png 鶴岡が発祥の地だったんですね〜(^^)

これが↓その日本最古というか世界最古?の魚拓。

mido02.jpg

おいらはレプリカ見たことあるけど、
鮒としてはかなりデッカイもんでした。

saikogyotaku.jpg

でも何で鶴岡?
その理由もウィキさんに書かれてました。

庄内藩では、幕藩体制に入り、平和な世の中にあって
も、尚武の心を忘れないために海釣りが奨励された。

夜中に鶴岡城下を出立し、夜の山道を20Km以上
歩き、日本海の荒波に「庄内竿」と呼ばれる独特の
長い竿を振って鱈などの大きな魚に立ち向かった。

長い竿を担いで目の効かない暗く遠い山道を歩き、
あれこれ戦略を立てながら釣り糸をたらし、心を
張り詰めながらも静かに獲物を待ち、荒海の中から
一気に大きな魚を釣り上げるのは、武士の道に通じ、
鍛錬にはもってこいであった。

そして、大きな獲物は、「討ち取った敵将の首」に
見立てられ、魚拓にして藩主に献上されたという。

鶴岡市民に「殿はん」と呼ばれて
親しまれていた旧庄内藩主 酒井家17代忠明氏も
結構な釣り好きでいらっしゃいました。
https://ja.wikipedia.org/wiki酒井忠明(1917-2004)

まったく釣果が無い時でも、帰宅すると
「竿に海を見せてきた」と風雅な表現されたそうです。

さすがは宮中歌会始の召人を務められた方ですわ。

f0168873_113354.jpg

人に歴史あり、魚拓にも歴史ありということですかね。

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー



出演者の顔ぶれ見るとしみじみ…



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



続きを読む

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア