湯野浜紀行

2013/10/15 Tue

ごろ海を見てないな〜と思い、湯野浜へ。

夏には、山形県最大の海水浴場として賑わうYUNOHAMA.
少年期の夏休みに、多くの思い出を作った場所でもある。(2012年7月撮影)IMGP8737−1

夏の湯野浜もいいけど、秋の方が鳥海山が良く見える。(2011年11月撮影)
IMGP6469−1

秋の澄んだ空気と潮風が心地良い。(2013年10月撮影)
IMGP3877.jpg


連休最終日は晴天に恵まれ、気温が高く、打ち寄せる波も高かった。
IMGP3752.jpg

この後、少年の姿を見た者はいなかった…
IMGP3751-1.jpg 

…なんてことはありませんでしたが、高波には気を付けましょう。

IMGP3767.jpg

IMGP3775.jpg

IMGP3764.jpg


浜辺の遊歩道を歩くと、

IMGP3786.jpg 怪しい像が現われてきます。

IMGP3787.jpg なんのマネ? 

IMGP3788.jpg 人物像の下は波のようです。

IMGP3789.jpg 飛んでけ〜

冬期オリンピック競技のコレに似てるかな。
rudman_2475457b.jpg

ちょっと、お間抜けな像ですが、波乗り発祥の地記念像みたいです。
IMGP3790.jpg 
IMGP3792.jpg瀬のし
一枚の板で波に乗る瀬のしは、湯野浜の歴史と共に受け継がれて来た若者達のマリンスポーツでした。文献上に出てくるのは酒田の俳人が1821年湯野浜湯治に来てつけた日記である「この辺の12、3歳位の子供達が10人ばかり、手に手に舟の板を持って、荒波の中へ飛び込んで沖へ沖へと乗り出して行く。沖へ出たかと思うと今度は波に乗り岸に向かって戻って来る。その早いこと、矢のようである。これを何回もくりかえしている。」と。何のことはない今のボディーボーディングのルーツなのだ。

波乗り
1900年になると、板を使わず体だけで波に乗る、「所謂湯野浜流波乗り」を、若者達が完成させたのです。高度のテクニックが必要でその美しさと豪快さは日本一と言われました。

サーフィン
日本海で最初のサーフィンは、この湯野浜海岸で始まったのです。1965年の秋でした。



身体をボードにしてやる波乗りなんて、今じゃ見られないだろうね。
海岸沿いに旅館やホテルが立ち並ぶ湯野浜でも、
IMGP3771.jpg

ここは海に一番近いんじゃないかな。
IMGP3895.jpg

宮嶋屋旅館時代に、何度か泊まった記憶がある。
IMGP3785.jpg

海水浴の後には、浴場に直行したものでした。
IMGP3893.jpg
http://www.yukaitei-miyajima.com

みやじまホテルの裏には共同浴場があります。
IMGP3800.jpg

湯野浜に二つある共同浴場の内のひとつ。
IMGP3799-1.jpg

湯野浜で一番大きなホテルがここ。
IMGP3769.jpg

湯野浜でも、老舗の部類かな。(明治創業)
IMGP3801−1
http://www.kameya-net.com

「亀や」の正面玄関
IMGP3805.jpg

通り向かいに宿の銘碑が建ってる。
IMGP3807.jpg

その横には風変わりな祠が。
IMGP3808.jpg

IMGP3809.jpg

なぜにライオン?三越じゃあるまいし。
IMGP3810.jpg

亀もおるよ。「亀や」だからね。
IMGP3811−1

奥の方に建ってる立像。
IMGP3812.jpg

頑固ジジイって感じの風貌しとります。
IMGP3813−1

像の台座に、解説文を記したプレートがはめてありました。
IMGP3816.jpg

おいらは知らなかったんだけど、
阿部与十郎という方の像なのでした。
亀やの二代目で、湯野浜温泉の発展に努めた功労者らしい。

湯野浜温泉は、平安時代の天喜年間(1053~58)に
海辺に湧く湯の中で亀が傷を癒していたのを、
地元の漁夫が見つけたことから亀の湯とも云われ、
亀やの名前もそこから来ています。

その2に続く。



く す っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

1202.jpg

これはハーケン・クロ…

じゃなくて、萬字焼きよ!



ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

やっぱ、日本海はえーな〜
私、子供のころは夏、冬必ず日本海へ行ってた。

冬はカニ食べ過ぎて、旅館で熱出て、
それ以来、トラウマで一昨年ぐらいまで、
カニ食べられへんかった。

ケジボン先生は何を食べたんだろう
2!に続くから、わかるかな?楽しみにしてよう!

波乗り

ケジボンさん、こんばんは。

ボードを使わない波乗り、豪快ですね。
というか、そんなことができるんだ!

今回の記事、写真点数も多くて、湯野浜
の詳しい紹介になっていて、さすがですね。
やっぱりこのくらいきちんと書きたいなと
思いました、、、できないですが(--;)

波乗りの像が

笑える~v-411
この辺の方たちって像の趣味が悪いのかもですね。

あっ!
この辺の方も見てるかな~
ごめんなさいですv-410

ボディーボーディング

胸が薄く平たく、脚が短く、身の軽い日本人に向いたスポーツだと思う。
こちらの海水浴場は余計な工事をしてくれたから、実につまらない景色になってしまった。
うらやましいな。

れおんさんへ

> やっぱ、日本海はえーな〜
> 私、子供のころは夏、冬必ず日本海へ行ってた。

 冬は鉛色で怒涛の日本海だけど、
 春から秋は穏やかできれいな色してるよね。

> 冬はカニ食べ過ぎて、旅館で熱出て、
> それ以来、トラウマで一昨年ぐらいまで、
> カニ食べられへんかった。

 関西方面からだと、城崎温泉あたりかな。

> ケジボン先生は何を食べたんだろう
> 2!に続くから、わかるかな?楽しみにしてよう!

 ゴメン!今回はグルメ無しです。v-390

なおさんへ

> ケジボンさん、こんばんは。
>
> ボードを使わない波乗り、豪快ですね。
> というか、そんなことができるんだ!

 おいらも見たことないんですよ。
 だから半信半疑で碑文を読んでました。


> 今回の記事、写真点数も多くて、湯野浜
> の詳しい紹介になっていて、さすがですね。
> やっぱりこのくらいきちんと書きたいなと
> 思いました、、、できないですが(--;)

 撮った写真が多く(200枚以上)
 アレも入れたいコレも入れたいとかやってるうちに、
 サイトが重くなって、分割表示になってしまいました。(;´д`)トホホ…

ヒカルさんへ

もうちょっと、何とかならなかったのかな〜
とは思います。特に波の部分ね。

くまちゃんへ

この日は、サーフィンやってる人を見かけなかったんですが、
今の時期でも、ウィンド・サーフィン、パラセールとか盛んな所なんですよ。
夏場はジェットスキーを牽引したSUV車が、波打ち際にずらりと並びます。

加茂の方から海岸沿いを進んで、湯野浜が見えてくるビューポイントは、
他所から来た人に自慢したくなる景色です。
大抵の人は驚いてくれたな〜v-392
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア