ガツンと来る本

2010/12/09 Thu

去年の春に買った本を今ごろ紹介するのも何ですが、

まだブログを始める前だったのでご勘弁を。

地元が取り上げられていることもありますが、

改めて読んでみて、体が熱くなるような感覚になる本です。

resizeIMGP1747DropFix.png

日本の農業、食の問題、地方の疲弊化。

そのすべての問題が、この本の中に示されています。

「故郷へ帰った一人の男が周りの人々を巻き込んで、

 大きな潮流を作り出そうとしている。

 男の夢は途轍もなく大きく、

 実現は不可能に思われた。

 しかし、少しずつ状況は変わって行った。」


自分なりに要約するとこんな感じでしょうか。

とにかく、「食」に少しでも関心がある方は

必読の書と言っていいと思います。


庄内パラディーゾ<br />アル・ケッチァーノと<br />美味なる男たち庄内パラディーゾ
アル・ケッチァーノと
美味なる男たち

(2009/04)
一志 治夫

商品詳細を見る



良かったら、ポチッと押してね。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア