ケツは振らんでよろしい

2010/11/08 Mon

このブログを訪問された中に、作曲家の古関裕而氏を

取り上げられた方がいました。

「東京オリンピック・マーチ」を初めとして

誰もが聴いたことがある数々の名曲を

生み出された大作曲家です。

↓詳しくはその管理人さんのサイトまでどうぞ。
http://dankaijidai.blog135.fc2.com/blog-entry-48.html

おいらは古関裕而さんの作品の中で、

割りかしマイナーな曲を取り上げてみました。

[スポーツ県民歌]

昭和23年(1948年)山形県で行われた

第32回日本陸上競技選手権大会開催にあたり、

山形県のスポーツ高揚の為に作成された県民歌です。

作詞は西条八十さん、

作曲を古関裕而さんが手がけられました。



モンテディオ山形が勝利した場合、

勝ち鬨の歌として歌詞の一部を変更され

サポーターに歌われてます。



子供のころ、運動会でよく歌ったもんですが、

歌詞の中の「ヒップ、ヒップ、フレー。」に

こんなエロい歌うたっていいの?

なんて、思ってました。

別にそんな意味は無くて、

英語でHip, hip, hurrah!

単なる⦅応援の掛け声⦆なのです。

知らないで、懸命に腰をふってた

形の子供たちは少なくないはずだ ! (笑)





↓子供はエロに敏感
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

子供の行動って面白いですよね~
なんでこんなことでこんなに夢中になれるの?
って、ま~それがいいんですけどねw

ナルナルさんへ

子供は思い込みが激しいから夢中になれるんでしょう。
大人にとって、うらやましい部分でもあります。

目指せ!モムチャン

子供の頃からヒップを振ってれば、モムチャンになれる確率、高いかも♪

くまちゃんへ

子供の頃からやれば、ウエストがくびれてナイスバディに。いいかも...ですね。(笑)

ちなみに、山形県民歌「最上川」というのもあって、
歌詞は昭和天皇御製。歌ったことはないです。

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア