回文名作

2012/03/15 Thu

上から読んでも下から読んでも同じ文字列で、

意味が通るのを回文っていいます。

子どもの頃に覚えたのは、至極単純なものでした。

「北のあの滝」とか「ダンスが済んだ」

「私負けましたわ」「竹やぶ焼けた」

ってな感じ。

今はもっと複雑なのが作られてんですね。

これは面白いと思ったのをチョイスしてみました。

ちょっとお茶目なのから見てみましょう。

来てもよい頃だろ来いよモテ期
2010-05-24_1538.png


任天堂がうどん店に
IMG_0982.jpg


世の中ね、顔かお金かなのよ
okanetamemasu.jpg



たにしん 死にたくなるよと夜泣くタニシ


政治風刺ネタで秀逸なのがこのふたつ。

うかつにダムをひく、国費を無駄に使う
201104200213.jpg


総理は病んで疎ましく福島東電やはり嘘
20110929_2075893.gif



最後に、

やっぱり多いのがH系のネタ。

こんな感じです。

イタリアでもホモでありたい
39a155707ac1ecbdda65e474c666ab24.jpg


なんてしつけいい娘いい尻してんな
10138787071.jpg


ロリコン外科医いい加減懲りろ
060427.jpg


寝ている私に何した?悪い手ね
k-100603-7.jpg


寝室まで至らず裸体で待つ紳士
stacks_image_62_1.png


 
 さて、回文の派生といいますか
 
 番外編として、逆さに読めるけど

 意味が全く変わってしまう文もありますね。

 たとえば、

「鯛釣り舟に米押しだるま」なんての。

20050702100409.jpg

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


5f6eccec.jpeg

友情は大切にしたい。


ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

肉の多い大乃国

タモリさんが笑っていいともで何度も使ったので、タモリ作と誤解されている方もいるようです。しかし、これは大乃国の横綱昇進前には既に有名でした。インターネットが普及する遥か前です。
回文21面相というサイトには「じゅん」さんという方が投稿されていますが、この方の作である確率は限りなく低いでしょうね。

「米押し達磨」をペンネームにする人は昔から多かったですね。しかし「米押し達磨」ってなんだろう?そういう縁起物でもあったのかな?

地方の時代

今や 地方の時代だ!地方と地方の融合 奈良では静岡名産で 南の方では
プロレスラーの名前で 野球のコーチの名前でも 葉っぱに似た言葉でも
危険性は 高まっています お琴教えます お米券 等のネタに関するものも
かなりありますね~ 私はフィッター フワィッターを提案します
 意味? そんなもの、、、無い! 天岩戸の世代からつんつんすると
あれになる あれです あ~ あれね!でご納得あれ! あ~れ~っ~!
 黒猫ニャンの視線も ア~レ~ッ!と見える (アレで済ますのはボケの始まり?)

くまちゃんへ

色んな言葉遊びが出来るのが日本語の特徴でしょうね。
江戸時代の川柳にも、膝を打つような傑作があります。
それも、ちょっとエッチなのが多い。(笑)

米押し達磨ってなんですかね。
米食いネズミって玩具はあるけど。

ぶくさんへ

春の陽気に体も頭もだらけてしまうおいらは、
さしずめ痴呆の時代なんでしょう。

No title

ロリコン外科医が個人的にハマりますわ。(笑)

 あちょんぶりけ!



http://anthony3b.blog108.fc2.com/

Anthonyさんへ

手塚治虫のマンガは、結構エロティックな描写が多いです。

思えば子どもの頃、虫プロ製作の劇場用アニメ
『千夜一夜物語』を見に行ったら、
成人指定映画だと言われて入場を断られました。(笑)

No title

メルモちゃんなんか性教育アニメでしたね。



http://anthony3b.blog108.fc2.com/

Anthonyさんへ

手塚マンガで性に目覚めた少年は多いと思う。

ウチの親父はTVのメルモちゃん見て、
「これが手塚治虫の性教育マンガかあ。」
 なんて言ってました。(笑)

http://youtu.be/aGJCU4rP_9A

No title

ウチには『アポロのうた』と『やけっぱちのマリア』がありました。

が、古本屋で信じられないくらいに高額で売れました。



http://anthony3b.blog108.fc2.com/
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア