鬼将軍の正体は美少年

2015/07/10 Fri

末は佐幕派として
新政府軍と戦った庄内藩。

IMGP5127a.jpg
※庄内藩の由緒正しい旗印「朱の丸」

結局は新政府軍に降伏したものの
庄内は壊滅的打撃を受けた会津と違って、
比較的軽い処分で済みました。

その背後に西郷隆盛の働きがあったにせよ、
もっと重要なことがあります。

庄内藩は戊辰戦争で、
連戦連勝。ついに領地へ一度も
敵軍を侵入させなかったんです。

magal376.jpg

つまり、一度も戦闘に負けること無く
降伏したってことなのです。

これじゃあ新政府軍としても
処罰しにくかったことでしょう。

みはた
※新政府軍が帝(みかど)を人質にの威光を盾に、
でっち上げ作り上げた錦の御旗(にしきのみはた)。

なぜ庄内藩がそれだけ強かったのか?

ヒトツ
庄内藩軍には、
豪商本間家の財力で欧米から購入した
最新式の兵器があったこと。

フタツ
武士だけが戦った会津藩とは違い、
庄内は農民や町人も銃を手に戦ってた。

ミッツ
精強な軍が保ててたのは、
ある人物の存在があった。

その人物とは。。。

酒井 了恒(さかい のりつね)
(1843ー1876)
通称、玄蕃(げんば)さんです。

出羽庄内藩家老の長男として生まれた玄蕃さん。
戊辰戦争において庄内藩二番大隊を指揮し、
秋田方面の戦いで連戦連勝の活躍を遂げ、
新政府軍から「鬼玄蕃」と呼ばれ
恐れられた名将として知られてます。

hokuto77.jpg
※酒井玄蕃が考案した、北斗七星を逆さにした破軍星旗。

その伝説的なエピソードの一部を
紹介しましょう。


後半へつづく。


下はウィキペディアの記事から抜粋したものです。

①剣術に秀で、兵学を講ずる一方で、
 漢詩を詠み、書を嗜み、雅楽に通じ、
 笛の名手であったという。
 転戦先においても「戊辰役二十絶」を詠むなど、
 その多才ぶりを発揮している。
 ※ちょっと信じられないくらいの万能超人ですね。

②鬼玄蕃と恐れられた了恒だが、
 実際の性格は温和で慈悲深かったといわれる。
 味方の若い兵を気遣うだけでなく、
 占領地の孤児や窮民を救済したり、
 乱暴狼藉や窃盗を厳しく戒め、
 敵兵の死骸も手厚く埋葬したという。
 ※↑ココ注目、戦死者を弔うことを許さなかった
 新政府軍とはエライ違う。どちらが日本人らしい行いだっての。

 そのため敵方の武士にさえその遺芳が語り継がれ、
 百姓からは「庄内様庄内様」と慕われたという。

③肺を病む身でありながら、
 陣中では常に兵らと同じものを食べ、
 寝る時も軍装をゆるめず決してわらじを脱がなかった。
 雨が降ればまず部下を先に屋内に入れ、斥候を出せば
 その帰投復命するまで夜通しでも眠らなかった。
 玄蕃のこうした大将ぶりを見た兵たちは感激し、
 玄蕃を隊長に戴いたことを無上の誇りとしたという。
 ※ナポレオンにも似たようなエピソードがあるんだよね〜

④新庄を攻略した際、
 玄蕃のもとに十二歳の少年が
 捕虜となって引き立てられたという。
 玄蕃はその少年をあわれみ、
 天を仰いで「涙闌干」と泣き、
 自らいましめを解いて路銀を与え、
 ねんごろにさとして
 親兄弟のもとに走りなさいと放免した。
 そして少年の波乱の運命を嘆き一詩を賦したという。
 その少年は、後の首相小磯国昭の叔父であり、
 国昭の伝記にも記されている。
 ※古典文学に出てきそうな逸話ですわ。
※黄文字はおいらの注釈

ちょっと〜玄蕃さんってば、かっこ良すぎじゃね?

さて、新政府軍を領内に踏み込ませず、
領外で連戦連勝だった庄内藩でしたが、

周りが会津藩を含めて総て降伏して
しまった状態では、いかんともしがたく、

これ以上戦ってもムリってことで
降伏するしかなかったんですねえ。

250px-Kiyotaka_Kuroda_formal.jpg
※庄内藩降伏調印の任務に当たった黒田清隆

そして時代が変わり、玄蕃さんも
明治新政府に仕官することになります。

当然、敵方だった薩長の幹部たちとも
顔を合わせる機会がありますよね。

で、こんなエピソードが。。。

薩摩藩参謀であった大山格之助。
庄内討伐隊の総司令官だった彼は、
玄蕃さん率いる二番大隊に
連戦連敗した、苦い記憶があります。
明治維新後に東京で玄蕃さんに会った際の感想がこれ。

「あの鬼玄蕃の勇名をほしいままにした足下が、
 容貌のかくも温和で婦人にも見まほしい
 美少年(よかちご)であろうとは……」

※足下(そっか)=貴殿

メチャクチャ強い鬼将軍の正体は、
女性に見える優しげな美少年だったわけですよ。
そりゃ、びっくりするよね。(爆笑)
gurihisu.jpg
※画像はイメージです。

そんな玄蕃さん、元々肺病(結核)持ちの身。
清国への偵察行などで無理がたたり、
34歳の若さで亡くなってしまいます。(涙)

流星のように短く輝いた一生を送った玄蕃さん。

もっと知られてもいいと思うんだけどな〜

cul019.jpg
※庄内藩校 致道館(鶴岡市)玄蕃さんもここで学んだことでしょう。


おしまい。




https://youtu.be/cI_gr4ZDh1Y
せっかくいい動画だと思ったのに、ネズミとゾウの話で台無しだわ。(-_-;)

a63a36bc70ce0392dcf4e3e9c05e546c-723x1024-1.jpg
http://www.amazon.co.jp/庄内藩幕末秘話

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



第35回 1年以上前に書いたブログブログトーナメント - 家族ブログ村
第35回 1年以上前に書いたブログブログトーナメント
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん、こんばんは。

記事、感動しました。
美少年、34歳。
アニメとか見てみたい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

なおさんへ

アニメドラマ化はおいらも希望します。

実写版だと誰が適役かな?
及川光博は、ちょっとイメージ違うし。^^;

丸秘コメさんへ

ご指摘ありがとうございます。

黒田清隆の像は大久保利通のと間違えてました。
訂正したけど、これでいいのかな?
(ちょっと自信ない。^^;)

庄内藩

かっこいい!
まるでブログトーナメントでは連戦連勝の
ケジボン様のようですねっ(笑)

ももさんへ

> かっこいい!
> まるでブログトーナメントでは連戦連勝の
> ケジボン様のようですねっ(笑)

 いや〜それほどでも…
 って、おいら結構負けてるよ。^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

丸秘コメさんへ

画像確認どうもです。

黒田清隆って、
酒乱だったみたいですね〜^^;

No title

松田翔太とかいいんじゃないの〜^^

ゾウとネズミのやつ、よく見るけど、
アレ、なんなんだろうね〜

話は変わりますけど、
今日、youtubeの音楽をダウンロードする
アプリ入れたら。。。
どのブラウザもwe○ s○rchになって。。。
復元するのに1時間もかかってしまった。。。
もうなんか分からんやつはダウンロードしたらあかんね。。。

れおんさんへ

> 松田翔太とかいいんじゃないの〜^^

 松田翔太なら、コッチの方が似てる気がする〜(笑)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E9%95%B7%E7%99%BA


> ゾウとネズミのやつ、よく見るけど、
> アレ、なんなんだろうね〜

 何かの利益があるから、載せてるんだろうね。
 指示通りやって儲かったって話は聞かないな〜(呆)

> 話は変わりますけど、
> 今日、youtubeの音楽をダウンロードする
> アプリ入れたら。。。
> どのブラウザもwe○ s○rchになって。。。
> 復元するのに1時間もかかってしまった。。。
> もうなんか分からんやつはダウンロードしたらあかんね。。。

 それって、ブラウザに紛れて忍び込むウィルスの一種みたいね。
 排除する方法はググったらいっぱい出てきたよ。
 れおんママのような被害者が大勢いるってことなんだろうな。

 ちなみに、おいらは広告が出ないようにする「ad Block」
 っての入れてんだけど、ブログの記事管理にアクセスできなくなるから、
 その時だけいちいち外さなきゃならないんだ。
 便利なようで不便。

コメント

ありがとうございました♪
イージス艦につれられ~てい~っちゃ~った
もものつぼにおおはまりです(笑)

ももさんへ

ももちゃんも、

イージス艦なら連れてってほしいよね。v-392

No title

彼は、奥さんを殺したといううわっさもあったぐらい。
面白いのは、
フランス料理で饗応するのに、最後はお茶づけが出たらしい。
雑学ですが、、

hippoponさんへ

> 彼は、奥さんを殺したといううわっさもあったぐらい。

 酒乱だから、やりそうな気はするね。
 
> 面白いのは、
> フランス料理で饗応するのに、最後はお茶づけが出たらしい。
> 雑学ですが、、

 フランス料理を日本に拡めた辻静雄も、
 来客には本格的なフレンチのフルコースを出して、
 自分は寿司をつまんでたそうだよ。
 これも雑学ネタですが。^^;
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア