クリスさん羽黒山に参拝の巻

2018/03/17 Sat


度か このブログに登場している、

英国人ユーチューバーのクリス・ブロード氏。

maxresdault.jpg

今度はなんと、我が街 鶴岡がそのロケ地!

スクリーンショット 2018-03-14 9.12.18

といっても市内ではなく、羽黒山なんですけどね。(^_^;)

スクリーンショット 2018-03-14 9.11.12

クリスさんに同行するのは、

スクリーンショット 2018-03-14 9.45.46

外国人集客コンサルティング業、
ライフブリッジ(仙台市)の桜井亮太郎社長。

スクリーンショット 2018-03-14 9.47.12

クリスさんいわく「彼(亮太朗)は、ボクの
ショーファー(お抱え運転手)」なんだそうです。(笑)

そんなふたりの珍道中、まずはココで腹ごしらえ。

スクリーンショット 2018-03-14 9.13.32

アル・ケッチァーノの奥田シェフは、
昨年度の料理本グランプリを受賞してます。

スクリーンショット 2018-03-14 9.14.00

一皿目は平目のカルパッチョ。

スクリーンショット 2018-03-14 9.25.11

フグのリゾット。

スクリーンショット 2018-03-14 9.26.42

山伏ポークと藤沢カブのグリル。

スクリーンショット 2018-03-14 9.28.05

知り合いの山伏が冗談交じりに言ったのは、
「山伏はベジタリアンなのに、山伏ポークとは(笑)」
 確かにおかしなネーミングではありますね。

冬が旬の寒鱈と椎茸のソテー。

スクリーンショット 2018-03-14 9.29.07

そして羽黒山頂へ。

スクリーンショット 2018-03-14 9.31.59

出羽三山合祭殿の茅葺き屋根。

スクリーンショット 2018-03-14 9.30.17

修行中の食事は質素なものです。

スクリーンショット 2018-03-14 9.32.21

2007年に松聖を勤めた、星野文紘(ほしのふみひろ)先達。
厳つい顔してますが、実態はオチャメなおじさんです。
結構女の子にモテるらしい。。

スクリーンショット 2018-03-14 9.33.03

クリスさん白装束に着替えて、いざ羽黒山参道へ。

スクリーンショット 2018-03-14 9.34.51

ガイドを務める加藤丈晴先達。
神奈川県出身の山伏。英語が話せるようです。

スクリーンショット 2018-03-14 9.35.39

修行中は会話禁止。感覚を研ぎ澄ます為でもあります。

クリス氏「この山にはいますか?」
加藤先達「いるよ」
クリス氏「ではを見つけたら声出していいですよね?」
加藤先達「ダメ」
クリス氏「……」

おいらが正月用写真撮った時より雪積もってる。

スクリーンショット 2018-03-14 9.38.04

雪の杉木立に囲まれて立つ国宝五重塔。
クリスさん、神々しさに思わず口にした言葉が
「スペクタキュラー=壮観、劇的」でした。

スクリーンショット 2018-03-14 9.38.58

他にも外国の方が参加してたようです。

スクリーンショット 2018-03-14 9.39.37

羽黒山名物の精進料理。
訳してブッディスト ヴィーガン キュイジーン…何か変。(-_-;)

スクリーンショット 2018-03-14 9.41.49

クリスさん、手を合わせてイタダキマ〜ス?

スクリーンショット 2018-03-14 9.43.38

実は、羽黒山修験道の山伏って、おいらのような里の住人
(鶴岡市民)でも 知らないことが多く、神秘性を感じます。

ましてや外国人の目には、とってもファンタスティックな
存在に映るのではないでしょうか。

おしまい。


山へ逃げる?高校時代のおいらかよ…(-_-;)




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

クリスさん 雪の中でなかったらいけなかったのねww
お替り有りなのかしら?ないのかしら?
気になる(;'∀')

No title

やばいやばい!こんな大雪で法螺貝吹いたら、
雪崩が起こるよぉ〜
なーんね^^
今日も1丁目のアンテナショップみてこよう!

hippoponさんへ

クリスさんは元々映像作家になりたかったそうですよ。
酒田市で英語の補助教員を勤めたあと、
亮太朗氏の誘いで仙台に移住し、
外国人に東北を紹介するビデオを作ってます。
津波に襲われた町のその後を撮ったものは、
ドキュメンタリーとしても優れてると思いました。
https://youtu.be/ObSo4VxCFzs

亮太朗腹減ってたのかなあ。
おかわり求めてさまよってましたね。
おいらも何度か羽黒山で精進料理いただきましたが、
御飯のおかわりしたことないですわ。(^_^;)

れおんさんへ

> やばいやばい!こんな大雪で法螺貝吹いたら、
> 雪崩が起こるよぉ〜
> なーんね^^

 むしろ、ほら貝で雪崩をあらかじめ起こしておいて、
 参拝客の安全を確保する目的があったりして。。

> 今日も1丁目のアンテナショップみてこよう!

 もし出羽三山開運茶があったら、GETしとくといいよ〜
 昆布茶のように、飲用の他に料理にも使えてGood!
 三種のキノコと紅花がブレンドされてるんよ。
 http://www.kiyokawaya.com/?pid=89148772

No title

ケジボンさん
すごく感動しました。
今を生きて乗り越えてゆく。
私の心境と同じです。

でもそこまでは強くなれないけど。

気仙沼からよく物が贈られてきてたの
家族バラバラになって お母さんに面倒見ながら
大の男が生き抜いてる町。
拝見できて どれほど安心できたか。

乞食でないからお涙頂戴で仕事はしないといったのも
同じ気仙沼で立派な会社があった人の話。
切なかったけど真っ向からがんばっていた。
元気はなかったけど。

東北を励ますつもりで励まされたんだったわ。
電話する事、はがきを送る事しかできないような
私も 自転車操業のようなひっしなひびでもあった。


いい映像をありがとうございました。

hippoponさんへ

最期に登場した民宿の女将の一代さん。
「今この瞬間を生きる」とおっしゃってましたね。

偶然なのか、羽黒修験の山伏さんも
同じ様なことを述べてましたよ。
山の中に身を置いて、その瞬間を感じることが大切なんだって。

No title

断崖からの逆さ吊りとか セツナを感じることしますものね。
私自殺しようと思った暑い日の下の景色忘れられませんよ。
ご飯食べたの。鮭があったと思ってチンして
お腹にいれたの、
お茶をググ。

体もピークに使ってて、お腹も減って
暑いところ何度もやってもダメで
絶望感しかなくて、、
全部手をこうじたと思って、あ==死ななくちゃって

切腹前には茶漬けを食べないとみっともないという大伯母のシーンをおもいだして。
あ、ごはんたべなくちゃ、、とおもったのよ。

セツナを感じた人は 働きが違うのかもね。
それはすごくよく理解できる。



hippoponさんへ

刹那的って否定的な意味で使われてるけど、
元々は肯定的な意味なんですってね。
お釈迦様は「一瞬一瞬を大事に生きなさい」と説いてます。
刹那に生きる、過去を振返らない、未来の予定を立てない。
小心で後ろ向きなおいらには難しいことですわ。(-_-;)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア