FC2ブログ

れおんくんフォーエバー

2017/11/12 Sun


ブログに幾度か登場した、
黒いうさぎくろうさのれおんくん。

先日、月に旅立ったとの報告が
れおんくんのブログ上でありました。

享年12歳は、兎の世界では大往生だそうです。
そんなくろうされおんくんの足跡をたどってみたいと思います。

これは本人の代わりに、ぬいぐるみを旅行させる
という記事のもので、ウナギのぬいぐるみを被った
れおんくんです。ウナギとウサギを掛けたダジャレ。

unatora.png

これもダジャレで、うさぎのダンスと
兎の箪笥を掛けてます。(^_^;)

usatansa.jpg

物の数のかぞえ方にも登場。
れおんくんはいつも辛口なコメントしてました。

usatan.jpg

使用許可いただいたくろうされおんくん画像以外は、
おいらのヘタな手書きイラストで代用。

romanesco.png

手だけの出演(手タレ)もしてもらいました。

スクリーンショット 2017-11-09 7.23.26

そして、旬の野菜が大好物の
グルメなウサギさんでもありました。

6qjD7oIKZOiOBTPEyBQV8lSBpTD0DkroMFlYgVdeyyiwL7r89AsIADs=.gif

くろうされおんくんブログに掲載されてたプロフィール。
めっちゃマルチタレントなウサギさんだったのです。

どんぐり料理研究家のぼく黒いうさぎのれおんです。
トリュフ、ポルチーニ、モリーユなど高級キノコを
探すのが得意です。ウナギ、ハゼ、テナガエビ、シー
バス、ホンビノス東京湾の獲物なら任せてね!
日本農業新聞 食農の料理コーナーただいま連載中〜 
釣り雑誌『磯・投げ情報』にも時々登場します〜
日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』に
どんぐり料理で出演しました〜


ブロ友なおさんの飼い猫エリザベスちゃんも
先日亡くなったとの記事が上がってました。
人も動物も、親しくしてた関係を喪失する
悲しみは、何かで贖えるものではありません。
でも、魂でいつも繋がってると、おいらは信じてます。

だからいつも一緒にいるんだよ。
れおんくんも、その他のパートナーたちも。
永遠に・・・


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん!ありがとう、
フォーエバーは全く思いつかなかった!
だだちゃ豆のやつが特に大好きでした。
タンスの上からとかロマネスコ、
なんかいつも上から目線でゴメンね^^
ウナギはホントに大好きだったのよ。
いっつも張り付いてみてたもん。
いつも応援や、心配してくれてありがとうございました!
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします〜

れおんさんへ

れおんくんブログが続く限り、
おいらもずっと応援し続けるよ〜
フォーエバーだぜ、れおんくん。v-218

黒ウサ れおん様

黒ウサれおん君のご冥福をお祈り申し上げます。

長年連れ添った相棒との別れは、辛いですけれど、
どうか気落ちせず頑張ってください。

私も、残念ながら多くの相棒との別れを、
経験しております。
幼少期から、面倒を見ていて気ごころが一番、
伝わって居るので、本当に辛いと思います。

また、これが好い処でも有り残念な所でも有ります
人間の様に、長く生きていると考え方など、
相容れない処が出てきますが、これは変なものに、
染まらず清らかに愛情を交わすことが出来たと、
思うのが大切だと思います。

だから、余計に愛おしいし悲しいのです。
ペットロスと言う言葉で処理しがちですが、
そんなものじゃない。・・・
相棒なんだよね~

お気持ちお察します。
ブログの方も継続をお願いします。
応援しますので、どうか頑張ってください。

あっちのブログに書き込もうとおもったのですが、
なんか・・忙しそうで・・・
で・・此処に成りました事をお詫びいたします。

ケジボン様・・・御免なさいお許しくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ブッキ〜ナさんへ

おいらもペットロスって言葉は、
なんか即物的な感じがして嫌い。
もっと良い言い方ないもんかなあ。

ブッキちゃん、今回に限らず
全然れおんブログにコメしとらんじゃないの。
説得力無いな〜

あとの返答は、れおんくんに任せます。
天上からブッキちゃんに言ってやって。(^_^;)

hippoponさんへ

おいらの死生観は、
生と死は同等という考え方です。

だからどっちも大事。
生が無ければ死も存在しない、逆も同じ。

死者も生きてる者のように尊重されるべきだと思う。
そういう考え方の無い人権弁護士とやらが、
生きてる殺人犯の方を上において死者を冒涜する感性がわからない。

精一杯生きて、いつかは死ぬ。
悔いのないよう過ごしたいものですね。

No title

ケジボンさん、
ごめんよ。

ブッキーナ姫、ありがとうね。
ケジボンさんのところに書いても、
私、多分読まないで終わることが多いかも^^
今回だけは自分ネタだったので、コメント読ませていただきました^^
れおんくんは大往生だったのね、
私、よかったと心から思ってる。
ここまで頑張ったんだもん、拍手を送りたい。

No title

遠い、場所でも時間でも
繋がっているんだなと想い、信じ続けること
すると、時々、何かがシンクロすることがあります。
そしてまた、繋がりを強く信じる。

何か精神医学みたいな話ですが、、、( ´∀` )/

ケジボンさんをはじめ、ブログの仲間たちの方々のことを
そんな風に思っていますよ!

結構な、確率でシンクロニシティしちゃってるときあります。

ではではー、また来ます!

れおんさんへ

れおんくんの訃報知ってから、
おいらもちょっとブルーになってた。
ブログで見てただけなのに、リアルで
一緒に遊んだ気持ちになってたんだね。
今後も当ブログにれおんくん登場させるつもりだよ。
その時は大目に見てくださいね。(^^)

ダリルジョンさんへ

シンクロニシティはポリスの曲で知りました。
その影響で、心理学の本何冊か読んだなあ。

ユングは神秘思想寄りな考え方で、
非科学的なものを嫌うフロイトと合わなかったみたいね。

おいらはユングの考え方に惹かれます。
世界は機械が出す電波のネットワークと同時に、
生者と死者が交流するネットワークの存在があると思ってます。
ちょっとオカルトめいてますが。。(^_^;)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア