FC2ブログ

秋の最上峡その他

2017/11/08 Wed



山町や肘折温泉へ赴く道中、

あちこちで紅葉の風景を目にしました。

そんな最上地方の秋景色、まずは本合海の紅葉から。



IMG_7313a.jpg

IMG_7325a.jpg

次に白糸の滝ドライブインからの最上峡の眺め。



IMG_7339a.jpg

IMG_7326a.jpg

IMG_7334a.jpg

肘折に向かう途中で見た崖。



IMG_7351a.jpg

岩肌をクローズアップ。

IMG_7357a.jpg

棚田があるようなんで、寄り道してきます。



IMG_7378a.jpg

IMG_7364a.jpg

IMG_7372a.jpg

「まほろば」と呼びたくなる晩秋の棚田です。

IMG_7380a.jpg

肘折にほど近い湯の台高原。



IMG_7521a.jpg

ロマンチックな紅葉のトンネル。

IMG_7525a.jpg

写真とってたら、ロードバイクのお兄さんが
手を上げて通り過ぎていきました。

IMG_7532a.jpg

突如あらわれた真っ赤な野原。

IMG_7528a.jpg

IMG_7535a.jpg

近づいてみると、刈り取られた後みたい。
赤い草の種類は何だろうか。

IMG_7547aqjpg.jpg

いやあ、探せば思いがけない景色に出会えるもんですね。

IMG_7549a.jpg

おしまい。


日本の棚田百選 四ケ村 ほたるの里




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

こんばんは!
最上川 最上義光の最上

罪なき身も世の曇りにさへられて
友に冥途に赴ば
 五常のつみもほろひなんと思ひて


 罪を斬る 弥陀の剣に かかる身の
 なにか五つの 障りあるべき

駒姫は15歳。見事な最期。
文化的で 勇猛な血統だったんでしょうね。

hippoponさんへ

駒姫の件で、最上義光の秀吉に対する恨みは
骨髄に徹したことでしょうなあ。
そのせいでありましょうか、
関ヶ原の合戦では東軍に与しました。

しかし、後で徳川幕府に
改易されちゃうんだから皮肉なもんです。

もしも義光が持ってた所領57万石のまま
明治維新まで存続してたら、山形市は
仙台に匹敵する都会になっていたかもしれません。
義光の隠居場所だった鶴岡だって、それなりに発展してたかも。(^_^;)

No title

優秀な一族は抹殺しておかないとまずい。
そして残った家臣団はまた主を変えて、
ただ、
優秀なDNAは 戊辰戦争において 勝ちの藩をたもち
若い家老は優秀がゆえに 勝ったのに腹をめした。

黒田藩もどっちにつくかでかなりの人が責任で腹を切った。
そういう時代を抜けて 穏やかで豊かで、文化的
雛を尊ぶような優しい 風俗が残ったんですものね。

民は残ったんでしょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

やや、これはみたことのないタイプのオカリナ@0@!
デザインフェスタで素焼きのオカリナを買いました。
いつかどんぐりの絵を描いてニスを塗ろうと思ってるのですが、ずーっとそのまんま。。。

紅葉が美しいですね。岩の山肌はあんまりみたことがありません。

hippoponさんへ

過酷な年貢の取り立てで領民に一揆を起こされ、
監督不行き届きを理由に改易された大名もいました。
それに比べたら、現代の大企業は甘い。
T芝とかK戸製鋼なんて、江戸時代なら
社長以下取締役は切腹で会社はお取り潰しでしょうね。

hippoponさんへ

黒うされおんくんに続き、エリザベスちゃんもですか。
一人暮らしだと、よけい喪失感あるでしょうね。南無南無。

れおんさんへ

> やや、これはみたことのないタイプのオカリナ@0@!
> デザインフェスタで素焼きのオカリナを買いました。
> いつかどんぐりの絵を描いてニスを塗ろうと思ってるのですが、ずーっとそのまんま。。。

 おいらはテレビの「悪魔くん」に出てくる
 ソロモンの笛に憧れて、オカリナ買いました。
 久しぶりに吹いてみようかな〜
 アニメ版のはハイテク楽器っぽいね。https://youtu.be/L9JWa2lv7bQ
 

> 紅葉が美しいですね。岩の山肌はあんまりみたことがありません。

 同じ県内でも庄内地方では、
 あんまりこういう岩肌見たことないです。
 けっこう珍しいと思って見物しました。 
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア