土門拳記念館☆☆

2017/09/18 Mon


つ訪れても、その構造美に感心する土門拳記念館。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで星2つなのも納得です。

IMG_0361q.jpg

IMG_0362q.jpg

展示室へ向かう通路で、前をゆくマイマザー。

IMG_0319q.jpg

IMG_0320q.jpg

開催中の企画展示は、
第36回土門拳賞の受賞作でした。

1591-1-20170827111308_b59a22ab44d759.jpg
・小銭をくわえたカラス 梁丞佑(ヤン・スンウー)※館のHPより転載。

「新宿迷い子」と銘された写真集での受賞で、
ドキュメントタッチのモノクロ写真が迫力ありました。

こちらがメインの展示室で「鬼の目 土門拳の仕事」を展示中。

IMG_0321q.jpg

IMG_0323q.jpg

主展示室から分室へつながる廊下。

IMG_0331q.jpg

土門拳が長年車椅子生活だったため、
本人が来館してもよいようにバリアフリー化してます。
34年前の建物としては早いんじゃないでしょうか。

IMG_0354q.jpg

水が流れる中庭には、イサム・ノグチの彫刻が立ってます。

IMG_0355q.jpg

IMG_0356q

勅使河原宏作の石庭。作者の父 蒼風と土門は親友でした。

IMG_0341q.jpg IMG_0343q.jpg IMG_0344q.jpg

土門拳が愛用した品の展示室。

IMG_0337q.jpg

主にスナップショットに使われたニコンSP。
レンジファインダーの名機で、現在でも超高値です。

IMG_0338q.jpg

落款印と万年筆。書や絵画を嗜み、
文筆家でもあった土門らしい所持品です。

IMG_0350q.jpg

IMG_0351q.jpg

館の前景には拳湖。湖畔に草野心平氏の銘石が埋まってます。
ちなみに庄内弁で貝のことを「けんこ」と言うんですわ。

IMG_0333q.jpg

IMG_0348q.jpg

IMG_0335q.jpg

酒田市美術館☆がそうでしたが、ココも空間の使い方が贅沢。

IMG_0336q.jpg
※酒田市美術館はミシュラン☆ひとつ

外に出たら、サギが建物の影で休憩しておりました。

IMG_0360q.jpg

おしまい。


土門拳記念館☆☆ 空撮




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん、こんばんは。

ここは、山形市出張の帰りに行ったことがあります。
酒田までバス、そして酒田から新潟へはのどかな電車。
日本海が美しかったです。
土門拳の写真って、ものすごくせまってくるものあり
るなと思いました。

今は分からないが

20数年前まで、静岡は土門拳信奉者の爺が多くてうんざりしてたんだ。
土門拳が悪いんじゃないよ。解釈の問題。「絶対非演出」が独り歩きしてたんだよ。写真は演出してはならない。モノクロこそ至高。そんなこと土門拳は言ってないのに。

カリスマが居ると、おかしな跳ね上がり信奉者が出るんだ。

不忍の池で夕陽の写真撮ってたら変な爺に「真似するな」って絡まれたことがあった。「前田真三先生がなんとか」言ってたな?
「アングルも違うし、貴方が僕より良い写真を撮れば酔いだけじゃないの?」って言っちまった。

なおさんへ


> ここは、山形市出張の帰りに行ったことがあります。

 山形市のついでに寄るのは遠回りじゃね?
 県内でも相当距離あるよ。


> 酒田までバス、そして酒田から新潟へはのどかな電車。
> 日本海が美しかったです。

 車窓は断然、日本海>太平洋だね。
 北海道出身の知人も、そんなこと言ってた。


> 土門拳の写真って、ものすごくせまってくるものあり
> るなと思いました。

 拳を握りしめて撮ったような力感があるよね。

くまちゃんへ

東京に住み始めるまで、土門拳は知らなかったんだ。
上京してまもなく近くの図書館に行ったら、
写真関係の書棚に土門の著作がズラリと並んでた。
手に取って見て、酒田市出身の写真家だと知った次第。

この記念館が出来たのは、それからすぐだったな。
帰省した時に親父の車で連れて行ってもらったの。

静岡に土門信者が多いって理由はなんだろうね。
もともと写真撮影が盛んで、
師匠みたいな扱いだったのかな。
いずれにせよ、ウンチクオヤジのイチャモンは災難でしたね。(^_^;)

No title

>そもそも創業者の
>ランボルギーニ氏は
>フェラーリ車に
>不満を持ってて
>自分で作ろうとした人ですから。

実は、違うらしいですよ!

当時、ランボルギーニは
トラクターを作っていました。
そこで、儲けた彼は
イタリアのステイタスシンボルの
フェラーリを買いました。
クラッチが壊れ
自社の工場で、修理をしたんですが
部品が、トラクターと同じもの
しかも、値段は三倍!!
そこで、フェルッチオ・ランボルギーニは
「スーパーカーの方が儲かる」と考え
作り始めたそうですよ!
諸説ありますが
信じるか信じないかは
あなた次第(笑)!

No title

ずっと行けてないけど、、鎌倉の近代美術館もこんな感じ。
コンクリート打ちっぱなしと借景と池。
ここは雪景色がまたご馳走ですね。

コバンさんへ

「高級スポーツカーは儲かる」って目論見があったんですね。
でも、オイルショックで70年台後半から
スポーツカーが斜陽の時代に入ります。
ランボルギーニ社もあちこち転売される羽目になっちゃいました。

いずれにせよ、ランボルギーニ氏は
フェラーリに強烈なライバル心を抱いてたようですね。
https://carnny.jp/2220

hippoponさんへ

鎌倉には何度か行きましたが、
八幡宮の敷地に美術館があったのは知りませんでした。

鎌倉市が一般車の通行料を取る、ロード
プライシング制度導入を考えているそうです。

おいらは30年以上前から、鎌倉市内には
自動車規制が必要だと思ってました。

ゴールデンウィークに
鎌倉から江ノ島まで歩いたことがあるのですが、
なんと鎌倉から江ノ島まで、同じ車が脇を
同伴してました。アノ辺りの渋滞は半端ないですよ。(-_-;)

No title

すごい拾い敷地面積ですね。
私はお庭の周りが気になって。。。
きのこありそうで。。。

落款印作ったことがあるけど、
また作りたくなった。
彫刻刀でも彫れそうかどうか調べてみよう!

れおんさんへ

> すごい拾い敷地面積ですね。
> 私はお庭の周りが気になって。。。
> きのこありそうで。。。

 まわりは飯森山公園で木が沢山生えてるから
 キノコいるよ、きっと。(^^)

> 落款印作ったことがあるけど、
> また作りたくなった。
> 彫刻刀でも彫れそうかどうか調べてみよう!

 ハンコって、逆向きに彫らなあかんねんな〜
 おいらも作ってみようかな、まずは彫刻刀買わんと。(^_^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

写真雑誌で

アマチュアの写真指導が優しく丁寧だったから、信奉者がいっぱいた。静岡は戦後まもなくからアマチュアの写真が盛んだったから。
投稿した写真に土門拳から言葉をもらったことを誇りにしてるという爺さんと話したこともある。
ただ、土門拳の言葉が正確に伝わっていたかは疑問だ。
ポンっとぶちあげるスローガンのようなキャッチーなコピーのような言葉に引っ張られているんじゃないのって人が多いんだよね。

名無しコメさんへ

湘南あたりは独特の雰囲気ありますよね。
有産階級が優雅に暮らしてるイメージですかね。

友人の親戚がカネボウ創業者の家系で、
鎌倉のお屋敷に何度か遊びに行きました。
裏がすぐ材木座海岸で夏は泳いだりして、
サンルームの食堂で外国人のお客さんと一緒に夕食。
田舎から出てきたおいらにはまぶしい光景でした。

Re: 写真雑誌で

土門もいい絵を撮るために、場合によっては
演出行為をやったと自分で告白してるんだよね。

絶対非演出(でありたい)くらいにしといた方が無難でしょう。

それより無法行為を平気でやる撮り鉄の方が有害だわ。(-_-;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア