魚拓☆発祥の地

2017/07/20 Thu



日は 海の日

2013_uminohi_main.jpg

え、3日前に終わっただろって?
いや〜本来は7月20日が海の日なんですよ。
ハッピーマンデーとやらで7月の第3月曜日に
なっちまいましたが。

さて、海の日に因んだ話をしたいと思います。

魚拓というものは皆さんご存知でしょう。
釣り上げた魚の形を墨や絵の具で
紙や布などに転写する技法ですね。

46b48238-s.jpg

その魚拓の発祥地は、我が日本国。
海外版のWikipediaにもそう記載されてます。
そして日本語版では、こう記されてます。

魚拓は庄内藩が発祥とされ、日本で現存
最古のものは天保10年(1839年)2月に
現在の東京都墨田区錦糸町付近で釣られた
鮒の魚拓「錦糸堀の鮒」とされている。
9代藩主酒井忠発が釣り上げた鮒であるとされ、
現在は鶴岡市郷土資料館に所蔵されている。

なんと!tsuridou-3.png 鶴岡が発祥の地だったんですね〜(^^)

これが↓その日本最古というか世界最古?の魚拓。

mido02.jpg

おいらはレプリカ見たことあるけど、
鮒としてはかなりデッカイもんでした。

saikogyotaku.jpg

でも何で鶴岡?
その理由もウィキさんに書かれてました。

庄内藩では、幕藩体制に入り、平和な世の中にあって
も、尚武の心を忘れないために海釣りが奨励された。

夜中に鶴岡城下を出立し、夜の山道を20Km以上
歩き、日本海の荒波に「庄内竿」と呼ばれる独特の
長い竿を振って鱈などの大きな魚に立ち向かった。

長い竿を担いで目の効かない暗く遠い山道を歩き、
あれこれ戦略を立てながら釣り糸をたらし、心を
張り詰めながらも静かに獲物を待ち、荒海の中から
一気に大きな魚を釣り上げるのは、武士の道に通じ、
鍛錬にはもってこいであった。

そして、大きな獲物は、「討ち取った敵将の首」に
見立てられ、魚拓にして藩主に献上されたという。

鶴岡市民に「殿はん」と呼ばれて
親しまれていた旧庄内藩主 酒井家17代忠明氏も
結構な釣り好きでいらっしゃいました。
https://ja.wikipedia.org/wiki酒井忠明(1917-2004)

まったく釣果が無い時でも、帰宅すると
「竿に海を見せてきた」と風雅な表現されたそうです。

さすがは宮中歌会始の召人を務められた方ですわ。

f0168873_113354.jpg

人に歴史あり、魚拓にも歴史ありということですかね。

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー



出演者の顔ぶれ見るとしみじみ…



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




っと釣りしてない自分は詳しいこと知らないんだが、

庄内竿って、その道では有名ブランドなんだってね。(*_*)

https://ja.wikipedia.org/wiki/庄内竿

tsuridou-1.jpg

93d9ed3676e680bfa143397c991e6bbf.jpg

fc2blog_2016061916351445d.jpg

加茂水族館前館長 村上龍男氏のブログ。

http://www.murakamitatsuo.com
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

魚拓にルールはあるのかなー。

釣り船屋さんの前に魚拓がいっぱいあるけど、
頭の向きがいつも気になる。

バナーね、引用先に許可が要るかもよ〜

れおんさんへ

> 魚拓にルールはあるのかなー。
>
> 釣り船屋さんの前に魚拓がいっぱいあるけど、
> 頭の向きがいつも気になる。

 魚屋に並んでるのとか食卓の皿に
 のってる魚って、たいてい左向いてるよね。
 日本最古の魚拓も、左向きにして転写したら
 右向いてしまったんじゃなかろうかと。(・・;)
 

> バナーね、引用先に許可が要るかもよ〜

 許可取るのメンドイんで、
 れおんママ似?の魚拓画像に差し替えました。
 ごめんなさ〜い。v-435

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ケジボンさん、こんばんは。

歩いていけるところに釣りの場所が
あるって理想ですね。まぁ、20kmはきつ
そうですが。
庄内竿って、家宝だったのでしょうね。

朋子さんへ

そういうダジャレはパス(回避)しちゃうもんね。
https://youtu.be/Ob2y3e89F94

なおさんへ

> 歩いていけるところに釣りの場所が
> あるって理想ですね。まぁ、20kmはきつ
> そうですが。

 小学校の遠足では、竿担いで加茂まで歩きましたよ。
 あそこは片道20kmもないですけどね。
 
> 庄内竿って、家宝だったのでしょうね。

 伝家の宝刀に匹敵してたんだからスゴイよ。
 現代の価格に直すと、数百万円するかな。

No title

あれ、書いたつもりがない、
ちょっとくたびれ気味でぼ~~としてます。

魚拓は、釣り船やがあったので子供のころよく遠くからみせてもらって、
ポンポンいくつもつくって、
後にお墓の拓本を取るときに役に立ちました。

5里夢中。
往復40キロ。私は、週に40キロでも体がだるくて、、
体力落ちました。
昔は歩くの基本だったみたいですね。

hippoponさんへ

> 5里夢中。
> 往復40キロ。私は、週に40キロでも体がだるくて、、
> 体力落ちました。
> 昔は歩くの基本だったみたいですね。

 江戸時代の旅人は
 1日に8〜10里歩いたみたい。
 kmにすると32〜40キロです。
 徒歩速度を4km/hとして、
 だいたい1日8時間から10時間も歩いてたんですね。
 
 30代にロードバイク(自転車)で
 45キロ走ったら、ヘロヘロになりましたよ。(^_^;)

 http://www.ktr.mlit.go.jp/yokohama/tokaido/02_tokaido/04_qa/index4/answer1.htm
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア