電気うなぎとイエス

2011/02/08 Tue

生物には多少なりとも電気が流れてイマス。

もちろん人間にも。

詳しいことは専門家でないおいらには分からんが、

ミトコンドリアとATP(アデノシン三リン酸

→ちゃん・りん・しゃん。by 薬師丸ひろこ)

が関係してるとか、してないとか。。。

中には強力な電流を発する生物も存在する。

デンキナマズにシビレエイ。

しかしなんと言っても

最強の発電能力を持つのは電気ウナギ。

時に、最高800Vもの電圧を発する。

おいらがよく行く加茂水族館にも、

かつて1mを越える巨大なのがいました。

エサを摂るとき、オシロスコープがバリバリ鳴ってましたなあ。



さて、人間は極度に感情を揺さぶられた時にも

シビレルと表現します。

(ロックに)いかれる 、 興奮する 、 燃える 、

  感動する 、 我を忘れる 、 

(頭の中が)真っ白になる 、

  ゾクゾクする 、 鳥肌が立つ 、戦慄が走る 、

  
電流が走る 、(何が何だか)分からなくなる 、

  電撃を受ける 、(緊張で)ガチガチになる 、

(別世界に)ワープする 、
グルーヴィな(演奏) 、

  ドライブ感のある等々。

これらをシビレルなんて言いますね。

色んなことで皆さん、それぞれシビレタ体験があると思いますが、

おいらのシビレ体験。

そんな感覚が初めてあったのが、このアルバムを聴いた時でした。




高校生の頃、これ聴いてマジ脊髄に電流が走ったんですよ。

空中に漂う浮遊感といいますか、トリップしちゃいました。

アルバム全体の統一感や世界観、そしてこれ以上無い完成度。

さすが、NHK FMの今日は1日プログレ三昧で、

冒頭を飾っただけはありますです。



ご試聴の際には、

ぜひとも、なるべく高品位のオーディオ装置で聴いてくださいまし。



よかったら、ポチっと押してね。

にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

痺れ薬

鳥肌が立つっていうのは比喩だと思っている人もいるけど、音楽で本当に鳥肌が立つことってあるんだよね~。
チャイコフスキーのピアノコンチェルト、デビューしたての頃のアシュケナージの演奏で痺れましたね。そういう経験があると、また痺れたくて色々聴き漁る。危ないですねぇ。
あの演奏、もう一度聴きたいけど、ソ連の崩壊で音源がどうなったのか判らないらしい。

くまちゃんへ

クラシック音楽にはさほど詳しくないんですが、
ロシアには有名なピアニストが大勢いますね。
しかも、ユダヤ系が多い。
旧ソ連時代に前世紀からやって来たような演奏のラザール・ベルマンが
西側に知られて一躍有名になったりしましたねえ。

No title

今、音が聞こえないけど
絵柄と文字からしてイエスの音でしょうかね。

オレも

イエスのラウンドアバウトとかに
シビレタものです。

変速リズムのプログレッシブ
非常にのりにくい
こぶしを振り上げるタイミングがつかめない
音楽なのに、、、しびれちゃう。

ちなみに、オレが一番最初に買った
LPちゃんは、イエスだったり。

まだ、LPがあったんだよねぇ。。。
売り場に。。。

ミ~ナさんへ

ミ~ナ氏もイエスを御存知でしたか。

この3曲だけで30分近いんで、

メモリーが少ないPCだとキビシイかも。

イエスもそうだけど、プログレッシブロックのプレイヤーは

クラッシック音楽の本格教育を受けてる人が多いんで、

曲が複雑で長くなる傾向があります。

それが、パンク/ニューウエイヴ時代に「勿体ぶりやがって」と
 
敬遠されちゃったんですよ。

おいらもそれからパンクに染まった。

ものすごい変化だったね。

あんな狂おしいミュージックシーンは再びあるのだろうか。

なんて、年寄りのおいらは思い出に耽ってますわ。

ところでミ~ナっち、アナログレコードでイエスを聴いたの?

アナログ盤の方が、

音にパンチ力が有ったような気がするのはおいらだけかな。

ビッグ ジェネレイター

ボクが初めて自分でお金を出して
アルバムを買ったのは高校2年生くらいのとき

ボクの家にはCDプレーヤーが無かったので
買ったのはLP、テレビかラジオで聴いて
お気に入りだった。

イエスのビッグジェネレーターでしたよ。

あとは、スティングの2枚組みLP
ナッシングライクザサンを買ったっけかな。

イエスの こわれもの
とかを聴いたのは進学後のズット後
その時はCDだったよ。

レコード盤のほうが音に丸みがあるというか
地面に響く感じがするよね。

一説ではレコードは
音の長時間にわたる大きなウネリも
再現してるから、CDとは違う感じってうわさ。

ミ~ナさんへ

おいらの高校時代、バイト代は本とレコードに消えてた。

プログレッシブロックにのめり込んでたので、
レコードはそこいら中心に聴いてたね。

イエスは「こわれもの」から「究極」位まで聴いたかなあ。
メンバーのソロアルバムまで聴いてた。

その頃はCDなんて誰も想像出来なかった時代。

上京してから、ラジカセを自転車のカゴに入れて、
ヘッドフォン付けて走り回ってた。(笑)

だから、ウォークマンが発売された時、
「これだ」と思った。

アナログレコードを最後に買ったのは、
スタイルカウンシルの「アワ フェイバリッド ショップ」

すでにCDプレーヤーは持ってたが、
ワゴンセールで安かったのと、
ジャケット写真がカッコ良かったので購入。

休日の朝はいつもそれを聴いてたなあ。

後でCD盤も買ったんだけど、物足りなかった。

やっぱり、何かが違うんだろう。

今はリマスタリングが盛んだけど、

アナログ盤の音を知る者が

不満に思ってることが大きいんじゃないかな。

No title

ケジボンさん
こんにちは
シビレル繋がりで電気うなぎと危機とは。
危機ですがラストのカタルシスは凄いものがありますよね!

伝説?の「今日は1日プログレ三昧」は
そんなのがあることを知らなかった為聞き逃し残念な思いをしました。

面白半分さんへ

プログレ三昧は過去2回放送されてて、2回とも聴きました。

1回目には、マンドレイクなんてレアなバンドまで出たので、
「NHKすげ〜!」って唸っちゃいましたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=gYJladCLdes
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
フリーエリア