ニシン長者 青山家旧本邸・その4

2016/11/10 Thu


の3からの続き。

母屋を出ると、左脇に小さな庭があります。

IMG_2553_2.jpg

IMG_2549_2.jpg

こちらはメインの庭園「神庭」

IMG_2960_2.jpg

IMG_2583_2.jpg

親戚の家が昔こんな風な庭だったのを思い出しました。
庄内地方の様式なのかしら。

IMG_2584_2.jpg

IMG_2586_2.jpg

庭の奥にはお稲荷さんが祀られています。

IMG_2590_2.jpg

黒塀に木戸。今にも着物姿の姉はん
(庄内で言う若おかみ)が出てきそう。

IMG_2596_2.jpg

母屋の向かいに建つ、土蔵。
外側を木造の建屋で囲む二重構造になってます。

IMG_3004_2.jpg

IMG_2597_2.jpg

一部が資料館として公開されてます。

IMG_2997_2.jpg

IMG_2996_2.jpg

IMG_2994_2.jpg

螺鈿や蒔絵の塗り物。

IMG_2965_2.jpg

IMG_2966_2.jpg

IMG_2967_2.jpg

黒塗りの水差し。

IMG_2970_2.jpg

べっ甲のかんざし等は今ではたいへん貴重なもの。

IMG_2971_2.jpg IMG_2972_2.jpg IMG_2973_2.jpg IMG_2976_2.jpg IMG_2979_2.jpg IMG_2980_2.jpg

説明書きないけど、鳥かご?

IMG_2982_2.jpg

西洋のテーブルナプキンみたいな折り方してます。

IMG_2984_2.jpg

今も着物は高価なものですが、
ことに昔は所有する数が家の格を表してました。

IMG_2990_2.jpg

IMG_2989_2.jpg

台車を備えた堅牢な箪笥。
箪笥をガードする外枠がある厳重な構造。
酒田箪笥職人の気合いが入った逸品でしょう。

IMG_2987_2.jpg

IMG_2992_2.jpg


後半へ続く


半からのつづき。

最後にニシン漁に関する青山家の歴史資料館へ入ります。

室内の真ん中に置かれた大きな漁船がド迫力。

IMG_2563_2.jpg

北海道での豊漁を祈願したのでしょうか、
アイヌの文様っぽいのが彫られてます。

IMG_2554_2.jpg

IMG_2558_2.jpg

江戸時代から東北・北海道で使われてた
大型の和船が、川崎船というのだそうです。

IMG_2556_2.jpg

"AOYAMA"記名の浮き輪。
外国船から救助される場合を考えてたんでしょうか。

IMG_2565_2.jpg

漁法の説明図。

IMG_2564_2.jpg

船を海から引き上げる器具のようです。

IMG_2559_2.jpg

庄内地方の民族的用具"ばんどり"
詳しくはおいらのブログ記事読んでね。
http://thecrystalskull.blog135.

IMG_2562_2.jpg

家紋入りの屋根瓦。
修繕の際に取り替えたんでしょうか。

IMG_2566_2.jpg

舶来品の陳列ケースに置いてあったもの。

これ、マンドリンだっけ?

IMG_2567_2.jpg

どうやって使うんだろう?全く見当つきません。

IMG_2568_2.jpg

写真は昔、お金持ちの趣味でした。
三脚はイーゼル(画架)と形が似てますね。

IMG_2569_2.jpg

IMG_2570_2.jpg

IMG_2571_2.jpg

さて、ひととおり見終わって外に出ます。

改めて外から旧青山本邸を眺め、その壮観さから
往時のニシン漁の活況に思いをはせる次第であります。

IMG_3003_2_2.jpg

IMG_3001_2_2.jpg

北海道・大立者と聞くと、
北島三郎を思い起こすおいら。
青山留吉さんも、サブちゃんみたいな
面倒見の良い親分肌の人だったんじゃないかな〜(^^)v

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

知る人ぞ知る、稀代の目利き青山二郎

EFBDBCEFBE9EEFBE9BEFBDB3E99D92E5B1B1E4BA8CE9838E.jpg

そしてEUの父と称される、
リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー


360px-Coudenhove-Kalergi_1926.jpg

彼の日本名が青山栄次郎で、

青山二郎の親戚なんだそうです。



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん、こんばんは。

青山留吉さん、あんな小さな船で、北海道へ
行ったのですね。すごい!
庄内は、偉人が輩出する地みたいですね。

No title

力かんじますね。着物、古いののこってて、、
空襲などで亡くならなかったところは残ってるんですね。
色が、、昔の色ですてきですねぇ~。

昔のは裄が短くて私にはむりなんですよ。
今は170センチ超える方も多くて、反物が間に合わないで、見つけにくいようです。

No title

追伸、

香りのいい香水の名前にもなったからがお母さまで、
そして、、
こいのぼりがお城の上がってたそうですね。

なおさんへ

留吉さんに限らず、
北海道へは開拓者が大志を抱いて
大勢渡ったんでしょうなあ。

江戸時代でも、北前船が
北海道の昆布やニシンを運んでました。
その頃のオカズの定番がニシンの昆布巻きですよ。(^^)

hippoponさんへ

着物のことはよく知らないんですが、
丈が大きいのは詰めて着られるんでしょうかね。

> 追伸、
>
> 香りのいい香水の名前にもなったからがお母さまで、
> そして、、
> こいのぼりがお城の上がってたそうですね。

 鯉のぼりが旗印のフランス首相がいたそうですよ。(^^)
 http://thecrystalskull.blog135.fc2.com/blog-entry-623.html
 

No title

だれだけ、、、あ。。
鯛の粗が好きな、、西園寺公望、、と
2,26のことよんでて、この顔に出会ったのでした。

パリ留学でやりやすい講和条件だった。

あ、、トランプにしずかちゃんあえたのかしら??ねぇ。

No title

船の模様いいね〜

あと鳥かご!入り口がもう、自ら、入っていきたくなるような。。。

楽器が弾けたらいいね!

hippoponさんへ

西園寺公は、いい意味で公家のお坊ちゃんでした。
今はこういう日本人いなくなっちゃった。

しずかちゃんは、
のび太に会いに行ったそうだよ。(^_^;)

れおんさんへ

昔は鳥かごとか虫かごは竹ひごで出来てたんだよね〜
ゴム動力の飛行機も竹ひごに紙貼って作ってた。(^^)

縁がない

私達とは、縁がないところです。羨ましい?羨ましくない?どっち?私は、全然羨ましくありません。

senri32さんへ

おいらは縁側がある家は好きだなあ。
ヒラメの縁側も。。(^_^;)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア