ニシン長者 青山家旧本邸・その2

2016/11/04 Fri


回からの続き、母屋の中に入ります。

IMG_2431_2.jpg
※画像はすべてクリックで拡大。

IMG_2432_2.jpg

暖簾に印されているのは、
青山家の家紋"丸に三つ柏"と屋号の"ヤマジュウ"

IMG_2433_2.jpg

(歌舞伎の家にも屋号があるよね、音羽屋、成田屋、澤瀉屋なんての)

入り口からすぐのところが茶の間です。
以後、本邸の間取り図を参照して下さい。

 aoyamatei-1
※図面はすべてクリックで拡大。

IMG_2911_2.jpg

いろり囲んで家族団らんしてたんだろうね。

IMG_2538_2.jpg

今も〜ちゃんと〜動いてる〜お爺さんの時計〜♪

IMG_2495_2.jpg

絵入り砂摺りガラス。
長崎で作られたもので、当時はとても高価だったそうです。

IMG_2820_2.jpg

IMG_2435_2.jpg

茶の間の右隣りが中の間。

 aoyamatei- 2

IMG_2539_2.jpg

仏壇、神棚、書額があります。
ちょっとした来客は、当主が
ここでもてなしてたんでしょうか。

IMG_2540_2.jpg

IMG_2542_2.jpg

えっと、難しい字で読めん。

IMG_2511_2.jpg

柱や梁など、どこもツヤツヤテカテカしてます。
ケヤキ木材の春慶塗りというのだそうです。

IMG_2510_2.jpg

春慶塗りを調べたところ、
高級漆器に使われる技法なのだとか。
あとは仏壇がせいぜいで、家全体に使うのは相当な贅沢。

もちろん仏壇もテッカテカ。

IMG_2438_2.jpg

堂々たる造りの茶箪笥。

IMG_2932_2.jpg

IMG_2822_2.jpg


玄関と玄関部屋

 genkan

玄関は薄暗いです。

IMG_2830_2.jpg

玄関脇が玄関部屋。

IMG_2833_2.jpg

IMG_2894_2.jpg

石庭っぽく炭が盛られてますね。

IMG_2439_2.jpg

IMG_2441_2.jpg

座敷は上下ふた間に分かれてて、
床の間のあるのが上座敷です。

 aoyamatei- 3

IMG_2442_2.jpg

IMG_2443_2.jpg

欄間とかには組子細工が仕込まれてます。

IMG_2445_2.jpg

IMG_2447_2.jpg

長い廊下の梁(はり)は、一本のケヤキ材だそうです。(スゲェ)

IMG_2848_2.jpg

使用人の部屋

 siyonin

IMG_2807_2.jpg

画像では暗く写ってますが、実際は
そんなに日当たり悪くないです。
床の間もありますし、当主は
使用人を大事する方だったのかもしれません。

IMG_2809_2.jpg

IMG_2810_2.jpg



クリックで後半に続く。
半からのつづき。

L字状の渡り廊下からは"神庭"が見えます。

 aoyamatei- 7

IMG_2506_2.jpg

IMG_2508_2.jpg

IMG_2454_2.jpg

IMG_2839_2.jpg

着物が置いてある納戸(物置部屋)。

IMG_2544_2.jpg

ここが離れの奥座敷。

 aoyamatei- 6

IMG_2857_2.jpg

IMG_2859_2.jpg

IMG_2860_2.jpg

IMG_2862_2.jpg

IMG_2863_2.jpg

ご当主だった青山留吉翁の肖像画。

IMG_2451_2.jpg

IMG_2866_2.jpg

IMG_2452_2.jpg

バス・トイレタリー。

旧青山本邸 bas

IMG_2457_2.jpg

桶型の風呂桶(湯船)。

IMG_2456_2.jpg

足を置く所がスリッパ型の陶器なのが面白いね。
ポジションが決まって、外にはじく確率減るし。

IMG_2458_2.jpg

IMG_2846_2.jpg

凝った造りの手洗器。

IMG_2854_2.jpg

こういうの、ウチにも昔あったな〜
下の棒を押し上げると、水が出てくるタイプ。

IMG_2853_2.jpg

その3に続く。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

スクリーンショット(2016-10-25 8.17.10)

業界最大手"洋服の青山"

本社は港区じゃなくて、広島でした〜



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

すごーい!412平米@0@!
ここは寒い地方だから、四方囲まれている部屋が
暖かくてよさそう!

五右衛門風呂はね、底に木の板があります。
大人なら、お湯に浸かる時に体重で沈むのですが、
子ども(たぶん、幼稚園ぐらい)だと
軽いから沈まないのよ。。。
冷たい石の粒状の縁に掴まって、なんとか
板の真ん中に足を置いてそれを沈めたいのですが、
なかなか上手く行かなく、端に足をのせるだけで、
クルッと板がひっくり返るばっかりで
いつまでたってもお風呂に浸かれません。。。
ブルブル震えながら、試行錯誤でお風呂に浸かったことが
今でも忘れられません。
私、結構自立していた(母が手をかけてくれなかった)から
幼稚園の時にはお風呂はひとりで入ってました。
この五右衛門風呂もそうです。
あと、シャンプーを水で薄めて怒られました。
(毎日少しずつ水を足して、どこまでイケルかの実験をしていてついにばれてしまいました)
こうすれば、減らないシャンプーだ!
もう買わなくていいじゃん。
天才!って思ってました。

No title

どこまでも畳で何人でも。
こういううちが機能しないのはもったいないですね。

No title

ケジボンさん、こんにちは。

台所の隣に勝手ってあるのは
どういう部屋なのかな、、、
勝手って台所だと思っていました。

れおんさんへ

五右衛門風呂でググったら、
今も作ってるみたいです。
http://www.credit.yamato8.biz/goem1/goem-guide.htm

釜みたいな五右衛門風呂に浸かってると、
料理されてる具材の気分になれるかな。。(^_^;)

hippoponさんへ

筒井康隆の短編小説に、
どこまでも続く座敷ってのがありました。

夜の奥座敷は怖そうだよね。

なおさんへ

"勝手"で検索すると、"台所"と出ますから、
普通はそうでしょう。

ここの家主が勝手に名付けたのかも。(^_^;)

No title

続き見るの忘れてた〜@0@!
トイレ陶器で特注だね〜
じゃー、あの窓はどこの部屋なんだろ〜?
手を洗うやつ覚えてる!
あの仕組みは子どもながらに
すげー!って思いました。

れおんさんへ

> じゃー、あの窓はどこの部屋なんだろ〜?

 次回、判明します。(^^)


> 手を洗うやつ覚えてる!
> あの仕組みは子どもながらに
> すげー!って思いました。

 水洗トイレになる前、
 ウチでも使ってましたよ。(^_^;)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア