加茂の町を歩く/その4

2016/10/20 Thu


茂の町を歩くシリーズも最終回となりました。

明治以前の加茂は
今のような漁港ではなく、
酒田に匹敵する商業港でした。
その規模は、開港前の横浜を遥かに凌ぐもの。
ひと回りするのに30分かからない小さな町に、
多くの寺や蔵があることから、当時の活況が伺えます。

IMG_8274.jpg

IMG_8387.jpg

IMG_8392.jpg

どの蔵も使われてる様子がなく、
朽ちかけているのが残念。

ちょっと変わった形の稲荷神社。

IMG_8373.jpg

IMG_8376.jpg

IMG_8377.jpg

通りの向こうに見える赤灯台。

IMG_8369.jpg

城下町だった鶴岡旧市内は
小路が数多く残る町並みなんですが、
この加茂の町も負けず劣らず小路が多いようです。

IMG_8380.jpg

IMG_8381.jpg

超絶クランク小路。
軽自動車でも通り抜けるのが困難でしょうね。
つまり、モータリゼーション以前の町割りのままってことです。

IMG_8382.jpg

IMG_8383.jpg

トマー? トマトじゃないよね。

IMG_8384.jpg

公道というより、私道という趣の小路。

IMG_8385.jpg

IMG_8562.jpg

玄関脇に石灯籠がある、ちょっと珍しい造りの民家。

IMG_8394.jpg

IMG_8395.jpg

これって、朝顔それとも昼顔?
写真を撮った時間は昼過ぎなんですが。

IMG_8304.jpg

IMG_8397.jpg

IMG_8398.jpg

花の蜜は蜂たちの為にあるもの。

IMG_8399.jpg

IMG_8412.jpg

IMG_8367.jpg

IMG_8413.jpg

IMG_8396.jpg

最後に加茂の歴史をおさらいしたいと思います。

その歴史は鎌倉時代以前から始まり、
安土桃山末期から江戸時代初期に
加茂の町はほぼ完成したと伝えられてます。

庄内藩酒井家の統治時代(1622-1868)は
北前船の寄港地として帆船の出入りが多く、
大変賑わっていたとのことです。

20010813_tsuruoka_jokamachi_ezu_full.jpg

明治2年の調査では、戸数490、問屋17、酒屋9、
商人が200名以上、背負子(荷物を運ぶ人夫)が80名、
遊女屋が5軒あったと記されてます。
せまい土地にそれだけの人と戸数ですから、
そうとうな繁盛ぶりでしょうね。

商業港としての加茂は明治時代に頂点を極めましたが、
大正時代に羽越線が開通すると漁港への転換が図られました。

6代目尾形六郎兵衛が北洋漁業に着目し、大正から
昭和にかけて動力船による底引き網漁が発展しました。
(この尾形家がアノ洋館の主かと思います)

その後、漁業組合の結成、製氷工場の新設、
県水産試験場の誘致などを進め、漁港の地位を固めました。

kamoko.jpg

昭和5年に山形県水族館(現加茂水族館)が開業。

fstkamoaqua.jpg

現在クラゲの水族館として有名になりましたが、
86年もの歴史があるんですね〜
2年前まであった旧館が建った時は、
北海道・東北で最大の規模だったそうです。

6-1.jpg


おしまい。



いにしえの湊町加茂フォトアルバム

 kamosi-4_2  kamosi-5 _2  kamosi-6_2
※画像はクリックで拡大



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん、こんばんは。

最後のモノクロの写真、みごたえがあります。
時代の変化にも対応する力、庄内の方って
すごいなと思いました。

No title

余り船倉が深くなさそうな帆船。
近海の漁船??なの??
まるで練習船みたいですね。
荘内、なかなか力があって栄えていたんですね、

なおさんへ

昔の方が対応力あった気がします。

今は…(-_-;)

hippoponさんへ

> 余り船倉が深くなさそうな帆船。
> 近海の漁船??なの??
> まるで練習船みたいですね。

 くわしいことは分かりませんが、
 三角帆の船はたぶん外洋船で、
 他所からの寄港なんだと思います。

 
> 荘内、なかなか力があって栄えていたんですね、

 江戸時代は裕福だったんですよ。
 農民が能や歌舞伎やるくらい余裕があったの。
 それが時代が下がるにつれて先細り状態に…(T_T)

小路

小路が好きなので見応えがありました。一軒一軒に人が住んでいて、温かみを感じました。歴史のおさらいまで有難うございます。 一緒に散歩しているような楽しさでした。

No title

こちらは、線路より南は埋め立て地なので、
海側は道が定規で描いたようにまっすぐです。
情緒なし!

今のところは、ギリギリそうじゃないので、
こんな道がたくさんあって、袋小路とか多いんですよ^^
バス道なのに、L字クランクとかもあったりね^^
(戦の時、相手の走る速度を落とすためだったとか)
裏のウナギ釣ってる川だって、水路だったらしく、
成田さん参りをする人たちの宿場町で栄えたみたい。

ケジボンさんのところは城下町だったんですね。
白い厚い壁の倉とか、ちょっと憧れ〜
こうやって、歩いてじゃないと写せない場所はどれもいいね〜

マレ とか トマ は全国ネットかも!

No title

今は映画館がある!
美術館、、、、あ、、、ラーメンの作り方講習の、、、
町おこし、まずは台風のお目作りたいですね。

tugumi365さんへ

コメントありがとうございます。

小路が残ってる町って、
昔からソコに先祖代々住んでる人が多いってことだと思います。
だから通りに人の温もりがするんでしょうね。(^^)

れおんさんへ

> こちらは、線路より南は埋め立て地なので、
> 海側は道が定規で描いたようにまっすぐです。
> 情緒なし!

 若い頃は、おいらもソッチの方が好みだったの。
 キッチリしてて、かっけー…みたいな感じで。


> 今のところは、ギリギリそうじゃないので、
> こんな道がたくさんあって、袋小路とか多いんですよ^^
> バス道なのに、L字クランクとかもあったりね^^
> (戦の時、相手の走る速度を落とすためだったとか)
> 裏のウナギ釣ってる川だって、水路だったらしく、
> 成田さん参りをする人たちの宿場町で栄えたみたい。

 袋小路って、パズルみたいで歩いて面白いよね。
 夢の中でもそんな小路が出てくるんだわ。
 で、奥の方に良さげな居酒屋があんのよ。


> ケジボンさんのところは城下町だったんですね。
> 白い厚い壁の倉とか、ちょっと憧れ〜
> こうやって、歩いてじゃないと写せない場所はどれもいいね〜
>
> マレ とか トマ は全国ネットかも!

 鶴岡の町並みは、そんなに城下町っぽくないです。
 でも、町割りや小路などは江戸時代からそんなに変わってないの。
 ブログに載せた鶴岡の城下町地図の御隠殿の敷地には、
 今も殿様の子孫(旧藩主)が住んでるんだわ。(^^)

hippoponさんへ

町おこしといえば、
鶴岡には、こんな面白い会社があります。
http://akiyamatekkou.tumblr.com/

地方都市は、
首都圏からお客さんを呼ばなくちゃね〜
まずはヒポポンさん、いらっしゃ〜い。(^^)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア