有耶無耶の関は本当にうやむやだった

2016/08/15 Mon


やむやという言葉をウェブ辞典で調べますと、

うや‐むや【有×耶無×耶】[名・形動]

1(有るか無いかの意から)物事がどうなのか
  はっきりせず曖昧なままであること。
 「責任を―にする」「そんな―な結論では困る」
2 思いわずらって胸がすっきりしないこと。

となっております。

2は「もやもや」に置き換えても通じますね。
「うやむやで、胸がもやもやする」みたいな。

実は、有耶無耶の関(うやむやのせき)
というのが山形県境にあるんです。

そして有耶無耶の関には、こんな言い伝えが。

むかし鳥海山に「手長足長」という巨人が棲んでいた。

山から山に届くほど長い手足を持ち、旅人をさらって
食べたり、日本海を行く船を襲うなどの悪事を働いていた。

鳥海山の神である大物忌神はこれを見かね、霊鳥である
三本足の鴉を遣わせ、手長足長が現れるときには「有や」
現れないときには「無や」と鳴かせて人々に知らせた。

以来、鳥海山麓の三崎峠が「有耶無耶の関」と
呼ばれるようになった。(以下略)


なんか進撃の巨人みたいな話。
手長足長の姿はこんな感じです。

Kyosai_Tenaga-Ashinaga-zu.jpg

手が長いのと足が長いの、
別々の怪物なんですね。

しかも、コンビ組んで活動してたみたい。

tenagaasinaga01.jpg

むかし有耶無耶の関があったとされる場所は、
十六羅漢岩から北へ数キロ行ったあたりです。

スクリーンショット(2016-08-14 9.38.57)

ということで、十六羅漢のついでに行ってきました。

「きさかた」は漢字で象潟。難読地名です。

IMG_7588.jpg

三崎峠は昔からの難所で、現在は遊歩道が設置されてます。

IMG_7592.jpg

強風にあおられたりして、
海に落ちちゃった旅人もいるんだろうなあ。

IMG_7590.jpg

手長足長に襲われなくても、
海にポチャンで一巻の終わり。

IMG_7562.jpg

崖に突き出た岩が、吠える獅子のように見えます。

IMG_7584.jpg

おいらも峠越えに挑戦しました。

IMG_7558.jpg

遊歩道を清掃中のおじさんがいたので、
どこが有耶無耶の関なのか聞いてみました。

石碑など無くて正確な位置はわからないが、
山道の奥まったところにある大師堂に行けば、
何かわかるかもしれないとのこと。

a0114224_8275486.jpg ※画像はフィクションです。

ここが三崎峠の旧道で、昼なお暗い鬱蒼とした小道。
いにしえの旅人はここを通ってたんですねえ。

IMG_7572.jpg

大師堂へ向かう途中で立て札が。

IMG_7578.jpg

寄り道して見に行きました。

IMG_7573.jpg

小さな燈台です。

IMG_7574.jpg

こんな藪の中の燈台は初めて見ました。

IMG_7575.jpg

やっとこさ辿り着いた大師堂は、
祠(ほこら)という呼び名がピッタリな神社。

IMG_7567.jpg

有耶無耶の関については、何も記されてません。

IMG_7570.jpg

結局有耶無耶の関の場所はわからずじまい。
この有耶無耶な結果に、
余計もやもやしてしまいました。(-_-;)

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

c0306845_21421263.jpg

手長足長妖怪"ジャンガジャンガ"



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
このバナー、何か もやもやする〜


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん、こんばんは。

とっても不思議な伝説ですね。
ロシア人とか流れ着いたとかなのかな、、、
日本海側って、そういう交流もあったきがする。

なんで?

なんで、私の所より大きいバナーなの?
有耶無耶でも、乗ったとたんに痴漢は無いでしょ。
なんか、万里の長城の様な所ですね。
親不知のような崖じゃなくても、海風きついのかなぁ

No title

今日、麻雀やってきてさ、見事、四暗刻単騎をツモアガリしたよ。

ツイてる時って、スパスパと入ってくるもんなんだよね。ちょっと、ドキドキしちゃったよ。

で、帰りに、ラーメン食べてきた。

なおさんへ

> とっても不思議な伝説ですね。
> ロシア人とか流れ着いたとかなのかな、、、

 さすがにロシア人はひとさらって食べたりしないよ…(^_^;)
 母はロシア革命で日本に逃れてきたきた白人を
 白系露人なんて呼んでます。

> 日本海側って、そういう交流もあったきがする。

 昔の海運の主流はこっちだもんね。

ブッキ〜ナさんへ

> なんで、私の所より大きいバナーなの?

 そうかなあ、目の錯覚じゃないの?


> なんか、万里の長城の様な所ですね。
> 親不知のような崖じゃなくても、海風きついのかなぁ

 夏はまだしも、冬は大変だと思うよ。
 冬の日本海は台風並の強風だもの。
 こっちの主要道には海側に風よけのフェンスが立ってるよ。

朋子さんへ

スーアンコー!スーアンコー!

朋ちゃん、ラーメンおごって。(^^)

No title

ケジボンさん

また物覚えで来た、、ありがとうございます。
朋ちゃんのおっさん的な会話ww
新鮮!!
四暗刻、、おぼえないと、、おぼないと、、

hippoponさんへ

> 朋ちゃんのおっさん的な会話ww
> 新鮮!!

 朋ちゃんは、
 ああ見えて正体はおっさんなんだよね〜
 陰でヒゲやスネ毛をゾ〜リゾリしてるはず。。(^_^;)

> 四暗刻、、おぼえないと、、おぼないと、、

 麻雀は中国語読みじゃないと雰囲気でないんですわ。
 

No title

さすが、日本海です!
こんな絶景はやっぱり日本海側ですよ。

船に乗るとね、夜はもう灯台だけが頼りだと思う^^
あと海上にも灯台があって、こっちだと
市川1とか市川2とか4まであって、
どっち側通行だったか忘れたけど、
例えば、行きは1と2の間の右側だとか、なんかそんな感じ。
もう夜だとその道しるべがないと
全然どこ走ってるのかわかりません。
どこを通って言い訳でもなく、船の安全はそうやって
守られてるんだなーとちょっと感激しました。

最後の人はちょっと嬉しそうですね。
リアルに電車のホームにこんな
カメラもって狙ってる人いましたよ。

れおんさんへ

> さすが、日本海です!
> こんな絶景はやっぱり日本海側ですよ。

 鉄道旅行も日本海側の方が断然景色がいいもんね。


> 船に乗るとね、夜はもう灯台だけが頼りだと思う^^
> あと海上にも灯台があって、こっちだと
> 市川1とか市川2とか4まであって、
> どっち側通行だったか忘れたけど、
> 例えば、行きは1と2の間の右側だとか、なんかそんな感じ。
> もう夜だとその道しるべがないと
> 全然どこ走ってるのかわかりません。
> どこを通って言い訳でもなく、船の安全はそうやって
> 守られてるんだなーとちょっと感激しました。

 夜の海って、おいらすごく恐いんだわ。
 きっとお化けv-38も沢山出てると思う。

> 最後の人はちょっと嬉しそうですね。
> リアルに電車のホームにこんな
> カメラもって狙ってる人いましたよ。

 ブッキちゃんの考えるおいらの姿らしいよ。
 見た目、危ない変質者だよね。(・・;)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア