ふわふわ毛玉

2016/07/23 Sat


道博物館(鶴岡市)で開催中の、

"生田宏司銅版画展"を観てきました。

スクリーンショット(2016-07-19 15.42.52)

作品は、銅版画の一種メゾチントという技法で制作されてます。

おいら知らなかったんだけど、
ものすごく細かい表現ができる技法なんだね。

14924126691_55962e21a4_z.jpg

生田氏の主なモチーフ(画題)は猫と梟。

展示物は撮影禁止なので、ネットで画像を拾ってきました。

10Anniversary・Ⅱ-1

11巣立ち

2013_10_asobitsukarete.jpg

2013_11_ifuu.jpg

2012_12_nekotonekoatamataka.jpg

20130228ikutakoujisan01.jpg

2012_13_alice.jpg

どうでしょう。
猫の和毛(にこげ)、梟の羽毛の
ふわふわした感じが出てると思いませんか?

実際の作品は、もっと細かい描写なんです。

猫や梟に比べれば
数は少ないのですが、
他の動物もモチーフにしてます。

2011_10_tsukiyonobanni.jpg

20130228ikutakoujisan02.jpg

どれも毛の一本一本が丹念に描き込まれてます。

正直言ってペンや筆では、ここまでの
繊細なタッチは表現できない気がします。

jankoramu7.jpg
※梟を腕に止まらせてる生田宏司氏。

生田氏の作品は、米国スミソニアン博物館を始め、
世界中の美術館に収集されてるもよう。

フランスでは毎年のように個展が開かれてて、
結構人気なんだそうです。

redgrassmadam.jpg

赤いメガネのおばちゃんいわく、
「ニースで数年前に展示会で出会った
 Koji Ikutaという日本人が素晴らしかったわ。」
とのこと。


郷土出身でこんな人がいたんだな〜って、
ちょっと驚きました。


おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

qlxZSpYsoVAQEAOw==-1.gif

 ふ わ ふ わ 毛 玉 〜



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ケジボンさん、こんばんは。

いいですね。
好きです。
でも、プレス機が必要なんですよね。

No title

こんばんは
エッチング、古い本の挿絵でみましたけど。
その挿絵が額に入って、高い値段で売り買いされててびっくりしました。
メゾチメントはまた少し別の技法のようですね。

なおさんへ

銅版画は特殊な用具が必要みたいですね。

版画全般すごく手間がかかるもので、
知り合いの漫画家が版画で漫画書いたら、
ものすごく時間がかかってしょうがないとこぼしてました。

hippoponさんへ

エッチングとか美術の教科書で習いましたが、
実際の創作過程は見たことないですね。
手間と労力を考えたら、高価いのも頷けます。

No title

アリスの本見てる猫のやつとってもいいわ〜

黒いうさぎもいた〜

かき氷はやっぱ宇治金時ミルクや!

No title

しりませんでした!生田宏司と言う人を。
とても繊細な美しい版画、引きこまれます
海外でも評価されるのが分かります。
猫と寄り添い、笑っている(?)フクロウの姿が何ともいえない癒し系。
是非、致道博物館に行ってみたいとおもいます。
素敵な情報をいただき、有難うございました。

れおんさんへ

宇治金時練乳かけはおいらも定番ですわ。
しかしイチゴミルクも捨て難いっす。

シュクレ−さんへ

致道博物館の会員券持ってるから行っただけで、
おいらも展覧会観るまで存じませんでした。

帰宅してから、あわててネットで調べて
ブログ記事を拵えたんです。

ぜひシュクレ-さんには実物をご覧頂きたい。(^^)

No title

あたしも、髪の毛をふわふわに描いてもらえるかなぁ?

朋子さんへ

ブッキーたぬき画伯に頼めば描いてくれるかもよ。(^^)v

・・・・・これは、?

なんて繊細な、エッチング!素敵ですね。

なんて見事な、H ing・・って喜べるか~い!・・

みなさ~んこれは、ケジさんの創作ですよ~っ!
私は、関係有りませんからねぇ~!

よくこんなもの合成してGIFにするものですね。WWW

ブッキ〜ナさんへ

おいらのブログは、
困った時のブッキ〜ちゃん頼みなんです。

すご〜く楽しくイジらせてくれるんだもの。

今後もよろしくお付き合い下さい。(^^)v
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア