逝きし世の面影

2016/04/28 Thu


界一貧しい大統領と呼ばれるホセ・ムヒカ氏の来日が、
 しばらくメディア等でとりあげられてました。

スクリーンショット(2016-04-27 16.40.52)
http://matome.naver.jp/odai/2138861428534675801

彼の持論にこんなのがあります。

hqdefault-1-1_2.jpg

パナマ文書で明らかになったように、
十分な富を蓄えた人たちが更に強欲さを増した結果、
世界的に貧富の差が広がっています。

実はね、ムヒカさんの言葉を実践してたのが
かつての日本人
だと、おいらは思ってます。

最近読んだ、渡辺京二著「逝きし世の面影」には、
幕末から明治に来日した外国人の感想が載ってます。

51RD2AS0X7L._SX335_BO1,204,203,200_

その中の第三章「簡素とゆたかさ」から。

『柿崎は小さくて貧寒な漁村であるが、住民の身なりはさっぱり
していて、態度は丁寧である。世界のあらゆる国で貧乏にいつも
付き物になっている不潔さというものが、少しも見られない。
彼らの家屋は必要なだけの清潔さを保っている』
(ハリス,1856)

生きし世の面影_0012

『この土地は貧困で、住民はいずれも豊かでなく、
ただ生活するだけで精一杯で、装飾的なものに
目をむける余裕がないからだ(中略)それでも
人々は楽しく暮らしており、食べたいだけは食べ、
着物にも困っていない。それに家屋は清潔で、
日当たりもよくて気持ちがよい。世界のいかなる
地方においても、労働者の社会で下田におけるよりも
よい生活を送っているところはあるまい』
(ハリス,1856)

生きし世の面影_0011

『日本人が他の東洋諸民族と異なる特性の一つは、
奢侈贅沢に執着心を持たないことであって、非常に
高貴な人々の館ですら、簡素、単純きわまるものである。
すなわち、大広間にも備え付けの椅子、
机、書棚などの備品が一つもない』
(カッテンディーケ)

生きし世の面影_0010_2

『彼らは皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。
一見したところ、富者も貧者もない。ーこれが恐らく
人民の本当の幸福の姿というものだろう。私は時として、
日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果たして
この人々の普遍的な幸福を増進する所以であるかどうか、
疑わしくなる。私は質素と正直の黄金時代を、いずれの
他の国におけるよりも多く日本において見出す。
生命と財産の安全、全般の人々の質素と満足とは、
現在の日本の顕著な姿であるように思われる』
(ハリス,1857)

生きし世の面影_0011_2

『貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない』
(チェンバレン)

生きし世の面影_0013_2

『金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。......
ほんものの平等精神、われわれはみな同じ人間だと
心底から信じる心が、社会の隅々まで浸透しているのである』
(チェンバレン)

生きし世の面影_0010


このように、日本人は「足るを知る」人たちでした。
http://kotowaza-allguide.com/ta/tarushirumonotomu.html

当時の日本が理想郷なんかではなかったにせよ、
外国人の目には、楽園(パラダイス)のように映ってたんです。

生きし世の面影 生きし世の面影_0005_2

生きし世の面影_0001 生きし世の面影_0003

2013032906380686e.jpg 生きし世の面影_0004_2

生きし世の面影_0008 生きし世の面影_0007

生きし世の面影_0006

20130218103641.jpg


この【遺きし世の面影】という著書は、
海外からこんなに褒められるニッポンはすごいぞ!ヽ(^-^)/
ってな昨今巷にはびこってる自己愛本ではありません。

日本の近代化を外国人の目を通して
著そうとする、文明史の大作と言えましょう。

51MQ9F98Q6L.jpg
http://www.amazon.co.jp/dp/4582765521


長いあいだ鎖国してた島国の日本が、
開国して西洋文明を受け入れる際に、
日本文明の特徴が多く失われました。

それを嘆いてたのが、失うきっかけを作った
西洋人。これほど皮肉な事はないでしょう。

20121005_2691386.jpg

悲しいことに、明治維新のころの日本人は
西洋文明を取り入れるのに必死で、
自らをかえりみる余裕がなかったんですよ。(-_-;)

bigot.jpg


おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


f0208737_8474880.jpg

クール・ジャパンってのは、

img_0-1.png
getImage-a.jpg

お寒い日本ってこと?


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

経費使いまくりの都知事に
怒りのクリック攻撃を!


ブログランキング・にほんブログ村へ

猪瀬氏、舛添都知事をバッサリ「おかしい」
 別荘へ「公用車で行く必要なし」http:jp



人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

ホットジャパニーズ

現役、それも若かった頃の松岡修造がハングリー精神について語ってたな。
うろ覚えだけど、経済的にハングリーだった人が豊かになったら、守りに入ってハングリー精神が失われるが、僕のハングリー精神の対象は違うから衰えることはない。というような

くまちゃんへ

松岡修造は東宝会長の御曹司で、
阪急の創始者小林一三の孫。

物質的な豊かさが目標だったら、
苛酷なプロテニスプレーヤーは目指さないよね。

No title

彼は与えられたものの中に出なく自分お力の中に
自己実現を果たした。
果たせないと、ただのはぐれぼんになっちゃう。

好き勝手で来たのは、お金持ちだったからなんだけど、、

No title

ケジボンさん、こんばんは。

天地明察とか読んだりしていて、
江戸時代を再認識する気がしました。
戦いのない平和な社会をどうすれば
つくれるのかって、考えていたような。
明治時代になって、将軍と違って、天皇はそういう
平和ってあまり考えられなかったのかも?
江戸300年って、意味のあることだったのかもね。

hippoponさんへ

修造は自分に厳しいだけでなく、人に指導するのも厳しい様です。
https://youtu.be/ze54apRRFSg

なおさんへ

外国の学者で江戸時代を評価してる人は多いよ。

アメリカ人社会学者のスーザン・ハンレー
「18世紀、19世紀の庶民に生まれるならば、
 私は日本人に生まれたかった」

リサイクルの仕組みが発達してて、
環境に負担を掛けない極めてエコロジカルな社会だったらしい。

明治天皇自身は平和主義だったみたい。
http://www12.plala.or.jp/rekisi/meijitennou.html

ただバックにいる薩長の連中が。。。(-_-;)

面影

う~む 素晴らしいイラストですね
 生活の中の道具が 正確に描きこまれている
昔の鎖だったり 井戸のつるべの仕組みだったり
家屋の窓だったり 写実的に表現されていますね
 なにげない木組みに 生活が見えてくる様です

この背景で初めて人が生きるって事でしょう
 いま 熊本で行われている被災救援合戦でも
足るを知る 戦いなのでしょうね 

被災で支援を受けた立場なのですが 
自治体の練度の無さ リーダーシップ舵取り
が まるで他人事のように流れている様です

自治体にべったりくっ付いて 良い子ちゃんを
していれば 支援が続き 良い思いが出来ますが
 乞食の腐った方の端に 気持ちまで移ってしまう

報道の姿勢をみても 河原乞食と言われても
仕方ない様な 泥試合 欲望丸出しのだらしなさ・・

九州って色んな方面からの人種のるつぼのようです
 親父が長崎の平戸口に転勤していって 嘆いていた
のを思い出してしまいました 東北人とは根本が
違う 考え方が ・・割り切りが・・ 異文化ですよ

やりきれない すっきりしないのはなぜ でしょうか
 難しいと一言で片附けてはいけない様に思います

自分に問いかけて 足るを知ったかと反省しています

No title

けじぼんさん!
素敵な映像!
松岡君は、若い、人柄もいいですねぇ。
また、錦織君の悔し涙も、、響くのね、、響く子をもって、
そだてがいがあったでしょうねぇ、

爽やかな映像、、ありがとうございます!

ブッキ〜ナさんへ

イラストにある
囲炉裏の前に座ってるお婆さんは、
今もいそうだよね。
少なくともウチの祖母はあんな格好してたよ。

足るを知るをしなくなったのが、
昨今の日本人ではあるまいか。
それでもまだ隣国よりはマシなようだけど。

hippoponさんへ

熱いよね〜彼は。

それでちょっと空回りしちゃうこともあるけど。(^_^;)

No title

なんか難しくて、理解出来なかったけど、

私は贅沢を好まない。
あと人をうらやましいとか思わない。
それはそう躾けられて育ったからだと思う。

だから人の持ってる物をケチつけたり、
不平不満ばっかり言ってる人の側にいると
とってもしんどい。(これ、日々、最大のストレス)

服だって、娘のお下がりばっかりだし、
なんだって修理するか、買かないで作っちゃうし。

でもそんな人ばっかりじゃ、経済が回らないんだよね〜
と思って、買わなくちゃ!とか思うけど、
いざお店に行っても、欲しいものすらない。。。

キノコやノビルやヨモギを穫ってるときが一番楽しい。
(釣りはお金が結構かかるので後ろめたい時があるよ)

れおんさんへ

> 私は贅沢を好まない。
> あと人をうらやましいとか思わない。
> それはそう躾けられて育ったからだと思う。

 多くの日本人は、そうだったと思うよ。
 そして、それが美徳だとされてた。

> だから人の持ってる物をケチつけたり、
> 不平不満ばっかり言ってる人の側にいると
> とってもしんどい。(これ、日々、最大のストレス)

> 服だって、娘のお下がりばっかりだし、
> なんだって修理するか、買かないで作っちゃうし。

 娘さんのお下がりが着れるって、
 ある意味すごく羨ましがられることだよ。

> でもそんな人ばっかりじゃ、経済が回らないんだよね〜
> と思って、買わなくちゃ!とか思うけど、
> いざお店に行っても、欲しいものすらない。。。

 必要ない出費なんて、することないよ。
 自分がいいと思った物は、大枚はたいてでも買う。
 それでいいんじゃね?

> キノコやノビルやヨモギを穫ってるときが一番楽しい。
> (釣りはお金が結構かかるので後ろめたい時があるよ)

 クルーザーでカジキマグロ釣るわけじゃないから、 
 後ろめたいほど金かからないでしょ?
 海風に吹かれての釣りは、精神的にもGoodなはずだよ。
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア