鶴岡シルクと発明王

2015/09/25 Fri

ログネタにしようかと、

郷土の偉人斎藤外市を調べてたら、

こんなサイトを発見しちゃいました〜(*_*)

スクリーンショット(2015-09-16 8.21
http://shirimasyounai.exp.jp/?page_id=16

どうやら、頼まれてもないのに

庄内地方をワールドワイドに発信する

使命に燃えてる?お二人方のようです。^^;

127-300x169.jpg

この愉快なオッサンふたりの力作動画は

後で見てもらうことにして、

郷土の偉人斎藤外市(さいとうといち)を紹介致しましょう。

IMG_4258.jpg
斎藤 外市 (1865年・慶応元年ー1926年・大正15年)

実は彼、ドクター中松もビックリの発明家でありました。

note1_image.jpg

斎藤外市の発明したものを列記してみると、

斎外式力織機
繻子製織機
コール天織機
タフク織機
タオル織機製糸無断装置刺繍織機
人造絹糸の製造方法
砂鉄をもって製鉄する方法

などなど主に織物機械を発明していました。
それも電動の自動織機を。

IMG_4253_2_2.jpg

そうそう、自動織機といえば
トヨタ自動車の礎を築いた『豊田佐吉』が有名ですよね。

140239590467002226225.jpg

同じ時期に自動織機を発明したふたりは、
絹/東の斎藤外市、綿/西の豊田佐吉と呼ばれてたそうです。
そして佐吉と共に藍綬褒章を受章しているんです。

ranju-5.jpg

斎藤外市は、織機の他にも
軍用機器を多く発明しておりました。

飛行機
飛行船
潜航艇
軽気球
改造水雷艇
飛行機より信号で操縦する水雷
十連発小銃


製作した飛行機の試験飛行を
赤川の河川敷で行ったとの記録が残っております。
飛行距離は20m程度でした。

img_0 07-29-50

ジュール・ベルヌのSFにでも出てきそうなデザインの潜水艇。

IMG_4253_2.jpg

数々の発明で地域の発展に貢献した斎藤外市。
勲章までもらった地元の英雄だったはずの彼は、
意外な終末を迎えます。

油田、ガス、開拓事業にまで手をのばしたあげく、
失敗して多額の借金を背負ってしまったのです。

kanedukai.jpg

それまで彼を持て囃していた人たちは、
手のひらを返すように冷たくあしらいました。

199.png

そして大正15年に寂しくこの世を去り、
彼の偉業も次第に忘れ去られました。

同じ様な発明をした豊田佐吉は、
世界的企業のトヨタを作り上げたというのに。

ひとりだけ優れた人がいても、
まわりに理解ある人がいないと、
なかなか事業は発展しないってことでしょうね。

彼の死後、その業績を知る人達によって、
鶴岡公園に彼の銅像が建てられました。

IMG_4160.jpg

IMG_4161.jpg

IMG_4162.jpg

ちょっと、ドボルザークに似てね?

pia0082038dvorak.jpg

斎藤外市はこんな言葉を残してます。

「発明は俺の生命だ。俺の1つの病気だ。」


発明三昧で一文無しになっても、
彼にとっては本望だったのかもしれません。

おしまい。(オマケあり)

彼岸に斎藤外市さんのお墓参りしてきました。

鶴岡市長沼にある長雲寺。
IMG_4293.jpg

ご住職さんに尋ねたところ、ここが外市さんのお墓だそうです。
花を手向けてお祈りしました。
「おいらを発明王にしてくんろ」って。。
IMG_4286.jpg

https://youtu.be/-5KtJWxozWM

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



かたち(2)・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
かたち(2)・・ブログトーナメント
おかげさまで優勝しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

はっ!

はっ!つめを 忘れていたぁ~

 よし明日は ペディキュアの記事書こうっと

 発明王ときたのかぁ~・・・

No title

ケジボンさん、こんばんは。

へえぇ、そういう方がいたんですね。
鶴岡が、絹織物の生産拠点だったの
かな? 意外に知られてないですね。


ブッキ〜ナさんへ

おいらは発明王エジソンよりも
ニコラ・テスラの方がスゴイと思いまんす。

http://youtu.be/xzH9rfRoLr0

なおさんへ

> 鶴岡が、絹織物の生産拠点だったの
> かな? 意外に知られてないですね。

 日本で絹の生産から加工、商品販売まで通してやってるのは、
 鶴岡と他のどこか2箇所だけだと聞きました。
 他には日本初の農業電力化とかも。
 http://www.weblio.jp/wkpja/content/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E4%B9%9D%E5%85%B5%E8%A1%9B_%E6%9C%A8%E6%9D%91%E4%B9%9D%E5%85%B5%E8%A1%9B%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81

No title

おはようございます。
郷土の偉人のご紹介ありがとうございます。
ケジボンさんの探求心は、こういう土壌から?
刺激になります。

No title

ひとつの病気とは言ってるけれど、
それ分かる気がする〜
どんな場面でもコレこうするとアレになる?
アレつかえばコレ出来るんじゃん?
とか今は常に出てくる。
でも、それは元々そういう訳ではなかった。
学校の先生が某企業の商品開発の分野で
活躍していた人で、これからの時代物事を
そのように考えるクセをつけなさいと、
例え話で説明してくれた。
今その内容はすごく役に立ってるなー。
もうちょうど30年前の話だけどね。

ピザの記事。。。昔のコメントは読むと恥ずいな。。。
おめでとうございます!

No title

あたしんとこは、相田みつをがいるよ。

なぜか、ケジボンさんとは、お郷里自慢に張り合っちゃいますね。

女装も、一つの病気ですよね。

Re: No title

> 郷土の偉人のご紹介ありがとうございます。

 どういたしまして。
 全国的に知名度は低くても、
 探せば地元にもそれなりの人物はいるのですね。


> ケジボンさんの探求心は、こういう土壌から?
> 刺激になります。

 探究心というか、
 ブログネタになりそうなのを物色してるだけですよ〜^^;

れおんさんへ

よくれおんママも寝食忘れて研究に没頭してるよね。
あんまり無理すると、
本当の病気になっちゃうよ〜
れおんくんも心配してるよ。^^;

> ピザの記事。。。昔のコメントは読むと恥ずいな。。。
> おめでとうございます!

 ありがとうございます。
 おいらも、れおんくんのところに
 書き込んだ昔のコメント読み返すとしたら、
 赤面v-402しちゃうだろうなあ。

朋子さんへ

ちょっとみつをってみました。

つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの

ワイルドに生きていいのさ ケダモノだもの

リンゴやミカンでいいのさ 果物だもの

女装したっていいのさ 朋ちゃんだもの

              みつを (^^)v

道徳の時間に

豊田佐吉のお話勉強しました♪
立派な人です。

ブログも理解していただける方々が
周りにいないと続けられません
はじめてから
いろんなブロガーさんに遊びに来ていただけて
ももは幸せ♪

ももさんへ

> 豊田佐吉のお話勉強しました♪
> 立派な人です。

 地元の偉人の話を聞くだけで、
 子供たちの自信につながるんだよね。
 自分でもできるんじゃないかって。(^^)v


> ブログも理解していただける方々が
> 周りにいないと続けられません
> はじめてから
> いろんなブロガーさんに遊びに来ていただけて
> ももは幸せ♪

 コメントがなくて、やめちゃったブログって結構あるんだよ。
 おいらも、ホントありがたいと思ってます。
 

名を遺すには

発明しただけじゃ足りない。それで稼がないと。ってことかな?

> コメントがなくて、やめちゃったブログって結構あるんだよ。

訪問があっても、コメントが入らないと、見てくれたという実感がないんだよね。
「コメントはブログの米だ。」なんちてv-8

くまちゃ~ん

座布団1枚!
コメントはブログの米ですね♪

くまちゃんへ

> 発明しただけじゃ足りない。それで稼がないと。ってことかな?

 豊田佐吉と斎藤外市の違いは、
 実業家としての能力の違いかもしれません。
 エジソンは実業家として財を成したのに比べ、
 ニコラ・テスラは貧困から抜け出せませんでした。
 

> 訪問があっても、コメントが入らないと、見てくれたという実感がないんだよね。
> 「コメントはブログの米だ。」なんちてv-8

 批判のコメントも、
 「見てくれている」って実感できるから、
 全く無いよりもずっと有難いもの。

 好きの反対は嫌いじゃなくて、
 無関心と言われるみたいにね。

ももさんへ

> 座布団1枚!
> コメントはブログの米ですね♪
 
 v-285ちゃんのコメントが冴えてるのは、
 新米の季節だからかもしんまい。。。(^_^;)

山田君

座布団取って~(笑)

Re: 山田君

> 座布団取って~(笑)

 ももちゃんにダメ押しされた〜
 もう、おしんまいだ〜(^_^;)
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア