FC2ブログ

鶴岡の鶴岡による鶴岡料理

2017/11/23 Thu


の命日に合わせて帰省した兄と母と、

鶴岡市内で評判高い人気和食店で、会食しました。

スクリーンショット 2017-11-22 12.03.00

[すず音]さんは「鶴岡料理」を掲げており、
鶴岡市および庄内地方からのみ素材を調達する
という、究極の地産地消のこだわりを貫いてます。

スクリーンショット 2017-11-22 17.36.42

調理人のプロフィールも華麗な経歴。
そんなこんなで、否が応でも期待が膨らんじゃいます。

IMG_0823q.jpg

IMG_0827q.jpg

案内された「すみれ」の間。

IMG_0824q.jpg

IMG_0825q.jpg

鳥籠のような器に入った前菜。

IMG_0766q.jpg

母は、上に付いた陶製のウサギを
剥がそうとしてました。(^_^;)

IMG_0768q.jpg

お品書きを読む母。

IMG_0771q.jpg

これが”鶴岡料理”の献立表。

IMG_0772q

さて宴の始まりです。
前菜の鳥籠覆いを開けると中は…

IMG_0776q

左が庄内柿のクルミ和えで、右が海老寿司。

IMG_0778q

もって菊と鶏胸肉とカブのかやくマリネ。

IMG_0779q

蓋付きの器の中は、さごちと秋野菜の琥珀ジュレかけ。

IMG_0781q.jpg

どれも繊細な盛り付けですな〜 (*´∀`*)

IMG_0780q.jpg

前菜の盆を退けると、色紙が現れる趣向。

IMG_0782q.jpg

お吸い物の吹き寄せ雑煮椀。岩海苔がアクセントになってます。

IMG_0783q.jpg

お造りは庄内の地魚四種盛り。
左右に醤油と煮きり酒、お好みで。

IMG_0786q.jpg

魚の種類は何んだったけかな…忘れた。(-_-;)

IMG_0787q.jpg

お造りとは別に、箸休めとして出された
甘海老(ホッコクアカエビ)。すごくデカくてビックリ。

IMG_0790q.jpg

つぶらな瞳がチャーミング。

IMG_0792 (1)

一人前ずつアルコール燃料で御飯を炊きます。

IMG_0795 (1)

砂時計の砂が落ち切ったら、炊きあがり。

IMG_0793q.jpg

色んな食材を重ねて揚げた天ぷら。

IMG_0799q.jpg

万願寺唐辛子、海老射込み、茄子、海老真丈、オクラ、南瓜。

IMG_0800q.jpg

食事はまだまだ続きます。

後半へ続く。


続きを読む

スポンサーサイト



グルグル回るグーグルカー

2017/11/16 Thu


岡市内で派手なカラーリングの車とすれ違う。

一瞬「アレ?何だろ、どこかで見たような…」

すぐにグーグルカーだと気付きました。

20130701_164405.jpg
※画像はネットからの拾い物、以下同。

グーグルカーというのは俗称で、
正式な名前はストリートビューカー。

グーグルマップでお馴染みの
ストリートビュー撮影に特化した車です。

車種は色々あるのですが、
アジア中心に使用されてるのは、スバル
インプレッサとトヨタプリウスだそうです。

GoogleStreetViewCar_Subaru_Impreza_at_Google_Campus-2.jpg
グーグル本社前に置かれたスバルインプレッサ。

屋根に乗ってる球状カメラで
360°の全方位を撮影してます。

数年前まで大都市中心だったストリートビュー。
おいらはソレが羨ましかったのですが、
今は鶴岡の市街地はもちろん、
山の中まで見られるようになりました。

『怠惰なおいらの散歩術』
 http://thecrystalskull.blog135.

自動車が行け(入れ)ない場所は三輪車使ったり、

4777487107_016c43bed0_o.jpg

人が背中にカメラしょって撮影してるみたいです。(^_^;)

9546357127_78e608e479_z.jpg

グーグルカーでおいらが感心したのは、
原発事故の被害地で、いち早く撮影始めたこと。

情報が途絶してる中、その活動は重要でした。
日本のヘタレなジャーナリストより勇気あると思ったよ。

★IMG_2955_small
浪江町内を走るグーグルカー(2013年撮影)


浪江駅構内(今年9月撮影)※視点は自由に変えられます

グーグルは自動運転にも力を入れていて、
将来は無人のグーグルカーが世界中を
グルグル撮影して回ることになるかも。
それって、文字通りの「自動車」だよね。

front-lights-view-1.jpg

世界中のあらゆる事象を
データベース化しようとしてるグーグル。

今後も目を離せない会社でありますなあ。

akatsuka10-hp-1.png
赤塚不二夫生誕75周年記念ロゴ(2010/09/14)

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー



グーグルカーには気をつけよう!


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



れおんくんフォーエバー

2017/11/12 Sun


ブログに幾度か登場した、
黒いうさぎくろうさのれおんくん。

先日、月に旅立ったとの報告が
れおんくんのブログ上でありました。

享年12歳は、兎の世界では大往生だそうです。
そんなくろうされおんくんの足跡をたどってみたいと思います。

これは本人の代わりに、ぬいぐるみを旅行させる
という記事のもので、ウナギのぬいぐるみを被った
れおんくんです。ウナギとウサギを掛けたダジャレ。

unatora.png

これもダジャレで、うさぎのダンスと
兎の箪笥を掛けてます。(^_^;)

usatansa.jpg

物の数のかぞえ方にも登場。
れおんくんはいつも辛口なコメントしてました。

usatan.jpg

使用許可いただいたくろうされおんくん画像以外は、
おいらのヘタな手書きイラストで代用。

romanesco.png

手だけの出演(手タレ)もしてもらいました。

スクリーンショット 2017-11-09 7.23.26

そして、旬の野菜が大好物の
グルメなウサギさんでもありました。

6qjD7oIKZOiOBTPEyBQV8lSBpTD0DkroMFlYgVdeyyiwL7r89AsIADs=.gif

くろうされおんくんブログに掲載されてたプロフィール。
めっちゃマルチタレントなウサギさんだったのです。

どんぐり料理研究家のぼく黒いうさぎのれおんです。
トリュフ、ポルチーニ、モリーユなど高級キノコを
探すのが得意です。ウナギ、ハゼ、テナガエビ、シー
バス、ホンビノス東京湾の獲物なら任せてね!
日本農業新聞 食農の料理コーナーただいま連載中〜 
釣り雑誌『磯・投げ情報』にも時々登場します〜
日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』に
どんぐり料理で出演しました〜


ブロ友なおさんの飼い猫エリザベスちゃんも
先日亡くなったとの記事が上がってました。
人も動物も、親しくしてた関係を喪失する
悲しみは、何かで贖えるものではありません。
でも、魂でいつも繋がってると、おいらは信じてます。

だからいつも一緒にいるんだよ。
れおんくんも、その他のパートナーたちも。
永遠に・・・


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



秋の最上峡その他

2017/11/08 Wed



山町や肘折温泉へ赴く道中、

あちこちで紅葉の風景を目にしました。

そんな最上地方の秋景色、まずは本合海の紅葉から。



IMG_7313a.jpg

IMG_7325a.jpg

次に白糸の滝ドライブインからの最上峡の眺め。



IMG_7339a.jpg

IMG_7326a.jpg

IMG_7334a.jpg

肘折に向かう途中で見た崖。



IMG_7351a.jpg

岩肌をクローズアップ。

IMG_7357a.jpg

棚田があるようなんで、寄り道してきます。



IMG_7378a.jpg

IMG_7364a.jpg

IMG_7372a.jpg

「まほろば」と呼びたくなる晩秋の棚田です。

IMG_7380a.jpg

肘折にほど近い湯の台高原。



IMG_7521a.jpg

ロマンチックな紅葉のトンネル。

IMG_7525a.jpg

写真とってたら、ロードバイクのお兄さんが
手を上げて通り過ぎていきました。

IMG_7532a.jpg

突如あらわれた真っ赤な野原。

IMG_7528a.jpg

IMG_7535a.jpg

近づいてみると、刈り取られた後みたい。
赤い草の種類は何だろうか。

IMG_7547aqjpg.jpg

いやあ、探せば思いがけない景色に出会えるもんですね。

IMG_7549a.jpg

おしまい。


日本の棚田百選 四ケ村 ほたるの里




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



秋の肘折温泉

2017/11/04 Sat


の多い山形県でも、ダントツで積雪量が多い肘折(ひじおり)。

スクリーンショット 2017-10-31 7.12.02

雪が積もらない今の内にと、行ってきました。

IMG_7400a.jpg

前行った時には無かった、赤いループ橋。
橋を下ると肘折温泉郷に入ります。

IMG_7406a.jpg

数年前の土砂崩れ災害の後に出来た様です。

IMG_7414 (1)

横から見ると、ジェットコースターみたい。

IMG_7510a.jpg

肘折温泉は肘折カルデラ、つまり噴火口にありまして、
そこは火山のマグマ溜りの上なんだそうです。(恐わ)

IMG_7448a.jpg

狭いクランク状の小路の両脇に、旅館が立ち並んでます。

IMG_7438a.jpg

温泉街の中心部は、縦長のアングルで
撮影しないと、画面に収まらないっす。

IMG_7439a.jpg


IMG_7444a.jpg


東北の温泉地には必須の土産品こけし。
もちろん肘折もその名産地のひとつです。

IMG_7505a.jpg

昔の湯治場の雰囲気を残す、温泉オブ・ザ・温泉って感じ。

IMG_7449a.jpg

IMG_7447a.jpg

IMG_7450a.jpg

戸袋のデザインに凝るのはこのあたりの
特徴で、銀山温泉などでも見られます。

IMG_7504a.jpg

IMG_7452a.jpg

IMG_7451a.jpg

IMG_7454a.jpg

味のある郵便局。たまに
この前で音楽会とか開かれるんだそうです。

IMG_7456a.jpg

旅館のお兄さん、掃除中。

IMG_7506a.jpg

居酒屋?雑多な感じがいい。夜は盛り上がってそう。

IMG_7459a.jpg

この温泉街で一番由緒ありそうな丸屋旅館さん。

IMG_7461a.jpg

IMG_7462a.jpg

IMG_7464a.jpg

提灯と暖簾は和の象徴やね。

IMG_7465a.jpg

名前がいいね、湯守小屋。ヒゲのお爺さんが番してそう。

IMG_7470a.jpg

温泉街の一角に鎮座する神社。

IMG_7467a.jpg

おじさんたち、おみやげ買ってご満悦の様子。

IMG_7473a.jpg

ここのお団子だったのね。

IMG_7476a.jpg

大友屋旅館さんの前にあった、飲泉の無料サービス。

IMG_7496a.jpg

肘折のお湯は胃腸に良いみたいで、
前に飲んだ時は、あとで猛烈に食欲わきました。

IMG_7497a.jpg

IMG_7499a.jpg

では、さっそくいただきます。
いや〜効く〜〜(^^)

IMG_7498a.jpg

ふと視線を落とすと、カメムシ(俗称ヘッピリムシ)が。

IMG_7500a.jpg

この時期増える亀虫と紅葉で、秋の深まりを感じました。

IMG_7484a.jpg

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

1509733920NXNf0gBrv09exct1509733811.gif

五穀豊穣の女神到来で〜す(^^))


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア