ダッサイはダサくない

2016/11/30 Wed


ないだの父の一周忌に訪れた、

兄夫婦にもらったお酒。

IMG_8728.jpg

日本酒好きにはたまら〜ん、垂涎のお酒です。

IMG_8729.jpg

IMG_8730.jpg

これ、手に入りにくいお酒なのよ。
いつか飲んでみたいと思ってたところでした。

IMG_8731.jpg

IMG_8732.jpg

醸造所は山口県岩国市にあります。
聞き忘れたんだけど、兄嫁さんは
山口出身なんで、ツテがあったのかなあ。

IMG_8734.jpg

愛用のぐい呑みで、チビチビといただきます。

IMG_8736.jpg

喉をスルっと通り過ぎる、
ウルトラスムーズな感触。
アルコールのとげとげしさはありません。

甘口でも辛口でもなく、旨口?
そう表現するしかない味わいです。

箱に入ってた説明文を読んでみます。

dassai_0005.jpg

dassai_0008.jpg

"酔うため 売るための酒ではなく 味わう酒"

なんかわかるな〜
お酒だから飲んだら酔うけど、
酔ってからは、もったいなくて飲めないもの。

てなわけで毎日一杯づつ飲んでます。

ちなみに"獺祭(だっさい)"とは。
獺(カワウソ)には自分のとった魚を
並べる習性があり、その様子が
人が物を供えて先祖を祭るのに
似ているところから名付けられました。
別名、獺祭魚。おそまつり。うそまつり。


モーニング連載中の"会長島耕作"
このシリーズいつまで続くんかい?と思いつつ
読んでいると、こんなのがありました。

dassai_0004.jpg

作者の弘兼憲史は山口県岩国市出身で、
島耕作も岩国出身という設定になってます。

dassai_0002.jpg

変名になってますが、
獺祭の旭酒造を描いたものと思われます。

dassai_0003.jpg

獺祭をもじって喝采…
なんかそのセンスはダッサイ感じがするな〜(^_^;)


おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー



カワウソ、かわえぇ〜(*´v`*)



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

本間家別邸庭園

2016/11/28 Mon


亀園、總光寺蓬莱園、玉川寺庭園と

続きました庄内名庭園シリーズ。

今回がラストです。

「本間様には及びもせぬがせめて成りたや殿様に」の句で

お馴染みの酒田本間家。その別邸である清遠閣の鶴舞園です。

USER5723.jpg

先に清遠閣を見学します。

USER5628.jpg

清遠閣には、皇太子時代の昭和天皇がお泊りになられてます。
内部は撮影禁止なので、画像は玄関だけです。

USER5620.jpg

玄関前の車寄せへのアプローチ部分。

USER5619.jpg

USER5618.jpg

門脇の守衛所が、イカニモ富豪のお屋敷っぽいです。

USER5624.jpg

形は違えど、迎賓館(赤坂璃宮)にもあります。

E8BF8EE8B393E9A4A820E5AE88E8A19BE68980.jpg

さっきの門に戻り、じっくり庭を観賞することにします。

USER5625.jpg

USER5629.jpg

USER5630.jpg

USER5633.jpg

濃縮されたような、すごい密度感の庭です。

USER5645.jpg

USER5646.jpg

USER5658.jpg

巡回式庭園のプロムナード(散策路)を歩くと
祠とかがあって、変化に富んでて飽きません。

USER5666.jpg

USER5667.jpg

子どもなら、こういう所で
鬼ごっこしたら、メッチャ楽しいだろうな〜

USER5674.jpg

USER5681.jpg

庭から見た清遠閣の外観。

USER5662.jpg

USER5677.jpg

USER5682.jpg

昭和帝がここに宿泊された時、本間家当主の
説明受けて「あ、そう」とおっしゃったんだろうか。

USER5683.jpg

清遠閣の前には、大きな赤石がありました。

USER5689.jpg

USER5692.jpg

庭の向こうに見える赤い屋根が、本間美術館。

USER5687.jpg

日本庭園のランドマーク石灯籠の数もハンパでない。

USER5686.jpg

USER5700.jpg

USER5701.jpg

USER5705.jpg

USER5706.jpg

個人宅の庭で消火栓と水飲み場があるのは珍しいかも。

USER5709.jpg

USER5708.jpg

いや〜見事なお庭でした。

USER5695.jpg

おしまい。



鶴 舞 園 パ ノ ラ マ 全 景

USER5638.jpg

USER5639.jpg

USER5653.jpg

USER5717.jpg

USER5721.jpg

USER5654.jpg

USER5655.jpg

USER5656.jpg

USER5664.jpg

USER5697.jpg

USER5698.jpg

USER5673.jpg

USER5685.jpg



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



父の一周忌

2016/11/26 Sat


日、父の一周忌法要をしました。

IMG_8655.jpg

このところの寒気で、寺の暖房もフル作動です。

IMG_8647.jpg

いつも疑問に思うのは、木魚の形。
魚には見えんでしょ?

IMG_8651.jpg

おいらは、髑髏に見えるんだが…

IMG_8653.jpg

さて、法要も無事に終わり、
寺にほど近い山王町の通りに出ます。

IMG_8657.jpg

IMG_8658.jpg

山王町の千葉寿司にて会食。
えっぺごっつぉ出だっけのぅ〜(^_^;)

IMG_8660.jpg

食いきれない分は折に詰めて持ち帰り、夕飯に食べました。

IMG_8666.jpg
※帰路を行く 母、兄、兄嫁の図。

いや〜 あっという間の1年でした。

父っつぁま、無事に成仏してくれたと思います。

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー



ちゃんと楽器になるんですねえ〜



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



〇〇の高嶺に降る雪も〜♪

2016/11/24 Thu



こは静岡の とある長い坂道。

IMG_8673.jpg

上り詰めると、雄大な富士山の姿が見えてきます。

IMG_8682.jpg

ん、なんか違うくね?

IMG_8685.jpg

すみません、嘘つきました。

富士山じゃなくて鳥海山なんです。

IMG_8715.jpg

もちろん、ここは静岡じゃなくて

酒田市の出羽大橋ふきんです。

IMG_8696.jpg

別名『出羽富士』と呼ばれるだけあって、

それっぽい形はしてますが、

IMG_8718.jpg

さすがに、静岡や山梨の方は

ダマされないでしょうね。(^_^;)

IMG_8711.jpg

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

fujikuma-1.png
fujikuma-2.png

本家には、かないませ〜ん。



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


玉川寺の秋

2016/11/22 Tue


内地方には国指定名勝の日本庭園が四つありまして、

その中でもおいらが一番好きのは

玉川寺(ぎょくせんじ)。

別名が"花の寺"で、四季折々の花が楽しめる庭園です。

今回は花ではなく、紅葉を愛でに訪れました。

IMG_3005_2.jpg

IMG_3007_2.jpg

IMG_3008_2.jpg

境内も秋の装いです。

gyoku-2.jpg

IMG_3017_2.jpg

ここから寺の中に入ります。

IMG_3019_2.jpg

IMG_3037_2.jpg

東司(とうす)とは、禅寺でトイレのことです。

IMG_3030_2.jpg

o0302028510435579429.jpg「トゥ〜ス」ではありません。

IMG_3043_2.jpg

寺から見える、お庭です。

IMG_3023_2.jpg

IMG_3024_2.jpg

IMG_3025_2.jpg

IMG_3049_2.jpg

總光寺のは錦鯉でしたが、こちらは地味な真鯉。

IMG_3102_2.jpg

IMG_3066_2.jpg

IMG_3073_2.jpg

IMG_3077_2.jpg

IMG_3079_2.jpg


IMG_3082_2.jpg

IMG_3085_2.jpg

IMG_3087_2.jpg

石灯籠の窓が北条氏の家紋のミツウロコ。

IMG_3100_2.jpg

かなり大きな敷石が埋められてます。

IMG_3121_2.jpg

IMG_3135_2.jpg


IMG_3130_2.jpg

IMG_3141_2.jpg

IMG_3170_2.jpg

カラトリイモの茎を吊るし干してますね。
庄内地方では、これを汁物や雑煮の具に使います。

IMG_3186_2.jpg

室内装飾も、酒田の總光寺と比べると質素。

IMG_3188_2.jpg

こちらは、渋好みの寺なのかもしれません。

IMG_3190_2.jpg

IMG_3191_2.jpg


月とウサギの灯籠に、明かりがともってます。

IMG_3195_2.jpg

玉川寺は鎌倉時代(1251年)に開かれた曹洞宗(禅宗)の寺院。

この寺を開いた了然法明禅師は高麗(朝鮮)の人です。

大本山永平寺開祖道元禅師の高弟でもありました。

IMG_3200_2.jpg

IMG_3204_2.jpg

大相撲の名門、出羽海部屋は

ここ出身の力士が創始者で、石碑が立ってます。

IMG_3208_2.jpg

IMG_3209_2.jpg


お庭の全景は、下のスライド動画で御覧ください。



 玉 川 寺 の 秋 景





名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア