ブログネタ使い回し/温故知新

2016/10/31 Mon


いらは、ブログのネタに困った時、

自分で書いた過去の記事を読み返してます。

それが結構おもしろいんで、困る。

自分でクスっと笑ってしまうことも。

しかし、あることに気づきました。

自分の書いたもので笑えるというのは、

その内容を忘れてるってことなんですね。

だから同じような内容の記事を書いてしまったりする。

おそろしい!老化現象ってのは。

例えば、去年の今ごろ書いた記事を読んでたら、

"ケシポンで証拠隠滅"ってのがありました。
http://thecrystalskull.blog135.fc2.com

スクリーンショット(2016-10-12 9.47.06)

とある文房具の名前が、おいらのハンドルネームに似てるとか
男性機能の速度がどうのこうの…とかいう内容の記事です。

スクリーンショット(2016-10-12 9.47.23)

そこにちゃんからこんなコメントもらってたんです。

スクリーンショット(2016-10-12 9.31.19)

スクリーンショット(2016-10-12 9.32.19)

おいらもこの時、返事してました。

スクリーンショット(2016-10-12 10.03.29)

し、しまった。すっかり忘れてた〜

ええっと、1年もおまたせしちゃった
ちゃんのリクエストに応えることにしました。

こんなバナーはどうでしょう?

 choikeshi_ 3

押す♂のはいいけど自己責任でね。

ケ・シ・ポ・ンなら個人情報を保護できるけど、
ケ・ジ・ボ・ンだと情報がダダ漏れしちゃうよ。

漏らる(Moral)の問題もあるし。。

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

simib_2.jpg

雨漏りかな?

天井裏をのぞいて見たら…


fc2blog_201610140619265b3.gif

…女神様の聖水?(^_^;)
ブッキ〜ナさんのブログがこちら→http://buenakoryuku.blog.fc2.com/


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

本当は怖いハロウィン

2016/10/29 Sat


年になって日本でも広く認知されつつあるハロウィン。

一般では、楽しいお祭りとして捉えられてるみたいですが、

実は起源をたどると、恐ろしいものがあるんです。

hhn2010.jpg

ヨーロッパの先住民族だったケルト人の土俗信仰に
ドルイド教というのがあって、それのお祭りが
今のハロウィンの原型らしいのです。

Halloween-Druids.jpg

古代ケルト社会では、
10月31日の夜が1年の始まりとされていました。
日照時間も徐々に短くなるんで、
闇の季節=冬の始まりでもありました。

で、この日は現世と黄泉との間の扉が開いて
死者や魔物がやってくるといわれてるんです。
なんだか日本のお盆と似てますね。

その魔物を家に入れないために、
カブで作った灯籠に火を灯してました。
昔のヨーロッパにカボチャは無いんでね。

blog_import_53089bdab543b.jpg
 ※↑なんか、もうこれだけでも怖い。

※北斎画にも、こんなのが…↓
http://blog-imgs-95.fc2.com

魔除けの仮面もあって、それが
今の仮装パーティーに繋がってるようです。

Celeb_Halloween.jpg

あとね〜ドルイド信仰では、
人身御供つまり生け贄の儀式を行ってたんですよ。

それもおぞましい方法で…

敵の首を切り落として捧げたり、
犠牲者をじわじわと殺していったり、
生贄が倒れたときの姿勢や、こぼれた血の量
などで吉凶を判断したとされているんです。

そんな儀式の極めつけがこれ。

The_Wicker_Man_of_the_Druids.jpg

ウィッカーマンといって巨大な人型の檻です。
この中に犠牲者をいっぱい詰め込み、
閉じ込めて焼き殺すというもの。。(>_<)

fc2blog_20160929154308b54.gif

いや〜欧米人は、そんなこと知ってて
ハロウィンパーティーを楽しんでるとしたら、
相当なサディスト達やね。(・・;)

ちなみに、YouTubeなどを管理するGoogle+での
おいらのアカウント名が土塁土(ドルイド)ケジボンなんです。

druidkejibon.png

おいらの目には、土塁土って漢字の形が
磔にされた犠牲者、あるいは墓碑の様に見えます。
土着信仰のドルイド教をイメージさせる
この当て字、けっこう気に入ってます。(^^)v

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー




ブッキ〜ホラーショウ with くまちゃん
※オリジナルはこちら→https://youtu.be/_ItAGUaLNFE

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




続きを読む

きのこ杉の寺、總光寺(後編)

2016/10/28 Fri


回のつづき。

總光寺の庭"蓬莱園"の背後は、

IMG_2222_2.jpg

鬱蒼とした森というか、山ん中です。
こういう立地条件も玉川寺と似てますね。

IMG_2214_2.jpg

緋毛氈が敷かれた渡り廊下

IMG_2240_2.jpg

IMG_2233_2.jpg

IMG_2234_2.jpg

IMG_2241_2.jpg

お寺の調度品って、どれも高価そう。

IMG_2649_2.jpg

IMG_2650_2.jpg

IMG_2651_2.jpg

このお寺は欄間も凝ってますね〜

IMG_2612_2.jpg

IMG_2616_2.jpg

兎に虎、龍。何かの法話が元になってるのかな。

IMG_2629_2.jpg IMG_2630_2.jpg IMG_2631_2.jpg IMG_2632_2.jpg IMG_2633_2.jpg IMG_2636_2.jpg
※画像はクリックで拡大します。


瑠璃(るり)光殿だから文字も瑠璃色?

IMG_2257_2.jpg

上海帰りの瑠璃〜♪ (^_^;)<違うって
https://youtu.be/19n7uyalzmc

IMG_2258_2.jpg

帰りも山門をくぐります。

IMG_2262_2.jpg

IMG_2261_2.jpg

行きはササッと通り過ぎた山門の内部を
帰りはじっくり見てみることにしました。

IMG_2268_2.jpg

IMG_2269_2.jpg

むう〜、なんか視線を感じる。

IMG_2278_2.jpg

(◎へ◎)キラリ☆

IMG_2278-a.jpg

…と光る〜図々しい目〜♪
https://youtu.be/kpgzduwEA7o

IMG_2273_2.jpg

わ〜ッ。めっちゃ睨んどるやん。

IMG_2275_2.jpg

反対側にも…

IMG_2279_2.jpg

IMG_2276_2.jpg

「くら〜!!」 ごめんなさ〜い。(;´д`)

IMG_2277_2.jpg

山門を後に外へ出ます。

IMG_2280_2.jpg

秋の陽はつるべ落とし、参道はもう陰ってます。

IMG_2194_2.jpg

IMG_2195_2.jpg

きのこ杉も手を振って見送ってる(気がする)。

IMG_2287_2.jpg

IMG_2284_2.jpg




おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

6qjD7oIKZOiOBTPEyBQV8lSBpTD0DkroMFlYgVdeyyiwL7r89AsIADs=.gif

れおんくん美味しいもの食べて元気になってね
※れおんくんブログはこちら→http://kurousaleon.blog.jp/

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



きのこ杉の寺、總光寺(前編)

2016/10/26 Wed


田の清亀園へ行った日に、こちらにも寄ってきました。

国指定名勝の庭園「蓬莱園」を持つ總光寺(そうこうじ)です。

IMG_2187_2.jpg

寺の山門まで続く、きのこ杉の参道も、ここの名物。

IMG_2186_2.jpg

きのこ過ぎる きのこ杉ですな〜

IMG_2189_2.jpg

IMG_2607-1.jpg

立派な山門をくぐります。

IMG_2608_2.jpg

IMG_2193_2.jpg

IMG_2610_2.jpg

山門から見た寺の境内。

IMG_2197_2.jpg

あちらが入り口のようです。

IMG_2200_2.jpg

拝観料が大人¥300、奥にいる人に
「たのも〜!」とかって叫ぶのかな。

IMG_2255_2.jpg

それとも、これを叩いて呼ぶのかな。

IMG_2253_2.jpg
※禅寺にある、食事どきを知らせる道具「梆(ほう)」です。

お金払って、奥へと進みます。

IMG_2249_2.jpg

IMG_2250_2.jpg

IMG_2231_2.jpg

すだれ越しに庭が見えてきました。

IMG_2246_2.jpg

羽黒町の玉川寺庭園と似てますね。
あちらもここと同じ曹洞宗の禅寺ですし。

IMG_2228_2.jpg

池の錦鯉、スゴクでっかい。

IMG_2206_2.jpg

IMG_2238_2.jpg


本堂の屋根が銀色に光ってます。

IMG_2217_2.jpg

IMG_2215_2.jpg

庭の管理、大変だろうな〜
拝観料だけで間に合うのだろうか。

IMG_2640_2.jpg

IMG_2644_2.jpg

IMG_2645_2.jpg

IMG_2646_2.jpg

いびつな形に美を見い出すのが日本人のセンス。
それが訛って「美いなす」となりました。
(もちろん嘘です ^_^; )

IMG_2220_2.jpg

IMG_2223_2.jpg

お庭は静かに観賞しましょう。
"沈黙は金"とか云いますからね。

IMG_2229_a.jpg

後編へ続く。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

2ピースミニ樹脂クラフト巨根鶏組み合わせ動物盆栽置物妖精ガーデンミニチュアオーナメントガーデン装飾

うらにわにわにわにわにわにわにわとりがいる。



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


月イチ月齢報告

2016/10/24 Mon



年の秋は雨の日が多く、

特に夜降ってたような気がします。

先だっては久しぶりの晴天夜で、月が煌々と照ってました。

ちょっと見、満月だと思ったんだけど、

月齢表を見ると一日違いでした。(撮影は10月15日)

スクリーンショット(2016-10-16 6.08.44)

これは写真撮らねばとトライ。

肉眼で見る月は、このぐらいちっちゃいんだよね。

IMG_2391_2.jpg
※画像はクリックで拡大、以下同。

思いっきり拡大して撮りた〜い。

ここは伝家の宝刀、超望遠レンズの出番だ!

IMG_2399.jpg

レフレックス・ニッコール500mm。

かなり昔に、しかも中古で買った反射式望遠レンズ。

IMG_2401.jpg

反射望遠鏡のような仕組みで、

うしろに凹面の反射鏡を備えてます。

reflex_lens.jpg

これでバッチリ月の表面の「あばた」をクッキリ撮ったるで〜

で、結果は……

……

……

……ええっと、これがね〜

何度も撮り直したけど、期待したほど鮮明に写せなかったんだわ。

luna.jpg
※実際の画角。なおちゃんのリクエストに応えて追加しました。

IMG_2378_2.jpg
※トリミングで拡大したもの。

おいらの機材では、これが精一杯のようです。(;´д`)トホホ…

表面のクレーターなんかは、満月よりも
半月くらいの方がクッキリ写るんだよね。

あと、月と地球はかなり離れてるけど、距離自体は
画像の鮮明度にはそれほど影響しないんだってね。

201203202330218f3.jpg

それよりも問題なのが、地球を覆う分厚い大気の層。

コイツが画像の鮮明度を失わせてる最大の要因。

atmosphere_img-l.png

撮影の邪魔だから、トッパラっちゃえ〜

…って、そんなことしたら、

おいらも含め、みんな生きてらんないじゃんか。

おしまい。
※翌日の満月は、曇天のため見られませんでした。(-_-;)

ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

rbyVZ4d9LnunTLNt3pJYE6tio29QWifPNYB7jWrQ06sBKJymAfstgvQnYpLbzTMA3jw2uYkIAAADs=.gif

アバターも笑窪〜月の女神
※月の女神ブッキ〜ナさんのブログはこちら→http://buenakoryuku.blog.fc2.com/


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア