高齢者ドライバーのジレンマ

2015/11/30 Mon

知症にかかってから、
おいらが預かってたオヤジの免許証。

 raisensu-1

まだギリギリ使える。
天国へのドライブに行ってらっしゃ〜い。

てな戯れ言は置いといて。

オヤジは一昨年まで運転してた。

ある時、駐車場で他の車に接触したのを見た。
本人はぶつかったことに気づいてないようだった。
これは危ないと思って運転やめるよう説得したが、
曖昧な返事で埒が明かない。

自損事故ならまだしも、
人身事故でも起こされたら大変だ。

結局オンボロだったオヤジの車は、
車検前に廃車することにした。

車の運転をしなくなってから、
認知症の兆候が現れだした。

車の運転は脳の刺激になるだろうから、
結果的に症状の進行を早めてしまったことになる。

かと言って、あのまま運転を続けていたら。。。

こんな悩みはどこの家でもあるみたいで、
高齢化社会の難しい問題だろうね。
田舎じゃ公共交通機関もお粗末だし。

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

2946eb918a7d083b8ccfb88a57099e12.jpg

 女装写真もOKみたいよ♡


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



「経済」18ブログトーナメント - 経済ブログ村
「経済」18ブログトーナメント
おかげさまで優勝しました。

スポンサーサイト

父の思い出

2015/11/28 Sat

ヤジが亡くなってから、
どんな人だったのか思い返しています。

昭和4年生まれにしては、
かなり変わっている人だったと思います。

子供に対してあまり干渉しない人で、
例えば「勉強しろ。」とか命令された覚えがありません。
叱られたことも滅多にないし、放任主義でしたね。

本家のたったひとりの跡取り息子(他の兄弟はすべて女)
だったんで、いわゆるぼっちゃん育ち。
子育てより自分の趣味を優先してたのかも。

なんだかフザケてるところもありました。

おいらがまだ幼い頃に、
高館山へ連れて行ってもらった時のこと。

高館山の頂上には、テレビやエフエム局の
中継アンテナが立ってます。

USER2680.jpg

オヤジは電波塔のてっぺんを指さしながら、
兄やおいらに向かってこんなことを言うのです。

「ほら、電波が空を飛んでるのが見えるだろ。」
「え、見えないって?よく見るんだよ。」


もちろん、人の目で電波が見えるわけはありません。
後になって、さも自分には見える風に装い、
おいらたちをからかってたと気付き、
とんでもねえオヤジだと憤慨したもんです。

こんなこともありました。
昔は停電がたびたびあって、
夜はロウソクを灯して過ごすことになります。

d0232830_14581789.jpg

そんな時には、オヤジが怪談話をして
おいらたちを怖がらせるんです。

もっとも怖かったのが、
エドガー・アラン・ポーの「黒猫」

blackcateyes.jpg

しっかり脳味噌に焼き付いたその話、
あとで本で読んだら、オヤジが語った内容と
ほぼそのままなのに驚いたことがあります。

映画が好きだったオヤジは、
仕事が終わるとよく映画をひとりで観に行ってました。

そして家に帰ると、映画の内容を
家族に話して聞かせるのです。あとで自分も
その映画を観てみると、やっぱりオヤジが語った内容そのまま。
長いストーリーを覚えて語れるのは、大したものだと思います。

中でも黒澤明の大ファンで、
如何にクロサワ映画が素晴らしいかを
熱弁してた記憶があります。
今では巨匠と讃えられる黒澤明も、
その頃は忘れ去られた監督で、その名前は
オヤジの口から聞いたのが最初でした。

1063356-gf.jpg

本やレコード、CDを相当数持ってて、
さっき本棚見たら、藤沢周平の本だけでも40冊はありました。

今はまだゴタゴタしてる最中ですが、
落ち着いたらオヤジの遺品を
すこしづつ整理しようと思ってます。

※金目の物はないんだけどね〜(^_^;)

おしまい。



https://youtu.be/K1uB16HFtXg

名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



「経済」18ブログトーナメント - 経済ブログ村
「経済」18ブログトーナメント

おくりびと

2015/11/25 Wed

日、父の旅立ちの見送りをしました。

家族が予想しなかった事態で、
自宅で座椅子にすわったまま、
突然ポックリ逝っちゃったんです。

今はちょっと落ち着いてきましたが、
怒涛の数日でした。

母から「お父ちゃんの様子がおかしい」
と呼ばれて、状態が尋常じゃないのを見て、
119番に電話。

搬送された病院で死亡判定されたのが
それから1時間以内。

あっと言う間でした。

今の時代は、自宅で亡くなると
警察が検死をするんですね。

母が契約していた互助会に、
葬儀の段取りをお願いしました。

納棺式には、納棺師の技を
自分の目で見ることが出来ました。

ここ数日、おいらは即身仏とか、
おくりびとの話をブログ記事にしてました。
いま思うと、父がおいらに書かせた気がします。

IMG_5311.jpg

写真撮影とクラシック音楽が好きだった父。

おいらも、多少は趣味を受け継いでますよ。(^_^;)

おしまい。


お休みします

2015/11/21 Sat

身内に不幸がありましたので、
しばらく更新できそうにありません。
ご了承ください。

笑い顔こわい

2015/11/18 Wed


んな顔文字があります。

(#^ω^)ビキビキ

#は青筋立ててる様子をあらわしてます。

神経が昂ぶると、
アドレナリンが放出されて
静脈が浮き出てくるってことですね。

「ビキビキ」は青筋が立ってる様子を表す擬音。

(^ω^)は、笑い顔です。

顔は笑ってるのに、彼の心中には

別の激しい感情が湧いてるようです。

竹中直人がコメディアンだった時代に、

こんな顔芸をやっていました。



笑いながら怒るという、高度な芸。

実際、見るからに怒ってる顔よりも、
笑い顔で怒ってる方がずっと恐いんだよね〜(^_^;)

THE_SHINING.jpg

shining.jpg

あと、能面のイカニモ怒ってるって顔の般若よりも、
薄ら笑いを浮かべてる小面の方が怖いと、おいらは思ってます。

4dd692efd16df00c2114.jpg noumen01E382ADE383A3E38397E38381E383A3.jpg

そういうことで、

ニヤニヤしながら近づいてくる人には、
気をつけましょう!

(#^ω^)<怒ってないよ〜ブッキちゃん。

(#^ω^) ビキビキ!


おしまい。


クスって笑えるグラフィティー

1c93b382.png

boxart.jpg

ドイツ空軍機、メッチャ怒ってるやん。(^_^;)


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中!
ポチとクリックしてってね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



「日本」ブログトーナメント - ニュースブログ村
「日本」ブログトーナメント
おかげさまで優勝しました。
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア