石の館その2

2011/09/30 Fri

ジブリアニメの「天空の城ラピュタ」を観ると、

石の不思議な力について描かれてます。

imagesひこうせき

それから、

秘密結社の代名詞みたいな団体フリーメーソンが

ヨーロッパの石工の職人団体が起源とされてます。

tumblr_lnujpqRvIC1qzsaj2o1_400.jpg

日本にも石についての伝説がありますね。

君が代の「さざれ石」とか、

岩手の語源となった鬼の話は興味深い。

と、いうことで石の館のつづきです。

IMGP5980.jpg

石の館の中に入ります。

IMGP5941.jpg

エントランスにでっかい紫水晶がお出迎え。

IMGP5976.jpg

内装はもちろん石造り。

店のおねえさんに撮影の許可をもらいました。

IMGP5942.jpg

IMGP5977.jpg

石屋さんのショールーム兼ギャラリーといった風情で、

展示物のほとんどが売り物で値札が付いてます。

IMGP5945.jpg

IMGP5944.jpg

「光が差し込むと、石たちが輝き出すんじゃ。」

 by ポム爺さん

IMGP5948.jpg

IMGP5951.jpg

IMGP5953.jpgIMGP5954.jpg
IMGP5955.jpgIMGP5956.jpg

IMGP5946.jpg

帽子もシャツもカバンも石作り。

IMGP5958.jpgIMGP5967.jpg
IMGP5973.jpgIMGP5947.jpg

とにかく、石・石・石の世界だよ。

IMGP5971.jpg

IMGP5969.jpg

化石の展示もあって、石の博物館みたいです。

っていうか、もうお腹いっぱい。(笑)

IMGP5978.jpg



おしまい。




ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


6875d896.jpeg

動物のオスは着飾るものさ。


ブログランキングに参加中!
ポチッてってね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

石の館

2011/09/29 Thu

出羽の国の修験道のお山といえば羽黒山。

鶴岡市街からそこへ向かう羽黒街道を進むと、

大きな鳥居があらわれてきます。

image1大鳥居
※高さ20Mで東北最大

そのちょっと手前にある石屋さんのショールームが

「石の館サンロード」

IMGP5718.jpg

広い敷地には、たくさんの石像が並んでて、

見て廻ると退屈しません。

羽黒山へ参拝行く途中に、

時間があったら寄ってみるといいかも。

IMGP5747.jpg


IMGP5736.jpg
ポルシェ顔のカエル

IMGP5755.jpg
パンダ?犬?

IMGP5754.jpg
粘土細工のようにも見える。

IMGP5753.jpg
このネコちゃん、目がコワイです。

IMGP5750.jpg
これは。マッコウクジラ、あるいはオオサンショウウオの頭部か。

IMGP5748.jpg
ええっ、ウサギ? 確かに目は赤いんだけど。

IMGP5729.jpg
幼少時、ソフビ製の怪獣で遊びましたねえ。

IMGP5730.jpg
60万円! ちょっと手が出ないや。

IMGP5756.jpg
手のひらに座るというセンスはすごいね。

IMGP5740.jpg
カッパだっているよ。

IMGP5723.jpg
小高い位置にあるので、背景に田園風景が望めます。

IMGP5744.jpg

さて、店内に入ってみましょうか。

つづく。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

page0_blog_entry5128_1.jpg

あそこへストライク



ブログランキングに参加中!
ポチッとクリックを

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


辛い貝と團伊玖磨

2011/09/27 Tue

中学くらいの時によく読んでたエッセイが、

團伊玖磨の「パイプのけむり」でした。

さよならパイプのけむりさよならパイプのけむり
(2000/12)
団 伊玖磨

商品詳細を見る


團氏は相当な上流階級の生まれらしいんだけど、

そんなことは関係なく向こう意気が強い語り口が、

江戸っ子らしくていいなあなんて思ってました。

01_01.jpg

そんなかでちょっと面白いエピソードを紹介します。

なんせ、読んだのが三十年以上前ですから、

少々違っているかも知れません。

まあ、大体の流れを伝えられたらと思います。

あるとき、團氏の元にこんな話が。

「食べるとうまい貝なんだけど、
  
 とにかく辛いんだよ。食ってみないか。」

item09_070827a.jpg

博識な團氏のことですから、

「そんなわけがない。」と反論します。

團氏曰く、「辛いという味覚は、植物由来に決まってるんだ。」

考えてみると、唐辛子、わさび、コショウ、山椒とか

すべて植物なんですね。

20090120_831218.jpg

でも、好奇心旺盛な彼は、

その話に乗ることにします。

辛い貝のレシピとは。。。

用意された謎の巻貝を殻のまま砕いて、

味噌汁にして、白飯にぶっかけて食う。

という極めてシンプルで荒っぽいもの。

dendenmushimushikatatsumuri.jpg

で、團氏を始め、皆さんガシガシかき込んでまして、

「うまい、うまい。でも辛くないよなあ。」

なんて言ってたところ、しばらくして、

「おお、辛い、辛い、今頃になって。」

と、大騒ぎ。

さて、このとき食べた貝は、「レイシ」といってましたね。

reisic.jpeg

実は家でしょっちゅうレイシは食べてます。

こちらでは西貝と呼んでて、

やっぱり味噌汁にして食べるのが一般的。

でも、食べて辛かったことは一度も無い。

違う種類の貝なのかなあ。

06ca37347cda119c41f0a38db9edb7be.jpg


地方ごとに、同じ名前で違う種類なのはよくあること。

それか、エサの種類が違うからかもね。

本当に辛い貝があるのか分からないので、

食べたことある人、教えてくださいです。






ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


12333865470.jpg

Macユーザーって、

こんなのばかりでは。。(笑)


ブログランキングに参加中!
ポチってくれい。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

黄金の実り

2011/09/26 Mon

ついこの間にはエアコンだとか扇風機なんか点けてたのが、

ウソのようにめっきり涼しくなりました。

朝なんて凍えるように寒い。

米どころの庄内も、稲刈りを待つ黄金の平野となってます。

IMGP5880.jpg
眺海の森から見渡す庄内平野

IMGP5780.jpg
鶴岡市西郷付近

今年の早生と中生の山形県産米については、

放射性セシウムの検出は無かったそうで、

まずはヤレヤレといったところですか。

tuyahime-cat.jpg

安心してご飯も食べられないなんてのは、

困った世の中になったもんだな。

imgresせしうむ ←テレビこそ害毒だよ。


おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


wtf-is-in-my-salad.jpeg

新鮮な証拠だケロ。(ボクは食べないでね)



ブログランキングに参加中!
ポチってね。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

万人のためのモニュメント

2011/09/24 Sat

お彼岸でしたが、みなさんお墓参りはしましたか。

おいらは墓参りするたびに思うんだけど、

日本の墓石は大体こんな形してますね。

image.jpg

地震の多い日本にこの縦長はどうなんだ?

すぐに倒れる形なのは誰でもわかるよ。

そういうことを思いつつ、

世の中にはどんな墓石のデザインがあるのかな。

と画像をいろいろ集めてみました。

西洋の一般的な墓石はこんなの。

Newark pol grave s 3

grave_640.jpg

うわあ、地震がきたら、すぐパタンと倒れそうだ。

日本の墓石どころじゃないな。

耐震性どうのこうの抜きにして、

墓石のデザインってすごい種類あるんだね。

annai_d_3.jpgannai_d_1.jpg
photo2.jpgannai_d_5.jpg

main_eterna.jpg

グッドデザインの墓石って、どんな基準なんだ~。

guitar.jpg


5767.jpg

b0135384_030550.jpg マジですか~。

さて、本題に戻って、

地震で倒れない形のお墓は無いものかと。

ありました。

JFK_grave.jpg

この方のお墓です。

Colorjfk.jpg

あっ、地震じゃなくて銃弾で倒れちゃったか。




おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー


o0640048010941229583.jpg

何やら悲惨なことに。。。


ブログランキングに参加中!
クリック、クリック。

にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア