桜ウイーク初日

2011/04/30 Sat

今年はとりわけ雪が多くて寒い冬だったので、

桜の開花が遅い遅い。

そんなわけで、

ココみちのくでは花見の時期が

ゴールデンウイークまで、ずれ込んじゃいました。

やっと、トウホグにも春がきたべな~。

ってとこです。

写真を撮りだめしたんで、

何回かに分けて掲載いたします。

まずは第1回から。

IMGP2401.jpg
公園前の通り。

IMGP2429.jpg
花は咲いてるけど、根本がボロボロ。

IMGP2410.jpg
きれいに咲きました。

IMGP2413.jpg
外人さんたちも楽しそう。

IMGP2419.jpg
お堀の前にて。

IMGP2420.jpg
時計台のある洋館。

IMGP2451.jpg
きんつま焼きはここいらでしか食べれません。

つづく。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー
ナイスチャレンジ
ちょっと、それじゃあ中二男子と同じだよ。


ランキンバナーにポチリと

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ブログの種類

2011/04/29 Fri

このブログを始めて8ヵ月ほど経ちますが、

まだまだスタイルが決まらない。

人気ブログの秘訣なんてのを見ると、

ジャンルやカテゴリーをキッチリ定めた方が良い

みたいな書き方されてますが、

おいらにゃ、ムリ。

ひとつのことに焦点をあてて観測すると、

他方があいまいな存在になる量子力学のように

おいらのブログもふらふらしてます。

( 物理学に詳しい人は突っ込まないでください ! )

( 適当なイメージで言ってるだけですから。)

しょうがない、おいらのブログが

どんな範疇に属するのか考察してみるか。

( そんな大層なことじゃないけどね。)

まず、巷に溢れるブログのタイプをおいらなりにまとめました。

◎第一に、自前のコンテンツを持って、

自身のブログで発表するタイプがいます。

おいらはそれを作家型と名付けました。

cap342.jpg

詩や小説、マンガ、写真など

自己表現したい人は、こちらに属しますね。

自分で音楽や映像を作るアーティストもそうです。

◎第二に、自分のコンテンツを持たず、

既存のをやり繰りしてブログを拵えるタイプ。

言い方は悪いが、他人のフンドシで相撲をとるみたいなやり方です。

それを編集者型と名付けました。

04_01.jpg

自分が興味あるコンテンツを拾い上げて紹介したり、

多くの人に見てもらえるニュースを提供する。

そんな編集者型なんですが、

実はもっとも人気を集めやすいブログ形式が

これだと思うんですよ。

面白い素材を読者の興味を集められるように、

いかにして調理するのが腕の見せ所。

◎第三が作家型と編集者型の折衷タイプ

つまり、ある時は自作のコンテンツを発表。

別の時は他から引用するってのがこれ。

厳密に分類すると、

すべてがこのタイプになっちゃうんで、

ほぼフィフティー、フィフティーの条件付きにします。

結論を言うと、おいらのブログは折衷型なんです。

前置きが長くて、すいませんでした。

どっちつかずのコウモリみたいなおいらのブログですが、

今後ともよろしくお願いします。

(って、なんだかよく分からない結論だな。)

お口直し? に、カテゴリー不明なロックバンド

[FOCUS]でも聴いてくれい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー
猫タオル01
ちょっと手を拭かせてもらって、いいですか



ランキンバナーにポチってね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

【小さいおじさん】ナンチャッテ

2011/04/28 Thu

こんにちはー!トラックバックテーマ担当の新村です今日のテーマは「【小さいおじさん】見たことある?」です!新村、最近(遅いですが・・)気になるのがこの【小さいおじさん】です何やら親指サイズぐらいの小さいおじさんがいるらしいんですが・・・・皆さん聞いたことはありますか?テレビ...
トラックバックテーマ 第1185回「【小さいおじさん】見たことある?」




今回はじめてトラックバックテーマで記事を書いてみました。

それというのも、

【小さいおじさん】ってタイトルに思わず反応してしまったから。

実はそのテーマで記事を書こうと思ってたんですよ。

昨年12/22の「偶像崇拝」って記事のところに入れた、

クスって笑えるグラフィティ。
http://thecrystalskull.blog135.fc2.com/blog-entry-95.html
ハタハタの釣り人に何が起こった?

これって、地元の荘内日報って新聞に載ってた写真なんです。

ネットで、「心霊写真ではないか」

と話題になりましたが、

後日、機動警察パトレイバーや鉄腕バーディーでお馴染みの

漫画家ゆうきまさみ氏が、上の画像に解説イラストを描いてくれました。

101228kobito02.jpg

これって、錯視を利用した「なんちゃって写真」ですね。

もちろん合成画像ではありません。

おいらはこの手の写真が大好きなんですが、

他にもあるんだよね、たとえばこんなのとか。

           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー
面白アングル07

面白アングル14

面白アングル01
小さいことはいいことだ~♪




ランキンバナーにポチってね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

空耳料理

2011/04/27 Wed

外国人が日本に来て、食事を注文するのに

たどたどしい日本語をしゃべったりすると、

なんだか微笑ましく感じちゃいますね。

彼らも、うまい日本語がしゃべれなくても、

うまいメシにはありつきたいことでしょう。

そんなカタコト日本語に萌えてしまう?おいらは、

架空の外国語(欧米系)で発音した

日本の料理を妄想してみました。

あまりにもくだらないので、

覚悟してお読みください。



ニック・ジャガー
w970412385-view.jpeg050226-1.jpg

カマ・メッシ
メッシg511100v.jpg

サヴァ・ノ・ミッソーニ
ミッソーニimg_523183_30063008_1.jpg

なんだか、空耳というよりダジャレでしたね。

そういえば、蕎麦好きが高じて

蕎麦の本を出してしまった「ユデスキー」なんて

冗談みたいな名前のアメリカ人もいるんですよ。

蕎麦の茹で過ぎはいかんなあ。


英文版 そばの本 - The Book of Soba英文版 そばの本 - The Book of Soba
(1995/01)
James Udesky

商品詳細を見る


おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー
baby geek
ボク、もうゲームに参加してるの?


ランキンバナーにポチッとね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

打つべし!打つべし!打つべし!

2011/04/26 Tue

おいらは一応ブログなんぞをやってるもんで、

なんとかブラインドタッチでタイピングは出来ます。

ブラインドタッチといいますと、

牛に引かれて~参りの長野市善光寺。

そこで参拝者が体験する秘儀 ?「戒壇巡り」

暗闇の堂内で極楽浄土への錠前なるものに触れると、

極楽に行けるってのを思い起こします。


えっと、話が脱線したw。

そうそう、タイピングの話だった。

おいらのタイピング技術は大したことなく、

10分で300文字くらいしか打てません。

しかも、打ち間違いが多いんだわ。

そんなおいらですが、タイピング歴は結構長い。

まずは家にタイプライターがあったので、

イタズラ半分で打ってました。

b7d41bf3dd3019f80d3d509a0d008654.jpeg

就職した頃はワープロなるものが

ぼちぼち出始めていた時期ですね。

日本語の文章をタイプライターみたいに打ちたい。

と思っていたおいらは興味を持ちましたが、

あの頃のワープロなんて

カクカクした文字しか打てないシロモノ。

印刷みたいにきれいな文字じゃなきゃ

こんなの買う意味がないなと、

購入をあきらめました。

替わりに買ったのは、

和文タイプライターです。

和文タイプライター

大きさは今の複合プリンタぐらい。

文字盤の上でアームを自在に動かせます。

それで、必要な文字をひとつずつ

アームに付いた四角い照準で合わせてクリック。

びっしり詰まった金属製の活字の中から

機械が同じ字を拾って紙に打って、

元に戻してくれるという逸品です。

電源を入れて「ヴォ~ン」ってモーター音がすると、

「文字を打ってやるぞ !」ってな感じで

妙に気合いが入ったもんです。

活字を打つので印字はとてもきれいでしたが、

何百字もの中から探すのは結構たいへんで、

印字速度はとんでもなく遅かった。

その数年後ワープロも進歩を遂げて、

おいらがなんとか許せるレベルになった機会に、

ワープロを買いました。

シャープの製品だったかな、

img1d9de9cazik0zj.jpeg

液晶画面がキーボードの上にちっちゃく付いてました。

そんなんでも当時は最新鋭機で、

楽しくイジリまくって遊んでましたよ。

時代は過ぎ、今じゃワープロ専用機なるものは存在しない。

世の中すっかり変わっちゃったなあ、

なんて溜め息ついているおいらは

骨董品的なアナログ人間なのかもしれません。

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

W4pGVODuyl02pwv048DcMn3Mo1_500.jpeg
やっちゃいましたか。


ランキンバナーにポチっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア