花は桜

2011/03/31 Thu

どうにも腑に落ちないことが最近多いんだが、

これもそのひとつ。

 東京都の石原慎太郎知事は29日の記者会見で、
東日本大震災に関連し、
「桜が咲いたからといって、
一杯飲んで歓談するような状況じゃない」と述べ、
被災者に配慮して今春の花見は自粛すべきだとの考えを示した。
 石原知事は「今ごろ、花見じゃない。
同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる」と指摘。
さらに「(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。
戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい」とも語った。


だって。

はあ? 何言ってんの、

天災と戦争行為を一緒くたにするんじゃないよ。

多くの日本人があの戦争を肯定しているわけではない。

それを事欠いて美しいなんて言う神経が分からん。

そして、花見を中止することが必要なことなのか。

そんなこと復興の為に何の役にも立たん。

なんだか精神主義な物言いで、

建設的な意味合いもまるでない。

第一、首都の長がそんなことまで口出しすべきじゃないな。

おいらは言いたい。

花見は多いにやれと。

桜は日本人の心なんだよ。

満開の桜の下で酒を飲みながら、

日本人としての連帯感を持つ

良い機会だと思う。

だれも震災のことを忘れちゃいない。

だから、

石原都知事も被災者を花見の名所に

招待するぐらいの度量が欲しいもんだ。

sak_021.jpg

ちと、熱くなっちゃったな。

おしまい。



クスって笑えるグラフィティ
おいしいねこ
子猫のピ~ンチ!



ポチっと応援ねがいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

真逆の意味

2011/03/30 Wed

同じ言葉なのに、まったく正反対の意味に

とられることがあります。

そんな言葉の不思議について考えてみました。

こんな感じで

例1. 人の嫌がることを進んでやる。

これは通常「他人が嫌がってやらない作業を

敢えて引き受ける」って

意味で使ってますよね。

f0077686_1503756.jpg

ところが、違う受け取り方をすれば、

「人への嫌がらせを積極的にやる」

になってしまう。

これじゃあ反対の意味になるね。

ca6afe58-s.jpeg

次のは、よく誤解されることわざ。

例2. 情けは人の為ならず。

「情けは人をダメにするから、かけない方が良い」

なんて思ってる方はいませんか。

おいらも子供の時分はそう思ってました。

正しくは、「人に情けをかけることは、

巡り巡って自分の助けになる」ですよね。

GRP_0165.jpg

それから、同じ言葉でも発する人と

受け取る側の人との関係で、

意味が変わってしまうことがあります。

先生が生徒に「君は偉いなあ。」

これは褒め言葉ですよね。

生徒が先生に「君は偉いなあ。」

タメグチってのもありますが、

なんだか侮辱してるみたい。

k77941178.jpg

あと、本来丁寧語だった「御前(おまえ)」が

今では人を蔑む乱暴な言葉になってしまいました。

なにげなく使った言葉が人を傷つけてしまうことがあったりで、

つくづく言葉の問題は難しいと思う次第であります。

考える人

最後に、原典は不明ですが、

あちこちにあるコピペの中で秀逸なものがあったので、

ここに貼っておきます。

問1:「あたかも」を使って短文を作りなさい。
答え:「冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。」

問2:「どんより」を使って短文を作りなさい。
答え:「僕はうどんよりそばが好きだ」

問3:「もし~なら」を使って短文を作りなさい。
答え:「もしもし、奈良県の人ですか?」

問4:「まさか~ろう」を使って短文を作りなさい。
答え:「まさかりかついだ金たろう」

問5:「うってかわって」を使って短文を作りなさい。
答え:「彼は麻薬をうってかわってしまった」

問6:「おおむね」を使って短文をつくりなさい。
答え:「彼女はDカップのおおむねだ」

問7:「もはや」を使って短文をつくりなさい。
答え:「君もはやく大人になりなさい」




クスって笑えるグラフィティ
funny-pictures-soldier-and-cat.jpeg
屈強な戦士もニャンコには勝てねえ。




ポチっとクリックして
ちょうだい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

不安なのはみんな一緒

2011/03/29 Tue

ひと月前なら日本人にとって不安というものは


漠然としたものだったが、


今はハッキリとした形で我々に立ち塞がっている。


頑張ろう日本なんてスローガンは多くみられるが、


空元気だと余計に疲れちゃうんじゃないかと、


ヘタレなおいらは思ってしまう。


落ち込むことだってあるさ。


泣きたいときは大いに泣き、


笑いたいなら笑っちまえ。


ってので、いいんじゃないかな。




作曲:宇野誠一郎
作詞:井上ひさし/山元護久

波をジャブジャブジャブジャブかきわけて
(ジャブ ジャブ ジャブ)
雲をスイスイスイスイおいぬいて
(スイ スイ スイ)
ひょうたん島はどこへ行く
僕らをのせてどこへ行く
丸い地球の水平線に
何かがきっと待っている
苦しいこともあるだろさ
悲しいこともあるだろさ
だけど僕らはくじけない
泣くのはいやだ笑っちゃおう
すすめ ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島
ひょっこりひょうたん島




クスって笑えるグラフィティ
funny_weddings_02.jpeg
昨晩はうれしくて眠れなかったんだよう。


    ポチっとしてほしいんだな。
                         
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

プリミティヴアート

2011/03/28 Mon

おいらはアフリカの原始美術が大好き。

特にお面なんてすごい。

そんなアフリカンプリミティヴアートの数々を

スライドショウ仕立てにしてみました。



造形が奇抜で天真爛漫だよね。

縄文土器と同じく、魂の自由を感じるなあ。

中でもドゴン族のお面は
imgaef9c4a7rsn9pc.jpg インベーダーっぽくて最高!

こんな衣装でお祭りもやってる。
51cix4VV57L.jpg

傾(かぶ)いてるなあ。


おしまい。


ランキングバナーにクリック
してもらえたらうれしいっす。


にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村

過ぎた日は帰らない。

2011/03/26 Sat

人間生きてりゃ色んな事があるし、

どんな大事件でも時が経つにつれて風化して、

当初の衝撃が薄れてゆくんだよね。

そんな、おいらが生まれてからのおもな事件。

東京オリンピック(1964)
tayori017-2a.jpg

アポロ11号の月着陸(1969)
Apollo11.jpg

大阪万国博覧会(1970)
大阪万博2

ベルリンの壁崩壊(1989)
berukabe.jpg

阪神大震災、地下鉄サリン事件(1995)
img_458037_11625207_0.jpg

アメリカ同時多発テロ(2001)
sonotoki04.jpg

アメリカ初の黒人大統領就任(2009)
c0183362_11431492.jpg

起きた当初は驚きだった、これらの映像も

月日と共に印象が薄れて行きます。

しかし、現在渦中のまっただなかの

東日本大震災の傷が癒えるのはいつになるのだろうか。

もし願わくば、

タイムマシンで元の世界に戻したい。




クスって笑えるグラフィティ
funny_animals_pictures_42.jpeg
よいしょっと。ふう、間に合ったあ~。



ランキングバナーへ
クリック、クリックしてね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア