青山テルマ ?

2010/09/30 Thu

さて、マンガ大賞受賞や数多くの書評で

絶賛されたので、

知っている方も多いであろうこのマンガを

今さら取り上げるのもなんですが、

こないだやっと読んだんで。

ご紹介しますのは

「テルマエ・ロマエ第一巻」


f0210701_0835_convert_20100923100431.jpeg


古代ローマの浴場設計技師がお風呂を通って

現代日本にワープしてしまうお話。

ローマ人と日本人の共通点「風呂好き」を通して

両者の文化的な違いを

笑いながら楽しめるようになってます。



賞賛の声はもう多くの書評で

出尽くしているようなので、

おいらは敢えて苦言を呈することにしました。

読後の感想なんだけど、

期待が大きすぎたせいか、

まあこんなものかと言う感じ。

まず、主人公とそれに絡む日本人の

思考や行動がワンパターンで

読み続けるうちに飽きてしまう。



それから気になる点は本当にローマ人から見て、

日本人はみんな「平たい顔族」で

「奴隷の様」なのか。



日本人の顔はアジアの中でも

バラエティーに富んでますよ。

有隣堂発行の「1896ボンジュールかながわ」で、

著者のエミール・ギメ(フランス人)が

初来日の時の印象をこう記してます。

「しかし舟の甲板に現れるあの昔の幻影はなんだろう。

若いローマ人風の一団が堂々と前進してくる。

彼らは長いラテンの衣服をまとい、

ティトゥス風に髪を刈り、

その顔立ちはほっそりとして、上品で、けがれなく、

表情にはアジア風なものは何一つない。

私たちの方に来るのをみれば、

まさにブルートゥスの息子たちだ。」


これは極端な例だとしても、

「ローマ文化の長女」と称されるフランス人が

ここまで言うんですから。



奴隷ったって、古代ローマに

「平たい顔の奴隷」がいましたかね。

平たい顔族はモンゴロイドのことを

言ってるのだろうけど、

ローマ帝国の近くにモンゴル系民族は

ほとんど住んでいなかったと思います。

いたとしても史上最強の騎馬民族のモンゴル人を

奴隷にできるものだろうか。

白鵬や朝青龍を「奴隷」に ? ムリムリ。

逆の例はいっぱいあるけどね。

4MNG000H0001.jpeg



肝心の「画」もいまいちです。

描線が細く奥行きがないし、デッサン力もない。

主人公のルシウスが

「ベルセルク」のガッツ君に似てるんで、

代わりに三浦建太郎に作画をお願いしたいな。

それとも「ヒストリエ」を描いた岩明均に

ストーリーごとお任せするのもいいかもしれない。

ROM_001.jpeg

かなり辛辣になってしまいました。

もちろん着眼点は素晴らしいし、

一話ごとの凝ったエピソードは良く出来てます。

だから余計にもったいない気がします。



二巻が出るようなので、それも読んでみたい。

(結局気にいったのかよ)



追伸:この記事UPする前に第二巻読みました。

こっちの方が面白いじゃん。







↓読んだ人も、これから読む人もポチっとね。
にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

ボクの好きな先生

2010/09/28 Tue

中学の時に習った音楽の先生はふたり居ました。

女の先生は謹厳実直な堅物。まるで面白味がない。

男の先生は、話がまず面白い。

ビートルズの曲の解説や、

ベートーヴェンの第五交響曲を

カラヤン指揮/ベルリンフィル

カールベーム指揮/ウィーンフィル

で聴き比べさせる等、今思えば、

先進的な授業をなさってた。

GRP_0158.jpg

その先生は若いころ、酒場で

ジャズピアノを弾いてそうです。

そこへ進駐軍の黒人兵がやって来て、

代われと先生をどかして、

ピアノを弾き始めた。

それがなんとも軽快で、

いい音色だったそうな。

PA0_0566.jpg

普段はにこやかで、

温厚な先生だったが、

怒るとスゲー怖かったです。

そんな先生は癌で早くに亡くなられた。

お彼岸も過ぎ、そんなことを思い出しました。

由良海岸



教える・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
教える・・ブログトーナメント


↓恩師の思い出にポチっと
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村

黒澤映画のオマージュ

2010/09/25 Sat

前回の映画レビューに続いて、またまた時代劇です。

「13人の刺客」監督は三池崇史。

大げさでケレン味たっぷりな演出の

芸術映画クソくらえな監督さんです。

PA0_0548.jpg

極悪非道の藩主を討つべく13人の男が集まった、

と言った単純明快なストーリー。

豪華な出演陣がへとへとになるまで刀を振り回す、

そんな映画です。

PA0_0549.jpg

なーんも考えずに、

頭を空っぽにして観るのが良いでしょう。

できれば数人の野郎どもが集まって、

酒飲みながら観れば(映画館ではイケマセン)

大盛り上がりなこと間違い無し。

PA0_0559.jpg

男臭い三池作品の中でも

これは男のニオイがぷんぷんで、

あけすけなエロもあり、

やんごとない御婦人は観ない方が良いかと。



P.S. 稲垣メンバーの悪役ぶりは素でやってるかも。







↓うっぷんを晴らしたいあなたはポチっと
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

新日本紀行

2010/09/23 Thu

日本に作曲家は数多くいらっしゃいますが

映像関係に深く関わって来た巨匠ふたり。

ひとりは日本が誇るメロディーメーカー「久石譲」

もうひとりが今回ご紹介します、

冨田勲さまさまやー。

この人の名前を知ったのは、NHKニュースでの

米ビルボードでクラシックチャート2位の報道でした。

ドビュッシーの曲を当時珍しい

「ムーグ・シンセサイザー」でアレンジ。

家に同じくシンセサイザーを使ったアルバム

「スイッチト オン バッハ」

があったのですが、比べ物にならない。

圧倒的な音の数量、空間の響き。

その後も冨田氏はクラシック原曲の

シンセサイザー解釈みたいなアルバムを続けて

リリースしたのですが、

やっぱり「月の光」が一番だと思います。

シンセサイザー奏者としても世界的な人なんだけど、

忘れちゃなんないのは、テレビ番組のテーマ曲や

数々の名アニメソングの生みの親ってことを。

そこで、冨田翁が作曲した手塚アニメの名曲を

すこしばかり。



続いてこちら。



やっぱりサファイア王子は「ボク」じゃなきゃね。






↓なつかしアニメに乾杯なあなたはポチっと
にほんブログ村 音楽ブログ 好きな曲へ
にほんブログ村




不思議大好き

2010/09/20 Mon

世の中には、説明がつかないモンが存在します。

真面目な学者も面白がりの好事家も、

その謎を追い求めるのは、男のロマンだから?

まずは「オーパーツ」と呼ばれるシロモノ。

↓説明は下記で(メンドクサイひとは読み飛ばしてね)

「オーパーツは、考古学上その成立や製造法などが不明とされたり、当時の文明の加工技術や知見では製造が困難であるか、あるいは不可能と考えられる、主に出土品を指す用語である。ただし、正式な考古学用語ではなく、そういった出土品の存在を強調して考古学上の通説に疑義を唱える意図で主に使われる。」 
Wikipediaより抜粋


オーパーツの代表的な物がこれ。

0100108002_convert_20100920153206.jpeg

このブログのURLになってます。

水晶ドクロの説明は省くので、

興味のある方は自分でググってね。





そして、正体不明の生物の俗称「UMA」

「謎の未確認動物」を意味するUnidentified

Mysterious Animalの頭文字をとって UMA

これは和製英語で、英語圏ではCryptid.

ヒマラヤの雪男「イエティ」とか、

スコットランド地方の湖水に住むといわれる「ネッシー」

日本じゃ「ツチノコ」なんかがそう。

このような好奇心をそそる物体、生物がアナタの

近くにも存在するかもしれない。





実はですね、おいらが一昨年に某海岸で拾った

この石がそうかも知れない。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
IMGP0012_convert_20100920155647.jpg

11㎝ほどの白っぽい石に三つの穴が開いてます。


これが、穴の部分をクローズアップした写真。

IMGP0008_convert_20100920155828.jpg

三つの穴のうち、二つに何か入ってます。


もっと寄って見ましょう。

IMGP0009_convert_20100920160420.jpg

穴の奥に入ってるのは貝がらなんです。

変なのは、貝がらより穴の開口部が小さくて、

貝がらは取りだせない....。

この貝はどうやってこの穴に入ったんだよ。





知ってる人が見たら「な~んだ」と思うかもしれない。

おいらはなぜこうなるのか知らないので、

誰かわかる人は教えてほしいと思います。

仮説、想像でいいから、コメント送ってちょうだい。





↓謎の物体Xに興味ある方はポチっと

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村




プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア