氷のレリーフと朝もや

2018/02/19 Mon



も明けやらぬ早朝に

クルマを出そうと乗り込んだら、

IMG_1050z.jpg

フロントガラスが綺麗な模様に凍ってました。

IMG_1049z.jpg

まるでガラスのレリーフ細工のようですな。

110010251_o1.jpg

レリーフ氷を融かして車を出します。
しばらくして、夜が明けてきました。

IMG_1053q.jpg

山形自動車道の高架の向こうがもやってます。

IMG_1026q.jpg

もやり具合が美しい冬の朝でんな〜。

IMG_1045q.jpg

IMG_1036q.jpg

IMG_1039q.jpg

シャクシャクしたシャーベット状の雪。

IMG_1034q.jpg

キリッと冷え込んだ空の上には、

IMG_1040q.jpg

ほんのり月がのぞいています。

IMG_1046q.jpg

ようやく陽が昇ってきました。

IMG_1038q.jpg

まだまだ寒い日が続いてますが、
日差しの明るさに春を感じました。

IMG_1031q.jpg

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

frozen_car_art_winter_frost_02.jpg

あんな高級車やこんな高級車も、

frozen_car_art_winter_frost_10jpg.jpg

寒さにゃ勝てませんな〜


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



スポンサーサイト

凍る玉簾(氷論乙瀑)

2018/02/14 Wed


の冬、日本列島は強力な寒気団に襲われ、
色んなものが凍りつく事態となってます。

ウチでも台所の野菜が凍りましたし、
濡れたタオルや雑巾がカッチカチに。。

そんな厳寒期にしか見られない、
ひょうばくというものを見物してきました。

pinkpnt.gif
えっと、ヒョウバク(豹縛)じゃなくて、
凍った滝=氷瀑ね。


現地はかなり雪積もってます。

IMG_7790a.jpg

駐車場降りてしばらく歩きます。

IMG_7792a.jpg

風が無いのに、体感温度めっちゃ低いよ。

IMG_7712a.jpg

目指す玉簾の滝が見えてきました。

IMG_7715a.jpg

みなさん本格的な撮影機材を持ち込んで、パチパチやってます。

IMG_7716a.jpg

幻想的な風景に、しばし心奪われました。

IMG_7746a.jpg

神秘的な極寒の造形の妙とでも云えましょうか。

IMG_7750a.jpg

モンスターが牙を剥いたかの様な滝の落下口。

IMG_7749a.jpg

IMG_7740a.jpg

いや〜秘境探検っぽい気分になるね。

IMG_7761a.jpg

IMG_7762a.jpg

あれ〜はなんのき、きになるき♪
こおったきになったきですから♪

IMG_7770a.jpg

IMG_7763a.jpg

IMG_7768a.jpg


小1時間ほど滞在して、
すっかり体の芯まで冷えてしまいました。

IMG_7782a.jpg

おしまい。


FROZEN TAMASUDARE FALL


※動画は高画質(1080pix)でご覧いただけます。


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


やっぱ降ったか

2018/01/22 Mon


京も結構な雪ですなあ。(鼻ホジ)

スクリーンショット 2018-01-22 19.26.38

図らずも数日前にした、ヒポポンさんへの
コメントの返事が当たったことになります。

スクリーンショット 2018-01-22 19.36.22

正直に言うと、おいらに「ザマ〜ミロ」
という気持ちが無きにしもあらず…でやんす。

スクリーンショット 2018-01-22 19.24.30

雪国の苦労を思い知れ!
ってな感じで、雪雲を応援したくなっちゃうな〜
「フレーフレーもっと降れー」ってね。

スクリーンショット 2018-01-22 19.23.18

でもね、そういう考え方をすると
必ずしっぺ返しを喰らうことに。。。

実は、関東地方で大雪の場合
こっちは比較的平穏なんだけど、そのあと
高い確率でドカ雪の時間差攻撃になるの。(-_-;)

kako-TT2wqJCbs57il79S.png

ってのは、こういうことを言うんでしょうかねえ。
くわばらくわばら…

おしまい。


ス ノ ー マ ン と 空 中 散 歩 し よ う




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



雪国の生活いまむかし

2018/01/13 Sat


こ数年、雪が少なかった事もあり、
久しぶりの大雪に苦戦しとります。

昔だったら、普通の積雪量なんですが…

そういえば昔と今で、降雪期の
暮らし方も、ずいぶん変わりました。

そんな時代の変化を思い出してみます。

昔は除雪が今ほど行き渡らなく
車の轍(わだち)が道に深く刻まれていて、

0273A38167.jpg

タイヤを溝に添わせて鉄道のように走行してました。

photo0000-0641.jpg

もちろん車のチェーン装着は必須でした。
それも昔は鉄製のしかなかったと記憶しとります。

taichen.jpg

70年代中頃からはスパイクタイヤが主流になり
ましたが、路面の損傷がはげしく粉塵公害が深刻化。
現在はスタッドレスタイヤに代わってます。

HR8A7001.jpg

おいらが小学生の時は、豪雪で車が通れず、給食を
馬橇(ばそり)で運んできたことがありました。
その頃はまだ農耕馬が結構いたんですわ。

basori.jpg

小学校低学年の頃、教室の
暖房器具は、ダルマ型の石炭ストーブでした。

darumst.jpg

石炭小屋から石炭をバケツに入れて運ぶのが
当番制になってて、1年坊主には重くて結構きつかった。
今だと児童虐待とか言われそうです。

carl.jpg

sekitan.jpg

しかも、のちに普及した石油ストーブと比べると、
あんまり暖かくなかった気がするんですわ…(^_^;)

darumastb.jpg

そうそう給食の牛乳は、四角いブリキの器に
お湯を張ってストーブに載せて温めてたもんです。

雪の量が今より多く
除雪もままならなかったので、
町中をミニスキーはいて移動してました。

aa.jpg

とりわけ雪の多い年は
二階の高さまで積もり、
一階の屋根からスキーで滑り降りる
なんてことしてましたよ

ynsk.gif

寒さも今より厳しかったんで、
水道凍結は当たり前でしたね。

blog_img16.jpg

おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

kikkobind.gif

冬のタイヤと お仕置きに 亀甲縛り!


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




雪の羽黒山

2018/01/01 Mon


明けましておめでとうございます。

お正月にふさわしいかと思いまして、

去年撮った雪の羽黒山の画像をUPしました。

どうぞ御覧ください。(^^)v

IMG_7682a.jpg

随神門をくぐると、そこはミシュラン3つ星の御神域。

IMG_7562a.jpg

時折り立ち木から雪が落ちる森の中、
どこぞのカップルが先をたどたどしく歩いてます。

IMG_7565a.jpg

IMG_7572a.jpg

見るからに雪に慣れてない様子で、
危なっかしい。

IMG_7568a.jpg

IMG_7575a.jpg

最初の坂を下り終わる所が神橋。

IMG_7579a.jpg

橋から須賀の滝が見えます。

IMG_7583a.jpg

IMG_7582a.jpg

静寂の中、滝の水音だけが響きます。

IMG_7584a.jpg

IMG_7578a.jpg

雪の中にスックと立つ国宝五重塔。

IMG_7635a.jpg

IMG_7590a.jpg

IMG_7589a.jpg

IMG_7619a.jpg

IMG_7648a.jpg

雪に残る何かの獣とおいらの足跡。

IMG_7596a.jpg

IMG_7663a.jpg

IMG_7668a.jpg

IMG_7672a.jpg

IMG_7676a.jpg

帰りぎわ、
路面が照り返しで眩しかったです。

IMG_7689a.jpg

おしまい。


出羽三山神拝詞 諸々の罪穢祓い禊て清々し




名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング





プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア