コスタ・ネオ・ロマンチカ

2017/08/04 Fri


月2日、イタリア船籍のクルーズシップ

コスタ・ネオ・ロマンチカ号が酒田港にやって来ました。

IMG_5734_2.jpg

鶴岡雅義と東京......ではありませんぞ。

IMG_5735_2.jpg

4月に寄港した飛鳥Ⅱとほぼ同じ大きさ。

IMG_5746_2.jpg

飛鳥よりいくらか垢抜けて見えるのは、
イタリアデザインの造形力かもね。

IMG_5742_2.jpg

IMG_5745_2.jpg

親子連れみたいだけど、お母さんの方がノリノリ。

IMG_5740_2.jpg

やっぱ、デッカイわ〜

IMG_5752_2.jpg

IMG_5763_2.jpg

白いつなぎのツルハゲおじさんは、船員だろうか。

IMG_5753_2.jpg

IMG_5754_2.jpg

ドーム状のはレーダー?
間違ってたら、どーむすいません。

IMG_5755_2.jpg

歓迎式が終わって、酒田舞妓さんたちが帰るところ。

IMG_5736_2.jpg

かなり距離おいても全体像を捉えきれない。
これでも18mmの広角なんだけどな〜(^_^;)

IMG_5757_2.jpg

オプショナルツアー用の観光バスが待機してます。

IMG_5759_2.jpg

イタリア人の観光客かな?

IMG_5762_2.jpg


後半へつづく。



半からのつづき。

大変だ!牢獄から誰かが助けを求めてるよ…

IMG_5765_2.jpg

…ってな事あるワケなく、何かの補給中なのでした。

IMG_5766_2_2.jpg

IMG_5766_2.jpg

イザとなったら、これに乗って脱出〜

IMG_5768_2.jpg

ここが船尾になります。

IMG_5770_2.jpg

自転車で来てる人もいたよ〜

fc2blog_20170803095815aa3.gif

船体ぜんぶ把握できたと思ったら、
港湾に積まれた鉄くずがじゃまだわ。

IMG_5777_2.jpg

港の反対側に移動して、やっと全体が撮影できました。

IMG_5778_2.jpg

次の寄港地は青森だそうです。行ってらっしゃ〜い。(^^)ノシ

IMG_5782_2.jpg

さて、コスタネオロマンチカの運用会社コスタクルーズ。
実は、数年前に転覆事故やらかしてます。

540px-Collision_of_Costa_Concordia_5_crop.jpg

船長が客を置いて先に逃げたとかで問題になりました。

コスタ・コンコルディアの座礁事故
https://ja.wikipedia.org/wiki/

その船長は、有罪判決で禁錮刑に服してるそうです。

そういや、隣のK国の事故でも、サッサと逃げた船長がいたな〜

それって、半島の国の伝統なのかしら。。

map_cos_ro_170801.gif

おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

tenpukutrio.jpg

jdTVZgqnooJMABx_U2n7P_55.jpeg

どっちも船旅にはタブー。(^_^;)



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ドームはプラネタリウムかも?
違うか。だって、航海中は、きっと満点の星空見れるもんね。
避難用の船見ると、どうしても
タイタニックをやっぱり思い出しちゃうね〜
あの最後に笛吹いてたシーン覚えていますか?
この前買ったライフジャケットね、中に笛が内蔵されてた。
あー、これは、またケジボンさん、怒られるね。
ブログ村ポチッとな♪


ロマンチック街道 海で行き止まり?

いやぁ~面白いね・・
船体構造を色々考えちゃいます。
白い服の人が居る所は、多分ロイヤルスイート。
アラブ辺りの大富豪かもねぇ~・・

スクリュウー二つ付いてる救命艇は、離島などに、
上陸する為の連絡船兼用でしょ・・

それにしても救命艇が少ない・・
船体に点いてるミシン目が開いて出るのかなぁ~、

酒田市鶴岡市、武士文化が生きて居るから、
サムライ好きには、好い処だと思います。
イタリアンって結構日本に好印象持っていますよ。

ただ・・日本人は観光客に話しかけないので、
淋しいと思います。
話しかけると、ベラベラしゃべりますけれど、
解んな~い!が8割・だけどお互い笑顔になれます

おもてなしって歓迎セレモニーだけじゃないでしょ。
現地でふれあいが出来たって、思い出も好いと、
思うのですが、頑張れサムライってエールを、
贈ります。  

毛が3本有ったら、ハゲじゃ無い!
 ・・・・by オバQ外伝・・・


No title

これよ!あたしのネタにもあった豪華客船!

その時は、ラーメン一杯で、エスコート、お願いねっ!

れおんさんへ

> ドームはプラネタリウムかも?
> 違うか。だって、航海中は、きっと満点の星空見れるもんね。

 たしかにね〜
 プラネタリウムの可能性は低そう。


> 避難用の船見ると、どうしても
> タイタニックをやっぱり思い出しちゃうね〜
> あの最後に笛吹いてたシーン覚えていますか?

 おいらは、でかぷり夫のタイタニック見てないんだわ。
 それより古いモノクロのタイタニック映画は見たけど。
 タイタニックとかけて、豚の角煮ととく。
 そのこころは…「炊いた肉」でおます。(^^)v


> この前買ったライフジャケットね、中に笛が内蔵されてた。
> あー、これは、またケジボンさん、怒られるね。
> ブログ村ポチッとな♪

 え、どこか怒るとこあったっけ?
 そのライフジャケット、笛吹いたら、
 マグマ大使が助けに来るかな~
 https://youtu.be/Nn4wRdJDb6U
 ポチありがとうございます。(^^)

ブッキ〜ナさんへ

> いやぁ~面白いね・・
> 船体構造を色々考えちゃいます。
> 白い服の人が居る所は、多分ロイヤルスイート。
> アラブ辺りの大富豪かもねぇ~・・

 丸窓は貧民部屋?
 すんごく階級差が激しい客船だと思いました。


> スクリュウー二つ付いてる救命艇は、離島などに、
> 上陸する為の連絡船兼用でしょ・・
>
> それにしても救命艇が少ない・・
> 船体に点いてるミシン目が開いて出るのかなぁ~、

 さすが、乗り物好き?なブッキちゃん、詳しいね。


> 酒田市鶴岡市、武士文化が生きて居るから、
> サムライ好きには、好い処だと思います。
> イタリアンって結構日本に好印象持っていますよ。

 酒田は商人の町を自負してますよ。


> ただ・・日本人は観光客に話しかけないので、
> 淋しいと思います。
> 話しかけると、ベラベラしゃべりますけれど、
> 解んな~い!が8割・だけどお互い笑顔になれます
>
> おもてなしって歓迎セレモニーだけじゃないでしょ。
> 現地でふれあいが出来たって、思い出も好いと、
> 思うのですが、頑張れサムライってエールを、
> 贈ります。  

 鶴岡に比べたら、酒田は開放的で
 外国人にも気軽に声かけてるんじゃないかなあ。
 昔からロシア船員が多くて慣れてたし。
 酒田市民の大歓迎ぶりに、
 乗客の方々も感激してたらしいよ。
 イベント好きなんだよ、酒田衆は。

> 毛が3本有ったら、ハゲじゃ無い!
>  ・・・・by オバQ外伝・・・

 ってことは、オバQはセーフで波平はアウトかぁ。(^_^;)

朋子さんへ

朋ちゃんが乗る船は、
コスタ・ネオロマンチカ号じゃなくて
コスッタネ・オロマンチンコ号だよ。
名物料理は、トロミがある白濁スープの
ザーメンラーメンだってさ。
ちょっとその船には同伴できんな〜(^_^;)

No title

違うぅ〜
カレイの女神に怒られるってことぉ〜

れおんさんへ

> 違うぅ〜
> カレイの女神に怒られるってことぉ〜

 左ヒラメに右カレイ…合ってる。
 さすがアングラーですな〜(^^)
 怒るんじゃなくて怒られるなのね。
 ブッキ女神さまはイジられると喜びます。
 現にコメント授けてくれたでしょ。(^_^;)

No title

結構 喫水があがって揺れそうなんだけど
この手の船には ビリヤードがあるのよ。
つまり動かない、、すごいんですよ~
金の蛇口とかあるんですよ~

hippoponさんへ

汽船で旅行をしていた時代は、
上流階級のオトナの社交場だったんでしょうね。

葉巻を燻らせながら、ポーカーに興じる光景が思い浮かびます。

横浜のホテルニューグランドなんかも
そういう雰囲気ありますよね。


No title

ニューグランドの昔のロビー大好き
昔のメインダイニングも
今はイタリアンなのよ。
あのソースは辛うじて軽食でいただけますよ。

国立博物館の階段も似てるので、ほっとするの。
横浜には横浜家具置いてあって
重いけど。
ケジボンさんもよくご存じなんですね。
あそこの今はない一階のおトイレは
女学校の今は文化財になってる建物のとにてて、、
全て新しくすればいいというのでないしね。

hippoponさんへ

東横沿線に住んでいた頃は、
暇さえあれば、横浜の街を歩いて廻ってたんですよ。

特に関内地区は、ただ散歩するだけでも楽しかったなあ。
そんな散歩の途中で、度々ホテルニューグランドの
トイレを借りてました。便座が木製だった記憶が。

上野の国立博物館の
玄関ホールから階段に続く部分は、
たしかにニューグランドと似てますね。
詳しいことは分かりませんが、20世紀初頭に
流行った、アールデコ様式なのかもしれません。

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア