ゴジラ展と本多猪四郎

2016/07/26 Tue


田宏司の銅版画展を観た同じ日に、

鶴岡アートフォーラムで「ゴジラ展」を観てきました。

godzilla_slide.png
godzilla_relevanceevent_slide.png

エヴァンゲリオンの庵野秀明が手がける
話題の映画「シン・ゴジラ」の公開も、もうすぐですね。

shingodzila.jpg
http://shin-godzilla.jp/

IMG_7281.jpg

IMG_7285.jpg

ゴジラクリエイターたちの作品が大集合したこの展覧会、
グッズ販売のコーナーもありました。

基本的に展示物は撮影禁止ですが、ここだけOKなんでパチリ。

IMG_7279.jpg

IMG_7278.jpg

さて、ポスターなどの告知には、
「郷土ゆかりの企画・特別展覧会」と銘打ってあります。
それは、この方が初代ゴジラの監督で生みの親だからです。

1043364.jpg
※本多猪四郎(ほんだ いしろう)1911−1993

本多猪四郎は山形県東田川郡朝日村(現・鶴岡市)で生まれました。
湯殿山のふもと七五三掛(しめかけ)にある、お寺の家です。

この辺りは七五三掛桜や即身仏の注連寺で有名。
shimekakecherry.gif
4428713_624.jpg

そんな霊験あらたかな場所で生まれ育った彼は、
のちにあの円谷英二とタッグを組んで、
ゴジラを始めとする数々の怪獣・SF映画を撮る監督になります。

tumblr_nj9n2gmjpx1u8qr43o1_1280.jpg
※本多(左)と円谷。まさしく特撮映画最強のコンビ。

黒澤明とは同世代(黒澤がひとつ上)で、
互いに「クロさん」「イノさん」と呼び合う親友でした。

kuroino.jpg

晩年の本多は、黒澤映画の演出に手腕を発揮してたようです。

inokuro.jpg

本多は日本より海外で評判が高く、
こんなエピソードが残っています。

黒澤明の「夢」に出演したマーティン・スコセッシ監督は、
本多監督に「子供のころ見た『ゴジラ』の監督に会えて幸せです」
と言ったという。ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグ、
ティム・バートンらも本多ファン。ギレルモ・デル・トロ監督は
米映画「パシフィック・リム」のエンドクレジットに
「この映画をモンスターマスターのレイ・ハリーハウゼンと
イシロー・ホンダにささげる」との言葉を入れている。

このように、本多は世界の映画人に影響を与えてたんですね。

他にも数々の逸話があるのですが、
それは下の続きを読むをクリックして御覧ください。

そういうことで、ゴジラを見に行った結果、
本多猪四郎監督を知る展覧会になったのでした。

ishiro_honda.jpg


おしまい。


ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

11312151_921822227908967_797092401_n.jpg

ミニラはオッサン顔。(モデルはチビ太)



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



続きを読む

スポンサーサイト

ふわふわ毛玉

2016/07/23 Sat


道博物館(鶴岡市)で開催中の、

"生田宏司銅版画展"を観てきました。

スクリーンショット(2016-07-19 15.42.52)

作品は、銅版画の一種メゾチントという技法で制作されてます。

おいら知らなかったんだけど、
ものすごく細かい表現ができる技法なんだね。

14924126691_55962e21a4_z.jpg

生田氏の主なモチーフ(画題)は猫と梟。

展示物は撮影禁止なので、ネットで画像を拾ってきました。

10Anniversary・Ⅱ-1

11巣立ち

2013_10_asobitsukarete.jpg

2013_11_ifuu.jpg

2012_12_nekotonekoatamataka.jpg

20130228ikutakoujisan01.jpg

2012_13_alice.jpg

どうでしょう。
猫の和毛(にこげ)、梟の羽毛の
ふわふわした感じが出てると思いませんか?

実際の作品は、もっと細かい描写なんです。

猫や梟に比べれば
数は少ないのですが、
他の動物もモチーフにしてます。

2011_10_tsukiyonobanni.jpg

20130228ikutakoujisan02.jpg

どれも毛の一本一本が丹念に描き込まれてます。

正直言ってペンや筆では、ここまでの
繊細なタッチは表現できない気がします。

jankoramu7.jpg
※梟を腕に止まらせてる生田宏司氏。

生田氏の作品は、米国スミソニアン博物館を始め、
世界中の美術館に収集されてるもよう。

フランスでは毎年のように個展が開かれてて、
結構人気なんだそうです。

redgrassmadam.jpg

赤いメガネのおばちゃんいわく、
「ニースで数年前に展示会で出会った
 Koji Ikutaという日本人が素晴らしかったわ。」
とのこと。


郷土出身でこんな人がいたんだな〜って、
ちょっと驚きました。


おしまい。



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

qlxZSpYsoVAQEAOw==-1.gif

 ふ わ ふ わ 毛 玉 〜



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ラーメンヲタクの”おこだわり”とは?

2016/07/21 Thu


形県のラーメン王者龍上海の鶴岡支店。

見ると、店の前に仙台ナンバーの車が停まってる。

仙台からだったら、赤湯本店の方が近いんだけどなぁ。

IMG_7202.jpg

まあ、それはさておき。

IMG_7192.jpg

この日は、おいらがシャッター長を決めました。

IMG_7193.jpg

シャッター長とはラーメンフリーク(ラヲタ)用語で、
開店前のドアの一番前に立つことを意味するんだそうです。
(別名PP=ポールポジション)

庄内の超有名店の琴平荘社長 掛神氏も、
シャッター長にこだわる超がつくラヲタ。
pho01_2.png
社長のブログを読むと、いかに彼が
シャッター長"命"なのかが伺えます。

シャッター長失敗orz
http://konpirasou.sanze.jp/2014/06/25/orz/
辛うじてシャッター長
http://konpirasou.sanze.jp/2016/07/17/^q^
リベンジシャッター長
http://konpirasou.sanze.jp/2016/07/19/(・・;)

さて、ラヲタと呼ばれる方々は、なぜ
シャッター長に"おこだわり"になるんでしょうか?

31ddd9cc7090c8c4f2614632d5f0810ebf285c7b.jpeg

ラヲタと名乗るには気恥ずかしい程度に
ラーメン好きなおいらが、その心理を考察してみました。

①なんぴとたりとも前に行かせない
という気合で一番乗りする優越感。

screen480x480.jpg
※レンホーさん、2番じゃダメなんですよ。

②一番釜でのラーメンが確実に食べられる。
091337290000d0000000.jpg
※麺を茹でてる内に釜の湯は濁ってしまうけど、
一番釜ならマッサラなお湯で茹でられてるもんね。


③店主に対して「ヘタなモン出したら承知しないぞ」
って、無言の圧力(脅迫?)をかける権利が与えられる。

kakegod.png
③みたく掛◯氏が店の前に立ってたら、そこの店主にとって、
大魔神映画上映館の一番前に大魔神が、ゴジラ映画上映館の
前にゴジラが入館を待ってるような事態かもしれません。(^_^;)

daimajin_ikaru_516_20080201.jpg 1ae34580-s.jpg

あと、理由を考えるとすれば、

「ラーメン屋ごときで並ぶなんて信じられない」とか言って、
 ラヲタを揶揄する輩に反論できるってとこでしょうか。
「並んでるのは後ろの連中で、自分はただ
 開店を待ってるだけ。」
と言えるもんね。

ってな事をつらつら想ってる内に開店時刻です。

IMG_7195.jpg

シャッター長キメたので、チャーシュー麺を奮発。

IMG_7197.jpg

チャーシューをプラスしただけで結構な値段するんだわ。

IMG_7201.jpg

おしまい。(ごちそうさま)



ク ス っ て 笑 え る グ ラ フ ィ テ ィ ー

20121230211604cc3.jpg

蕎麦もこだわる人が多いよね。


名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 その他趣味ブログ その他珍しい趣味へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア