fc2ブログ

お瀧巡り

2024/01/12 Fri


味〜な山形県のNo.1の内のひとつが、

滝の数(落差5m以上)で、その数230だそうです。

県民でも知らない人が多く、かく言う自分も

最近まで知りませんでした。(^_^;)

中でも、遊佐町(ゆざまち)は、鳥海山の豊富な

湧き水により、様々なタイプの滝が見られます。

スクリーンショット 2024-01-11 5.28.11

新型コロナウィルスの猛威がまだ盛んだった3年前の春、
新鮮な空気を吸いたいと思い、遊佐の滝見物に出かけました。

鳥居をくぐって進むみたいなんだけど、
遊歩道への案内板が倒れていて、
この先への不安感が募ります。

IMG_0072.jpeg

眼下に雪解け水の流れが望めます。

IMG_0077.jpeg

冬の間に遊歩道が荒れ、倒木などもあり、
二の滝まで行くのを断念しました。

IMG_0078.jpeg

引き返す途中に見えた、庄内平野と日本海。

IMG_0082.jpeg

代わりに、名水で名高い、
胴腹滝というのに行ってみます。

IMG_0088.jpeg

は〜るのおがわはさらさらいくよ〜♪
濁りの全く無い清流です。

IMG_0089.jpeg

日本の滝の多くが神道と関わりがあり、
神社や祠があるのが当たり前になっています。

IMG_0093.jpeg

IMG_0096.jpg

ちょっと画像では分かりにくいのですが、祠を境に
左右2本の滝が流れていて、水質が異なるんだそうです。

IMG_0098.jpg

庄内の料理人には、ここの水を汲みに来て、
その異なる水質を使い分けている方もいます。

IMG_0101.jpeg

IMG_0107.jpeg

ひっそりとして、神秘的な雰囲気の場所でした。

IMG_0109.jpeg

IMG_0110.jpeg

IMG_0111.jpeg

IMG_0112.jpeg

遊佐から酒田へ移動します。
ヨットハーバーの向こうには鳥海山。

IMG_0122.jpeg

さて、とりあえず今年は辰年なので
さんずいに龍のお瀧巡り再開しようかな。

ubu-2701-12x.jpg

おしまい。


善寳寺は、龍神様を祀る曹洞宗の名刹です。








名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


続きを読む

スポンサーサイト



初詣は教会へ

2024/01/05 Fri


旦日の出の時刻、こちらの地方は曇天につき、

テレビで初日の出を拝むことに相成りました。

スクリーンショット 2024-01-01 6.56.49

午前中、雑煮とおせちを頂いてるウチに
段々と晴れてきたので、出かける気分が昂ぶります。

で、行ってきました初詣に。

IMG_2064hmd.jpg

まずは、お山王はんこと日枝神社へ。

IMG_2065.jpeg

この神社に面した通りが山王商店街。
昔は荒町と呼んでいて、レトロな雰囲気の町並みです。

IMG_2069.jpeg

参拝を終えて、神社側から鳥居を見たところ。
向かいに3階建ての洋館が立っています。

IMG_2071.jpeg

寛明堂写真館、明治6年創業ですから
もう150年も営業していることになります。

IMGkanmeidou.jpg

IMG_2062.jpeg

次に向かったのは、鶴岡公園内にある
荘内神社。荘内大祭はここを中心にして催されます。

IMG_2078.jpg

ここは元日に庄内イチの動員を誇る神社。
参拝客の行列の長さに気持ちが萎え、
諦めて別の場所に向かいます。

IMG_2074.jpeg

武家屋敷門越しに赤い尖塔が見えます。
場所は荘内神社からすぐのところ。

IMG_2085.jpeg

和と洋の出会い、不思議と違和感なく調和してます。

IMG_2088.jpeg

鶴岡カトリック教会天主堂。
大寶館とならぶ、鶴岡のランドマークです。

IMG_2094.jpeg

IMG_2092.jpeg

IMG_2080.jpeg

この教会の前の通りの突き当りが
荘内神社の入り口になります。
神社と教会が同じ通りの近所に建ってるのって、
何んだか面白いと思いませんか?

では中に、入ってみましょう。
(神への扉は常に開いています)

USEtc249.jpeg

IMG_2095.jpeg

IMG_2096.jpeg

小さな教会なのですが、全然狭さは感じません。
瀟洒で荘厳な雰囲気が漂っています。

IMG_2098.jpeg

奥に祭壇があり、てっぺんに
キリストの像が立っています。
「神様、仏様、イエス様、私の罪をお許しください」

IMG_2100.jpeg

尖塔側の2階部分には、
ささやかなパイプオルガンが設置されてます。

IMG_2101.jpeg

パイプオルガンのある2階に上がるには、
左の螺旋階段を使います。右はキリスト教関係の蔵書。

IMG_2106.jpeg

カトリック教会(もしくは正教会)に特有の懺悔の部屋。
正式には告解室というそうです。

IMG_2108.jpeg

礼拝(初詣)を終えて外に出ます。
ちいさな祠?にマリア様の像が安置されています。
その向こうがマリア幼稚園という、教会付属の幼稚園。

IMG_2109 (1)

IMG_2113.jpeg

何を隠そう、自分もココの卒業生というか、卒園児です。
もう50年以上も前のことですが。

IMG_2119.jpeg

少し前まで司祭館があった場所ですが、
建て替えられたようです。かなりボロっちかったもんなあ。

IMG_2111sisaik.jpg

屋根付き回廊が洋風っぽくて
オシャレな感じします。雪の日も安心。

IMG_2117.jpeg

IMG_2114.jpeg

ここの園児たちは、天主堂を「神さまのおうち」と
呼んでいます。なんかいいよね。

今は送迎バスがあるんだな。おいらの頃は
そんなの無くて、庄内交通のバスで通ってました。
肩掛けカバンにいつもバスの回数券が入ってたなあ。

IMG_2121.jpeg

教会を出てすぐのところにある赤い三雪橋。
渡ると荘内銀行本店がデンと鎮座ましまする。

IMG_2125.jpeg

山王商店街に戻ってきました。
大泉橋(メガネ橋)のたもとにある洋品店。
昭和初期に建てられた洋風建築です。

IMG_2127.jpeg

普段は車で移動するのですが、
お屠蘇入った身体で運転できません。
なので、生まれ育った鶴岡の街を
久しぶりに歩いて巡りました。
趣があって、なかなかいい雰囲気
の街だと見直しましたよ。

おしまい。


人に歴史あり、街にも歴史あり、ですね。



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

続きを読む

私的防寒対策

2023/12/29 Fri


末年始は寒さも緩み、暖かくなるそうですが、先週は

突然やって来た寒波に、体の芯まで凍える思いをしました。

IMG_7716a.jpg

暖房器具をフル運転させて部屋を温めたいとこですが、

昨今の光熱費高騰で、それもままならず。

そこで、少なからず極寒をやり過ごすために

色々工夫してみたので、紹介いたしましょう。

0f8f78f410e778e530e5fa81414681e4.jpg

暖房機の温度設定は、14〜16℃にしてあります。

それくらいでも、コタツに入ればなんとか過ごせます。

ただ、手は悴(かじか)んでくるので、指切り手袋を

装着しています。そう、「寺内貫太郎一家」で

樹木希林が手にはめてたヤツですね。

o1200080214898931463.jpg

スクリーンショット 2023-12-26 10.35.19

普通にどこでも売ってるのですが、自分は

軍手の指先部分をハサミでちょん切って使用してます。

次に重宝するのが、ネックウォーマー。

スクリーンショット 2023-12-26 15.54.51

薄手のものは室内着としても違和感ないし、

後ろを引っ張り上げて、頭にかぶると、

ほっかむり風にもなります。

これだと頭も耳もあったかい。

imahokkamuriges.jpg

それでも極寒期の野外では物足りないなら、

銀行強盗御一同様御用達の

ニット製フェイスマスクはいかが?

写真(2019-03-31 15.36) #2

これはメッチャ暖かいです。

これにフード付き厚手の外套があれば、

かなりの防寒対策になります。

あとですね、セパレートタイプの衣服よりも、

ワンピースタイプのツナギみたいな服の方が

保温性が高いようです。着ぐるみなんて、

いかにも暖かそうじゃないですか。

item_413_01.jpg

そして、究極の防寒服として

考えられるのはコレでしょうな。

KG056_image.jpg

宇宙空間はマイナス270℃にもなる、過酷な世界。

コレさえ着れば、どんな寒さもへっちゃら。

でも、問題があります。無重力空間では重さは

感じないけど、宇宙服って120kgもあるんだって!

地上で着て歩くのは、無理じゃ〜〜

_112523881_257652main_as11-40-5903_full.jpg

ま、うちうふくの話は冗談として、

一般に、スポーツウエアや

アウトドア製品の防寒性能は優秀です。

前にココで紹介したスキー・スノボーウエアとか、

「スキーウエアのすすめ」
http://thecrystalskull.blog135.fc2.com

就寝時の防寒対策なら、シェラフ(寝袋)がおすすめ。

先ほどのワンピース理論?と同じく、内部の温熱が

逃げにくい構造になってます。

65fcaf18-d48f-45b4-bd30-ca18108f8049_1000x1000.jpg

寝袋には様々なタイプがあるのですが、

一番防寒性能が高そうなのは、マミー型と呼ば

れる、顔だけ出して他はすっぽり包まれるタイプ。

スクリーンショット 2023-12-27 10.37.53

マミー(Mummy)はミイラのことですね。

万が一、この寝袋にくるまったまま凍死しても、

そのまま棺に収めるのに、都合が良さそう?

mimiira.jpg

でもでも、

こんな不吉な寝袋はヤダ〜って思う方は、

沢山いらっしゃるだろうと、想像に難くありません。

そんな御仁のために、ありましたよ、こんなのが。

01nbukuroejpg.jpg

寝袋にくるまったまま、歩き回れる!

ってか、もうこれは寝袋じゃない気がする。。。

スクリーンショット 2023-12-27 10.37.01


おしまい。


暴 漢 対 策 は 大 事 だ よ 〜

downloadboukan.gif



名称未設定
くわしくはこちらまで→http://arctos2.blog133.fc2.com/

ブログランキングに参加中
ポチっとクリックしてね〜☺



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

プロフィール

ケジボン

Author:ケジボン
アメブロへようこそ ! (誤)

リンクはフリーです。
それどころか、
お願いです、貼ってください。(笑)

拡大・縮小 ボタン
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
自動WEBサイト翻訳(多言語)
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
フリーエリア